格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
Silence 遠藤周作 沈黙 外海町 サイレンス 国王 秋葉原 玉の輿 手相 サルマン スポーツ ジェット噴射 海上 消火活動 消防士 胴体着陸 事故 火災 プロ野球 マラドーナ ハンカチ王子 ポルシェ カップヌードル トムヤングン 湖池屋 ポテトチップス 日清食品 マクラーレン オブジェ ハマド国際空港 特別機 グルシャン 外交地区 ダッカ 日本政府 ヤフー 自動車税 カタール航空 プロポーズ ブルジュ・アル・アラブ ダイバー デザート お菓子 火星 三菱重工 ロケット 火星探査 PointsHound IKEA 家具 バーレーン Kingdom Sheikhdom パームジュメイラ シーア派 スンニ派 お葬式 タワーパーキング 警告音 ASUS スマートウォッチ タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター 松尾警察犬訓練所 警察犬 チワワ ペット 訓練士 Lollipop バンド 解禁 GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 花見 ゴミ ノートブック スイス スポーツカー コックピット バーガー チャリティ リー・クワンユー 家政婦 移民 メイド 徴兵 SIMORE ビジネスマン 日本代表 混血 ミスユニバース 新婚 ボリウッド AIDS フレディ・マーキュリー QUEEN ペルシャ ANA 月給 糖分制限 カロリー コンドミニアム 高層マンション マリーナ 不動産価格 新興国 ISIS イラク 国境 万里の長城 Mashallah ステッカー アル・ジャジーラ 誕生日 私書箱 住所 AMAZON ブレスケア 電化製品 LG 文具 ぺんてる 直行便 他人名義 身元確認 トレーダー 投資銀行 役員 CEO 結晶 アザーン 女性専用 イスラム国 イスラム法 ドライアイス ジップロック 駐在員 注意喚起 有志連合 空爆 日本路線 ヴァージンアトランティック 撤退 渡航中止 身代金 援助金 カレンダー シルバーウィーク 夏時間 海外旅行傷害保険 ジャーナリスト 拉致 外務副大臣 アナウンス 拍手 フィフィ 誘拐保険 誘拐 危機管理 SNS 異国情緒 ランタンフェスティバル 花王 北海道 出前一丁 コスモス Biore ビオレ Kao ビタミンC Redoxon シェイクダム バハレーン 王国 スデイリセブン メッカ OLYMPUS 錦織圭 表紙 TIME 新聞社 暴力 風刺画 石油 富裕層 免除 天然ガス エアアジア SIM2枚 DUAL 社会進出 整備士 タクシー スカーフ オリエンタル 親日家 ランドセル ケーキ カレー ナショナルサービス がんばらんば AU インフラ 国体 アート 大学教授 ハロー注意報 非常口 フィリピン航空 成田空港 高速道路 水害 Eid キッザニア Maryam 首長家族 Sheikha ウクライナ マレーシア航空 スーパーカー 警察車両 ラクダ ドバイ警察 慈悲 女装 物乞い スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 結核 乗客 車高 LFA 坂道 車幅 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 色鉛筆 新幹線 ドバイ湾岸地方 オロナミンC ポカリスエット 大塚製薬 スティーブ・ジョブズ CNN 捕虜 テロリスト FIFA 人口雲 タリバン コスプレ USBケーブル ブラジル キャプテン ワールドカップ 中国語 NFC おさいふケータイ OCTOPUS リンガー亭 指輪 握手 都市伝説 フリーメイソン 秘密結社 グラバー園 昇級テスト 和菓子 白餡 スーパーマーケット 果物 イタリア語 Ghibli 外出禁止令 セーフティカード 民族衣装 おくれ毛 ヘアスタイル 就職活動 髪の毛もどし 金髪 生協 茶髪 飲食業 小保方晴子 事件 無罪 眉毛 人材 裁判 警視庁 表情 サイバー事件 片山祐輔 キャンセル 夜間外出禁止令 ヨーグルト 首相 OTOP 一村一品 香港航空 スカイマーク ドラえもん ロシア人 世界の中心 西太后 川島芳子 