FC2ブログ

格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
満席 FREEJ フリージ くまモン MBA ハローキティ 歌手 カタール航空 国交断交 スターアライアンス Silence 外海町 遠藤周作 沈黙 サイレンス 国王 サルマン 秋葉原 手相 玉の輿 スポーツ ジェット噴射 海上 消防士 消火活動 胴体着陸 火災 事故 ポルシェ マラドーナ プロ野球 ハンカチ王子 湖池屋 日清食品 ポテトチップス トムヤングン カップヌードル オブジェ マクラーレン ハマド国際空港 特別機 ダッカ グルシャン 外交地区 日本政府 ヤフー 自動車税 プロポーズ ダイバー ブルジュ・アル・アラブ お菓子 デザート 三菱重工 火星 ロケット 火星探査 PointsHound IKEA 家具 バーレーン Kingdom Sheikhdom パームジュメイラ シーア派 スンニ派 お葬式 タワーパーキング スマートウォッチ 警告音 ASUS タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター 警察犬 松尾警察犬訓練所 訓練士 チワワ ペット Lollipop バンド 解禁 GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 ゴミ 花見 スイス ノートブック スポーツカー コックピット チャリティ バーガー 家政婦 移民 メイド 徴兵 リー・クワンユー ビジネスマン SIMORE ミスユニバース 日本代表 混血 新婚 QUEEN ペルシャ ボリウッド フレディ・マーキュリー AIDS ANA 月給 糖分制限 カロリー コンドミニアム 高層マンション マリーナ 不動産価格 新興国 万里の長城 イラク 国境 ISIS Mashallah アル・ジャジーラ ステッカー 誕生日 AMAZON 住所 私書箱 LG ブレスケア 文具 電化製品 ぺんてる 直行便 身元確認 他人名義 投資銀行 トレーダー 役員 CEO 結晶 アザーン 女性専用 イスラム法 イスラム国 ドライアイス ジップロック 駐在員 注意喚起 空爆 有志連合 撤退 ヴァージンアトランティック 日本路線 身代金 渡航中止 援助金 シルバーウィーク 夏時間 海外旅行傷害保険 カレンダー ジャーナリスト 外務副大臣 拉致 アナウンス 拍手 誘拐保険 フィフィ 誘拐 SNS 危機管理 ランタンフェスティバル 異国情緒 ビオレ Biore コスモス 北海道 出前一丁 花王 Kao Redoxon ビタミンC シェイクダム 王国 スデイリセブン バハレーン メッカ OLYMPUS 錦織圭 TIME 表紙 新聞社 暴力 風刺画 石油 免除 富裕層 天然ガス エアアジア DUAL SIM2枚 整備士 社会進出 スカーフ タクシー オリエンタル ランドセル カレー 親日家 ケーキ ナショナルサービス インフラ 国体 AU がんばらんば アート 大学教授 ハロー注意報 成田空港 非常口 フィリピン航空 高速道路 水害 Eid キッザニア Maryam 首長家族 Sheikha マレーシア航空 ウクライナ スーパーカー ラクダ 警察車両 ドバイ警察 女装 物乞い 慈悲 スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 結核 乗客 LFA 車高 車幅 坂道 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 色鉛筆 新幹線 ポカリスエット 大塚製薬 オロナミンC ドバイ湾岸地方 スティーブ・ジョブズ テロリスト タリバン FIFA 人口雲 捕虜 CNN コスプレ USBケーブル ワールドカップ ブラジル キャプテン 中国語 OCTOPUS NFC おさいふケータイ グラバー園 昇級テスト リンガー亭 フリーメイソン 握手 指輪 都市伝説 秘密結社 和菓子 白餡 スーパーマーケット 果物 Ghibli イタリア語 民族衣装 セーフティカード 外出禁止令 おくれ毛 茶髪 髪の毛もどし 金髪 就職活動 生協 飲食業 ヘアスタイル 小保方晴子 事件 眉毛 人材 サイバー事件 無罪 裁判 警視庁 表情 片山祐輔 キャンセル 夜間外出禁止令 ヨーグルト 一村一品 OTOP 首相 香港航空 スカイマーク 世界の中心 ロシア人 