あいしんかくら・けんき 高円宮家 愛新覚羅顕琦 マタ・ハリ 婚約 気温 かき氷 株主総会 社長 スカート丈 判断ミス 責任 ミニスカート MCC 水上モーターボート 結婚式 プロモーション Prestige 紛失 中東呼吸器症候群 コロナウイルス 試験官 教科書 333 電話番号 チャット メッセージ バニラ航空 病欠 大金 ベトナム バーツ ディーラー ボルト キャップ ECONOMIST ファンドHSBC 雑誌 鑑識 交通事故 小学一年生 法定速度 パトカー 茶市 旅館 ハウステンボス 早岐 削除 SDカード 容量 ミュージック ディスコ CD ノリノリ 美容整形 スタンバイ 洗車 身体検査 キレーション 梅の花 チラージン バムルングラード 薬局 Euthyrox Boots 医療 Levothyroxine 厚生省 東日本大震災 甲状腺 健康診断 保険会社 軍艦島 進撃の巨人 仏教 飛行機事故 ワルシャワ条約 モントリオール条約 補償 マニア 機内サービス 火球 芝生 ジョージ王子 英国王室 外遊 会談 ハイヒール Felica Nol Octopus メトロ 竹崎蟹 ミリオネア マカオ 売春婦 大王製紙 PIMP ラジオ体操 爆睡 血液検査 ニューヨーク堂 カステラアイス エアマーシャル スカイマーシャル クルーバス 会議 修学旅行 趣味 ライト ショッピングモール レモン 芳香剤 金券 医療費 マイレージ会員 ツアーコンダクター 恩恵 スリット 負の連鎖 品格 セクハラ パワハラ 同業者 永住権 キャピタルゲイン 医療制度 ワーキングホリデー アカウント クレーマー 検索エンジン ノンストップ! フジテレビ グーグル やらせ 震源 皇居 三種の神器 消費税 増税 自衛隊 衛星 マレーシア航空機 捜索 英国領 クリス・パッテン総督 高級車 軽自動車 MNP 儲かる情報 鳥栖 アウトレットモール スポーツモード フードコート COACH 言葉使い ホイール 小龍包 小長井 焼き牡蠣 スター アリシア・キーズ 修道女 クリスティーナ・スクッチャ UnionPay JCB DMM 清原 為替どっとコム FOREX 犯罪者 タイミング safeTstep Aerosoles 滑らない靴 Payless ローヒール ザ・シークレット 価格満足度 豪華客船 観光列車 週刊ダイヤモンド フィリピン人 ベビーシッター 家事 広報 池上彰 韓国料理 サルマン皇太子 モルディブ ウイリアム王子 バケーション B777 砂絵 祈祷師 サンドアート 地震対策 航空学校 ブラックマジック 黒魔術 ネパール STAP細胞 ベートーベン 論文 村河内守 チャカ・カーン 科学者 ワンタンヌードルスープ 到着ロビー 黒酢 ビーコン マレーシア航空事故 スライド ラフト レスキュー隊 Delay 北京 クアラルンプール 行方不明 発砲 ネットショッピング 送料無料 取引所 マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン Bitcoin イスラム同胞団 オーバーブッキング 日系人 火縄銃 鉄砲 空気 シャワー 湿度 B787 リンゴ Apple アフリカ 湯気 アイスバケット 加湿器 アブダビ首長国 米国海軍 仮想通貨 ANXBTC マウントゴックス 牛乳 縦列駐車 クランク 自動車学校 ココウォーク アブダビ皇太子 ドバイ皇太子 ボディガード 早稲田大学 リゾート 二足ロボット 花束 ヒジャブ ニナ・リッチ シャイラ 早稲田 ロボット Skype 取引停止 スカイプ MtGox 2枚 エクスペリア 君が代 TOTO 便座 大学制度 初フライト ベーグル フィラデルフィア クリームチーズ メダル ソチ オリンピック マレーシア パリス・ヒルトン J.P.Morgan セントラル地区 ベリーダンス 免税店 アラビック ドバイ空港 DXB NXB ベーコン 国名 Spinneys 牛肉 豚肉 ドラマ クラウン アスリート ミッション タダ乗り IPアドレス 竹田恒泰 ソーブ 噛む Thobe 選手村 ブーツ 観光 高須クリニック ジャポニカ 学習帳 ドバイ首長 ドーピング Godolphine 競馬 URL 資生堂 バナー パーム・ジュメイラ サービスフィー ブルジュ・ハリファ ブルジュ・カリファ Emaar 銃殺刑 スウェーデン 従業員 権利 女性従業員 妊娠 兵役制度 憲法 税務署 デヴィ 着物 淡路恵子 北九州 ストレステスト ゴムボート 内閣府職員 石原慎太郎 デヴィ夫人 都知事選 ヌード インドネシア スカルノ 田母神敏雄 高梨沙羅 イモトアヤコ シンボル オセアニア 五輪 四輪 SOCHI 選手 マスコミ 公共交通機関 De-ice 雪対策 羽田空港 バスルーム ハッカー PANASONIC 家電 パナソニック エンターテイメントシステム 稲垣隆 ゴーストライター 佐村河内守る 大便 旧姓 人権 生命保険 緘口令 セミナー 伊藤蘭 NANCY・AJRAM 歌手 HAIFA AMR・DIAB キャンディーズ ハリファ ブルジュ ガイザー 水道水 安部政権 都道府県 株価 平均給与 アナログ時計 自動 Audi ミッフィー アラビックコーヒー 明日ママがいない CM TomoNews AC Panther 高級水陸両用車 免許 教習所 交通標識 筆記試験 建物 ベドウィン 預言 MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 交通反則 ナンバー 警察本部 切符 国際免許証 スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 Edy お賽銭 生涯賃金 正社員 高校 フリーター ブロッコリー パスタ お年玉袋 ラーメン 宝物 リアクション ガーディアンエンジェル クローゼット パイプハンガー オランダケーキ アンケート 卓上カレンダー 門松 注連縄 公務員 更新 西之島 スヌーピー 新島 小笠原諸島 火山 抹茶ラテ 正直者 落し物 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 天皇陛下 傘寿 80歳 インテグラ ホンダ 独身 上海スタイルヌードル ヌードルバー チーズ NARUMI コラボ 夕食 エアバッグ シートベルト エンターテイメント プレミアムエコノミークラス ラッチ コースター PROSECCO スパークリングワイン CAVA プリデパーチャードリンク アワードポイント 無料航空券 ジュリーック Jurlique アニエス・ベー アメニティポーチ カルチャーショック キャバクラ ジャンプシート 風俗店 歌舞伎町 治療 国費患者 コカコーラ 矢沢永吉 家庭教師のトライ すき焼き ロミオとジュリエット ムスリムミール エジプト 東京ばな奈 源氏パイ 注意書き ウンコ座り DAMAC ワンワールド アライアンス 領土問題 尖閣諸島 竹島 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 旭日旗 日の丸 フラットメイト 水漏れ メイク すっぴん SHANE-RU 写ねーる 広東 深セン K-CUP Keurig エスプレッソ Tully's 在留邦人 消火器 信号機 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 学歴 サービス業 燃費 SAI サイ 企業名 YAHOO JAPAN LS タイ語 アラビア文字 ロビンソン パッタイ ターミナル21 ソムタム マンゴー ビジネスランチ フランス料理 フレンチ スクンビット MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ モンゴル 名古屋 ウランバートル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 注射 サプリメント ZINC ハイエン 台風30号 スイートルーム ベストウエスタン カイエン 熱帯低気圧 モンスーン 化粧 コスメ スカート 日本国籍 社会人 なるほど・ザ・ワールド 首都 エチオピア 南極 アディスアベバ GROUPON 半額 クーポン パスワード ナポリタン 仙台 ちゃんぽん麺 スパゲティ ちゃポリタン リンガーハット 塗装 SMART 新規入会 お試しキット 下水処理場 下水 トラック 汲み取り ネイルポリッシュ ペディキュア マニキュア ネイル コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