ドラえもん 西太后 高円宮家 あいしんかくら・けんき 婚約 愛新覚羅顕琦 マタ・ハリ 川島芳子 かき氷 気温 責任 判断ミス ミニスカート 社長 株主総会 MCC スカート丈 水上モーターボート 結婚式 プロモーション Prestige コロナウイルス 試験官 紛失 中東呼吸器症候群 教科書 チャット メッセージ 電話番号 333 病欠 バニラ航空 ベトナム 大金 バーツ ボルト キャップ ディーラー ファンドHSBC ECONOMIST 雑誌 小学一年生 法定速度 パトカー 交通事故 鑑識 旅館 早岐 ハウステンボス 茶市 削除 容量 SDカード ミュージック CD ノリノリ ディスコ 美容整形 キレーション 身体検査 洗車 スタンバイ 梅の花 医療 Boots Euthyrox 薬局 バムルングラード チラージン Levothyroxine 甲状腺 東日本大震災 厚生省 保険会社 健康診断 軍艦島 仏教 進撃の巨人 飛行機事故 マニア 機内サービス 補償 ワルシャワ条約 モントリオール条約 火球 会談 ハイヒール 英国王室 芝生 外遊 ジョージ王子 Nol Octopus メトロ Felica 竹崎蟹 マカオ 売春婦 PIMP ミリオネア 大王製紙 ラジオ体操 爆睡 血液検査 カステラアイス ニューヨーク堂 スカイマーシャル エアマーシャル 会議 クルーバス 修学旅行 趣味 ショッピングモール ライト レモン 芳香剤 金券 医療費 恩恵 マイレージ会員 ツアーコンダクター スリット 負の連鎖 品格 同業者 セクハラ パワハラ ワーキングホリデー キャピタルゲイン 永住権 医療制度 フジテレビ やらせ ノンストップ! クレーマー 検索エンジン アカウント グーグル 皇居 三種の神器 震源 増税 消費税 衛星 マレーシア航空機 自衛隊 捜索 クリス・パッテン総督 英国領 儲かる情報 高級車 MNP 軽自動車 鳥栖 アウトレットモール フードコート COACH スポーツモード 言葉使い 小龍包 ホイール 小長井 焼き牡蠣 修道女 スター クリスティーナ・スクッチャ アリシア・キーズ JCB UnionPay DMM 清原 FOREX 犯罪者 為替どっとコム タイミング safeTstep Aerosoles 滑らない靴 Payless ローヒール ザ・シークレット 豪華客船 週刊ダイヤモンド 観光列車 価格満足度 家事 ベビーシッター フィリピン人 広報 池上彰 韓国料理 ウイリアム王子 サルマン皇太子 バケーション モルディブ B777 サンドアート 祈祷師 砂絵 地震対策 航空学校 ネパール ブラックマジック 黒魔術 STAP細胞 ベートーベン 村河内守 科学者 論文 チャカ・カーン ワンタンヌードルスープ 黒酢 到着ロビー マレーシア航空事故 ビーコン スライド レスキュー隊 ラフト 行方不明 クアラルンプール Delay 北京 発砲 送料無料 ネットショッピング マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン Bitcoin 取引所 イスラム同胞団 オーバーブッキング 鉄砲 火縄銃 日系人 シャワー B787 空気 湿度 リンゴ アフリカ Apple 加湿器 アイスバケット 湯気 アブダビ首長国 米国海軍 マウントゴックス 仮想通貨 ANXBTC 牛乳 縦列駐車 ココウォーク クランク 自動車学校 ドバイ皇太子 アブダビ皇太子 二足ロボット 花束 リゾート ボディガード 早稲田大学 ニナ・リッチ シャイラ ヒジャブ 早稲田 ロボット MtGox スカイプ 取引停止 Skype 2枚 エクスペリア 君が代 便座 TOTO 大学制度 初フライト ベーグル フィラデルフィア クリームチーズ メダル マレーシア オリンピック ソチ パリス・ヒルトン セントラル地区 J.P.Morgan ドバイ空港 ベリーダンス アラビック 免税店 NXB DXB Spinneys ベーコン 豚肉 国名 牛肉 ミッション クラウン ドラマ アスリート IPアドレス タダ乗り ソーブ Thobe 噛む 選手村 竹田恒泰 ブーツ 観光 高須クリニック 学習帳 ジャポニカ ドバイ首長 ドーピング Godolphine 競馬 バナー 資生堂 URL ブルジュ・カリファ ブルジュ・ハリファ サービスフィー パーム・ジュメイラ Emaar 銃殺刑 従業員 スウェーデン 妊娠 女性従業員 