長崎市職員は馬鹿か!?トルコ大使館からの問い合わせで長崎の「トルコライスの日」が見直しに

最近こういうニュースが流れました。

****************************

県内トピックス (2013年7月20日更新)

トルコライスの日 見直し

トルコライスの日のポスター

長崎市は19日、ご当地グルメ「トルコライス」をPRするため2010年に制定した「トルコライスの日」(9月16日)と「トルコライス推進月間」(9月)を取りやめると決めた。新たな日付を設定するかなど、今後については関係者と協議する方針。

 親日国トルコとの友好関係の始まりとされる、1890年9月16日の和歌山県沖でのトルコ(当時はオスマン帝国)軍艦エルトゥールル号遭難事故にちなんでいたが、今月9日、在日トルコ大使館から制定の経緯について問い合わせがあったという。

 長崎市ながさきの食推進室は「抗議を受けたわけではないが、『(われわれにとって)9月16日は殉職した人を思う聖なる日』との指摘もあったことを重く受け止めた。遭難事故をめぐる『友好』の側面に着目したのだが配慮が足りなかったかもしれない」としている。

 同船の遭難でトルコの親善使節団580人余が死亡・行方不明になったが、近隣住民が必死の活動で69人を救助し、日本海軍がトルコまで送り届けたエピソードでも知られる。トルコでは両国を結ぶ重要な出来事として教科書でも紹介されているという。

 トルコライスをめぐっては、全日本司厨士(しちゅうし)協会県本部の坂本洋司会長らが5月にトルコを親善訪問した際、トルコ料理にはない様式との指摘を受けていたことを今月8日付長崎新聞に掲載。ネット上で、トルコライスのネーミングなどについて意見が相次いでいた。

◎長崎に定着 飲食店側理解求める

 長崎市のご当地グルメ「トルコライス」について、ネット上で「トルコ料理と直接関係ないなら名前を見直すべきだ」などの意見が相次いだ問題。地元の料理店からは「長崎発のオリジナル料理。50年以上続いて名前も定着している」と理解を求める声が上がっている。

 トルコライスは1950年代に長崎で誕生したといわれる洋食で、豚肉を禁忌とするイスラム教圏のトルコ料理とは直接関係ないとされる。名前の起源については諸説あり、ピラフがインドや中国、スパゲティがイタリアを表し、その中間点のトルコにちなんだとする「地形説」や、3種類の料理を三色旗(トリコロール)になぞらえたのがなまった説などが有名。

 トルコライスの人気店「ツル茶ん」(油屋町)の川村隆男社長(54)は「トルコの方が豚肉を食べないことは知っており、もちろん不敬の思いがあるわけではない。トルコライスは古くから異文化に開かれていた長崎の土地が愛情を持って育てた料理。今や豚カツだけでなく、牛やシーフードなど多くのバリエーションがある料理に進化している」と強調。同店ではトルコの肉料理ケバブを参考にした牛ステーキなどをのせた「ヴェリートルコ」など9種類を提供している。

 3年前の開店以来、トルコライスを中心メニューに据えている「レッケル」(松が枝町)の松島伸一代表(46)は外国人向けメニュー表に「Turkish Rice」ではなく「Toruko Rice」と表記。「トルコライスは固有名詞。ちゃんぽん、皿うどんに並ぶ長崎のソウルフードであることを理解してほしい」と話している。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2013/07/20093521011036.shtml

****************************

このニュースを読んでまず何と思ったかと言うと、「長崎市の職員は馬鹿か!?」という事です。

このトルコライスの日、どの部署が設定したんだろう。

長崎市観光推進課みたい部署?

私はこういう日がある事さえ知りませんでしたが、長崎市民としては、まず誰がこのようなアイデアを出し、誰がこのような日の設定にGOサインを出したのか知りたい。

日本のメディアのおかげで、この「エルトゥールル号遭難事件」についてご存知の方も多いと思います。

内容はというと「日本でトルコの船が沈没した時、その沈没を知ったそのエリアに住んでいる人々がトルコ人救出し、日本側がこれら遭難者をトルコまで送り届けた」という物。

この話が美談とされ、日本人は「日本とトルコの絆」をよく話します。

教科書に載っているとよく書かれていますが、この件が日本の教科書なのかトルコの教科書なのか知りません。

テレビ番組ではトルコの教科書の載っているみたいに流していましたが、いったいどれくらいの確率でトルコの子供達がこの事件について知る事になるのか、それは全く把握していません。

教科書に載っていると言われても、日本の教科書を思い出していただけばわかると思いますが、ある出版社の教科書には書いてあっても、他の出版社の教科書には書かれていない。

その典型が、英語の教科書。

私の中学時代の教科書には「若くて貧しいカップルがいたが、クリスマスか結婚記念日か忘れましたがお互いにプレゼントを買うお金がない。夫は大切にしていた時計かなにかを売り、それで妻へ髪留めか櫛を購入。妻はと言うとお金がないから、長くて美しかった長い髪の毛を切り、それを売って夫に何かを購入。お互いにプレゼンとを渡す時になり、そのプレゼントが使えないとわかる。しかしこれが愛という物を表わしている。」という内容の英文が載っていました。

「お互いがお互いの事を思い、自分が大切にしていた物をその人のために売る」という話が「美談」として教科書に載っていました。

しかしこの教科書を使っていない人達は、こんな話なんて知らない。

テレビ番組が以前この話を映像化して流した時があるのですが、そんな物を見なかった人はこの話を知らない。

それと同じでこの遭難船の話も全ての教科書に載っていないではないか。

そして知らない人だっているのではないだろうか。

私はそう思っています。

まぁこういう話はトルコ在住者やトルコ大使館の人達が答える事が出来るのではないかと思っています。

トルコ大使館の人達だって、この遭難船の事ばかり日本人が口にするから、絶対に知っていると思う。(笑)

そして今回、長崎市がこのエルトゥールル号が遭難事故を起こした日を「トルコライスの日」に設定し、長崎のB級グルメを「もっと食べてもらおう、もっと知ってもらおう」というお祭りみたいなイベントを企画したようですが、このトルコライスの日を設定した人、そしてこのイベントを行おうとした人は馬鹿か!?

よ~く考えてもらいたい。

これは時と場所を変えて説明すると、311東北の大震災の時、多くの人達が地震、そして津波により亡くなりました。

または生き埋めになりました。

すると外国の救助隊が日本で救助活動を行うために入りました。

一番有名なのはアメリカ軍による「トモダチ作戦」。

これはアメリカ大使館のルース大使がアメリカ政府にお願いしたと聞いています。

イスラエルの団体は医療チームを送り込みましたが、その裏では放射線に関する情報を集めるためにやっていると言われていました。

素直に感謝するのか、それとも情報集めために来ていると思うのか、どう思うのかは個人の自由ですが、イスラエルだけでなく、いろんな国から救助隊がやってきて、瓦礫の下に埋まっていると思われる人達の救出をしてくれたり、そして医療提供をしてくれました。

イスラエル嫌いの私も、この時はこのイスラエルのチームに感謝しました。

まぁ、これが日本ーイスラエルの絆になったかもしれません。

つまり、今回のトルコライスの日は、「みなさ~ん、3月11日は大震災の日ですよ~。この地区ではXXという食べ物が有名なんですよ~。なぜなら大震災の時、XX国から救助隊がやってきてくれたんです。その国とご当地料理をかけあわせたXXという料理がこの地方では有名なんです。さぁ~、みなさ~ん、食べてくださ~い。どんどん観光に訪れてくださ~い。この3月11日はみんなで楽しみましょう!」と言っているような物。

8月になると日航ジャンボ機墜落事件がありますが、その日を食べ物の日に設定して「みなさん~ん、このイベントを楽しみましょう!さぁ、どんどん食べてくださいね~。」と言う企画をする馬鹿がいるか?

このトルコライスの日と311の大震災の日とを大雑把に重ねて説明しましたが、このトルコライスをご存知ない人のために、なぜこの料理がトルコライスと呼ばれるようになったのかの説明をしたいと思います。

県外の人達は知らないと思いますが、以前、長崎ではトルコライスを考案したであろうと言われているレストランのシェフがテレビに出て、事のいきさつを説明していました。

たしか「ホテル大船」という名前だったような。

そのホテルの中のレストランのシェフが考えた食べ物だったような記憶があります。

このホテル、もう存在しないのだろうか、グーグルで検索しても出てきません。

一度だけこのレストランまで足を運んだ事があります。

その時は「発祥の地」と言われているこのレストランで食べてみたかったから。

「ツルん茶」という喫茶店みたいな場所がトルコライスで有名とよく見かけますが、私はこの店で食べた事がありますが、全く美味しいとは思いませんでした。

それ以来、このお店へ足を運んでいませんが、この喫茶店がトルコライス発祥の地ではありません。

この「ホテル大船」だったか、こういう名前のレストランのシェフが作り出したと記憶しています。

そのシェフがどうしてこういう料理が出来上がったのか、テレビ番組で言っていました。

「ピラフのお米はアジア(東洋)を意味している。そしてパスタはイタリアなどのヨーロッパ(西洋)を表わしている。そして上に乗っているトンカツは日本人が大好きな食べ物である。東洋と西洋の分かれ目になんるのがトルコという国で、このピラフとパスタのちょうど真ん中にこの日本人の大好物のトンカツを乗せてみた。食べ物を地理的に考えて<トルコ>という国が思い出されるため、<トルコライス>と名前をつけた。」