権利 兵役制度 憲法 税務署 淡路恵子 デヴィ 着物 内閣府職員 ゴムボート 北九州 ストレステスト 都知事選 ヌード デヴィ夫人 田母神敏雄 スカルノ インドネシア 石原慎太郎 イモトアヤコ 高梨沙羅 五輪 オセアニア 四輪 シンボル 選手 マスコミ SOCHI De-ice 公共交通機関 雪対策 羽田空港 バスルーム ハッカー エンターテイメントシステム PANASONIC パナソニック 家電 稲垣隆 佐村河内守る ゴーストライター 大便 人権 生命保険 旧姓 緘口令 セミナー NANCY・AJRAM AMR・DIAB HAIFA キャンディーズ 伊藤蘭 水道水 ガイザー ハリファ ブルジュ 安部政権 平均給与 都道府県 株価 アナログ時計 Audi 自動 ミッフィー アラビックコーヒー 明日ママがいない CM TomoNews AC 高級水陸両用車 Panther 教習所 交通標識 免許 筆記試験 ベドウィン 預言 建物 MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 国際免許証 ナンバー 警察本部 切符 交通反則 スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 お賽銭 Edy 高校 フリーター 正社員 生涯賃金 パスタ ブロッコリー お年玉袋 ラーメン 宝物 ガーディアンエンジェル リアクション クローゼット パイプハンガー オランダケーキ 卓上カレンダー アンケート 注連縄 門松 更新 公務員 スヌーピー 新島 小笠原諸島 火山 西之島 抹茶ラテ 落し物 正直者 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 インテグラ ホンダ 80歳 傘寿 天皇陛下 独身 ヌードルバー 上海スタイルヌードル NARUMI 夕食 チーズ コラボ エアバッグ プレミアムエコノミークラス シートベルト エンターテイメント スパークリングワイン ラッチ コースター プリデパーチャードリンク PROSECCO CAVA 無料航空券 アワードポイント ジュリーック アメニティポーチ アニエス・ベー Jurlique カルチャーショック ジャンプシート 風俗店 キャバクラ 歌舞伎町 国費患者 治療 家庭教師のトライ コカコーラ 矢沢永吉 すき焼き ロミオとジュリエット ムスリムミール エジプト 東京ばな奈 源氏パイ 注意書き ウンコ座り DAMAC アライアンス ワンワールド 竹島 尖閣諸島 領土問題 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 旭日旗 日の丸 フラットメイト 水漏れ すっぴん メイク SHANE-RU 写ねーる 広東 深セン Keurig K-CUP エスプレッソ Tully's 在留邦人 信号機 消火器 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 サービス業 学歴 燃費 サイ SAI 企業名 JAPAN YAHOO LS タイ語 アラビア文字 ターミナル21 ロビンソン ソムタム パッタイ マンゴー フランス料理 フレンチ ビジネスランチ スクンビット MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ モンゴル 名古屋 ウランバートル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 サプリメント 注射 ZINC 台風30号 ハイエン ベストウエスタン スイートルーム モンスーン 熱帯低気圧 カイエン コスメ 化粧 スカート 日本国籍 社会人 エチオピア アディスアベバ 南極 なるほど・ザ・ワールド 首都 半額 クーポン お試しキット トラック 下水 汲み取り 下水処理場 ペディキュア マニキュア ネイル ネイルポリッシュ コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

カダフィのお気に入りの銃を持ってTVに現れた女性ジャーナリストが獄中死!?

2月19日16時46分に「RT」がこういうニュースを流しました。

リビアのテレビでガダフィを擁護した銃を持った女性がテレビていたが、その人が反政府デモ側によって捕まり、獄中で死亡した。