つまりこのトンカツがのっているトルコライスは<トルコ>という国の料理ではなく、トルコとは無縁なんです。

ただ、地理的に西洋と東洋が融合する国がトルコ、だから地理的に親しみをこめて、このトルコという国名をつけたんです。

トンカツが乗っているのも、「東洋と西洋の境目に日本人の大好物のトンカツを日本にみたてた」から。

東洋と西洋の境目として、別に「ウラル山脈」を取り上げ、「ウラルライス」にしてもよかった話だと思います。

しかしこのシェフがウラル山脈を知っていたかは定かではない。

それより、「東洋と西洋の境界の国」と言われれば、まず「トルコ」が頭に浮かぶ。

トルコのイスタンブールのファーティフ・スルタン・メフメト橋(トルコ語:Fatih Sultan Mehmet Köprüsü)を渡ると「アジア側」「ヨーロッパ側」に行けるんです。

WIKIPEDIA

karte-bosporus-bruecke-100.png

80_full.jpeg

つまり、このトンカツがこの橋みたいな物で、この地球上で地理的にこういう事が出来ている国は「トルコ」、だから「トルコライス」という名前をつけているんです。

ところが長崎市のこのトルコライスの件に関わっているボンクラ職員は、トルコ側に上手く説明出来ていない。←まるで石原元都知事のような言葉使い(笑)

こういう話は過去のテレビニュースやテレビ番組を探し出して検証すれば、このお店の人がどう説明しているかわかるはず!

トルコライスになぜ豚肉が使われているのか、そしてなぜお米とパスタというダブル炭水化物が皿の上に乗っているのか、なぜ上手く説明出来ない人を送り込んだの?

全てはこの坂本洋司という人がちゃんと説明出来ないから、トルコライスに関する誤解が生じている!

この坂本洋司という人は、ちゃんとトルコ側に説明しろよ!

「日本人はラーメン食べながら焼飯を食べるんです。カツ丼とかけ蕎麦のセットという物もあるんです。中国人が日本へやってきて、まず驚く事は、日本には「餃子定食」という物がある事なんです。中国では餃子は「ご飯」みたいな物なので、お米と餃子のセットに驚いて、写真を撮る人もいるんです。日本人は炭水化物と炭水化物のセットが好きなんです。」

そう言えば、この炭水化物に関する誤解を解けるじゃない。

イスラム教圏のトルコでは豚肉は食べない。坂本さんは「豚カツと決まっているわけではなく、牛肉でも魚介類でもいい」と理解を求めたが

何なの、この弱腰!

トルコ側からつっこみが入ったからと言って、うじうじするなよ!

びしっと、なぜトンカツになったのか答えろよ!

全てはこの坂本らの対応が悪い。

外国人、そしてトルコ人を相手にちゃんと主張出来ていない。

こんな人達を送り込んだら、上手く丸め込まれてしまうのが見えている。

完全なる人選ミス。

*************************

県内トピックス (2013年7月8日更新)

母国はトルコライスに難色

「大人のお子さまランチ」と呼ばれて全国的にも知名度が上がっている長崎市の「トルコライス」。このご当地グルメに"母国"トルコの料理人が「トルコ料理にはない様式」としてトルコの名称を冠することに難色を示していることが分かった。西洋料理人でつくる全日本司厨士(しちゅうし)協会県本部会長の坂本洋司さんらが5月にトルコを親善訪問した際に指摘された。

 トルコライスは豚カツ、ピラフ、スパゲティを一皿に盛り付けた料理。長崎市は、和歌山県沖で1890年9月16日に起きたトルコ(当時はオスマン帝国)軍艦「エルトゥールル号」の遭難事件にちなんで9月16日を「トルコライスの日」、9月を「トルコライス推進月間」と定めてPRしている。

 坂本さんによると、在日トルコ大使館から食文化を通じた国際親善を図りたいと要請を受けて、5月下旬、全日本司厨士協会の宇都宮久俊会長らとトルコ・イスタンブールなどを訪問。トルコ料理人・シェフ連盟との間で「両国の食文化の発展に寄与する」とした国際料理友好親善宣言書に調印した。

 指摘を受けたのは同連盟との会食の席。坂本さんがトルコライスを紹介したところ、同連盟のY・ヤルチュン・マナブ会長が「トルコには豚カツはない」と述べ、さらに「炭水化物が同じ皿に乗ることはない」とピラフとスパゲティを一皿に盛り付けることについても言及した。

 イスラム教圏のトルコでは豚肉は食べない。坂本さんは「豚カツと決まっているわけではなく、牛肉でも魚介類でもいい」と理解を求めたが
、マナブ会長からは「連盟の方で『こういうものなら出せる』というメニューを考えたい」との提案もあった。

 トルコライスは1950年代に長崎で誕生したとされるが、その由来は諸説あり、トルコ料理とは直接関係ないともいわれる。

 坂本さんは九州の料理店と協力して、トルコライスの魅力を満喫してもらう会員制の「長崎トルコライスクラブ」を創設する計画を進めており、トルコの本場料理と供宴する「トルコライスサミット」などのイベントも開く考え。「3種類の料理をワンプレートで提供する長崎オリジナルの洋食であることを理解してもらいながら、日本とトルコの懸け橋となる名物料理として発信したい」としている。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2013/07/08085831010884.shtml

*************************


今回の「トルコライスの日」の設定、完全に長崎市側のミスだと思います。

そして、こういう事を提案した職員の常識を疑ってしまう。

「9月16日は殉職した人を思う聖なる日」という指摘があったとありますが、3月11日に追悼式を日本でも行いませんか?

日航ジャンボ機が墜落した日、遺族らは山へ登って追悼式を行っていますよ。

トルコ側にとってもそういう日なのに、「食べてください。楽しんでください。大いに盛り上がりましょう!」的イベントを企画し、トルコとの友好を訴える馬鹿がどこにいるか?

私は今回の件は、長崎市側の不祥事みたいな物だと思っています。

長崎の井戸の中のかわずみたいな職員が、事の流れがどういう物かを把握せず、ただ長崎市の観光のためにこの沈没船を取り上げ、営利目的に利用しただけ。

私だったらこうします。

「トルコライスはこういう物ですよ。トンカツが乗っていようが、2つの炭水化物がのっていようが、これが長崎の人達が愛する食べ物なんです。そしてピラフとパスタ、つまり東洋と西洋の境界に日本人の大好物のトンカツをのせ、トルコという国を思い出し、その歴史と国際性豊かな国のトルコの名前をつけた食べ物なんです。この食べ物は日本人の食べ物への愛着とトルコという国への想いが入っているんです。決してトルコにある食べ物を真似して作ったわけではありません。」

そしてこう続けると思います。

「日本人が大好きなトンカツがのっているからと言って、トルコやイスラム教徒を侮辱しているわけではありません。そして今では豚だけではなく、チキンカツやハンバーグ、オムレツも使われています。しかし、ピラフとパスタの境界にハンバーグが乗せようが、それは私達にとってはトルコライスなんです。トルコという国が西洋と東洋を結びつけているんです。そして、長崎人はこのトルコライスという物に、特別の思いを持っていて、今では普通に生活の中に入っている食べ物なんです。9月16日のエトゥールル号沈没事件の日をトルコライスの日に定めたのは間違いでした。ただし、長崎人はこの料理を通してトルコを思います。そこでトルコライスの日をトルコの建国記念日と同じ日、10月29日にしたいと思います。是非、トルコ大使閣下も長崎へおいでください。直接長崎とトルコは関係はありませんが、この長崎人から愛されているトルコライスを通じて、トルコを近い国と感じています。是非、新しいトルコライスの日にいらしてください。そして長崎のご当地グルメのトルコライスがどんなに変化しても、トルコという名前を変えない長崎人の想いを知ってください。」

まるで、どこかの国の外交官が口にするような言い方になってしまったなぁ。(笑)

「トルコライスの日」を「トルコの建国記念日」にするのはどうでしょう。

トルコ大使閣下をその日に長崎に招待しても、トルコ大使館側は日本というホスト国の人達や関係者を招待してレセプションパーティを行うため、来ていただけない可能性が高いと思います。

しかし、長崎市側が建国記念日と同じ日に設定して、セレモニーか何かを行うなら、ちょっと日にちをずらすとトルコ大使館からも誰か参加していただけるのではないかと思っています。

大使閣下がダメなら、大使代理みたいな人がいるでしょ?

トルコライスは食べ物を通してトルコという国をイメージする。

長崎人にとって、生活の中に入っている唯一のトルコです。

その長崎人のトルコへの想い、これはトルコ大使館側にとっても「日本とトルコの友好」になるのではないですか。

トルコのテレビ局だって、なぜトルコライスという食べ物が長崎に存在するのか、取り上げるかもしれない。

そうなると、トルコ人にはエルトゥールル号よりトルコライスの方が覚えられるかも。(笑)

トルコ人にとっては奇妙な食べ物ですが、そんな事言うなら、フランス旅行をした時見つけたフランス版ポッキーが「MIKADO(帝)」となっているのも変じゃない?

なんで日本の帝がポッキーと関係してるのよ。

城の中で、たて肘つきながらポッキーでも食べていたってか?

グリコのポッキーの種類は多い

fc2_2013-07-16_09-58-10-438.jpg

世の中にはいろんな誤解があります。

その誤解という物が無知から来ている場合もあるし、相手に対して嫌な思いを与えているかもしれない。

しかし、そこでお互になぜこうなったのかを理解し合い、それがユニークだと思えるようになると、そこから新たな友好関係が生まれる。

時には自分の意見を相手に伝える事は大切なんです。

このトルコライスのトンカツに関しても、ちゃんと説明すればわかってもらえる。

別にトルコ人に無理やりトルコライスを食べさせている訳じゃないんだし。

逆にトルコの事を頭にイメージしながら食べる物だし。

日本ではトルコ風呂がソープランドと呼ばれるようになりましたが、これもトルコ大使館からの圧力なの?

ダッチワイフに関してオランダ大使館は苦情を出したのかしら。

南京玉すだれも、本当に南京で作られていたの?

長崎のココウォークというモールの中にはマンゴカフェというタイ料理を出す店があるのですが、そこでパッタイを食べると、なんと小刻みにされた「たくあん」が入っている。

しかしこの店は「本格的タイ料理」を出す店という広告を出している。

このパッタイを食べて、ぶち切れたぜぃ!

なんで「本格的タイ料理を出す」と書いてあるのに「たくあん」を入れる訳?

客を舐めとんのか!?

タイ人が「パッタイには、たくあんなんて入っていない」と言い出すかも。(笑)

たくあん入れてパッタイって、あ~た、どこが本格的タイ料理の店よ!

タイに長年住んでいた私は本当にぶち切れたぜぃ。

このたくあん入りパッタイとトルコライス、私は絶対にこのパッタイにぶち切れる。(笑)

食べ物の恨みは怖いと言いますが、今回のトルコライスの日の設定と、トルコライスがどういう物かの説明の下手さ、これは完全に長崎側に落ち度があったと思います。

これを機に、長崎とトルコの友好が上手く行くようになるといいんですけどね。

ただし、たくあん入りパッタイは二度と御免だわ。(笑)

トルコライスの日には、トルコライスを食べるだけでなく、トルコの本場のベリーダンサーを招待してみるとか。

おひねりを入れたりする男が出てきたりして。(笑)

トルコのベリーダンサーを呼ばないなら、私が踊ってもいいんですけど。←すぐにイベントがお開きとなりそう。

過去のブログにトルコのベリーダンスの映像を貼りましたが、若くておっぱい大きいお姉さんがスケスケ衣装で踊るべりーダンス、これは目が釘付けになります。

子供には刺激が強いかもしれないので、映像を小さくしてみました。(笑)






日本で一番トルコに想いを寄せている街、長崎。

庶民レベルの友好関係こそ、真の友好関係です。

外交での友好関係とは違う。

トルコ大使館のみなさん、是非長崎人から愛されているこの料理について、トルコでも広めてください。

「トンカツを食べるからと言って、トルコを侮辱しているわけではない。そしてトルコライスはトルコの料理ではない」という事を、知っていただけたらと思います。

トルコライスはあくまでも炭水化物と炭水化物を一緒に取る食文化がある日本人が考えた料理です。

このユニークな食べ物の存在、トルコに人にも知らせてください。

なんなら私がトルコライス持参でトルコ大使館に伺ってもいいんですけど。

なんなら長崎とトルコのために、トルコ大使館の外交官とこのチキンカツバージョンのトルコライスの早食い競争もいたします。(笑)

「トルコ大使館で食べるトルコライス、これが本当のトルコライスだ!」と言ってみたい。(笑)


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




frombangkokがいつも使っている世界の格安料金ホテルサイトはこちらです。
   ↓
ホテル料金をチェックする
関連記事
THEME:B級グルメ | GENRE:グルメ | TAGS:

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

EDIT COMMENT

非公開コメント

Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク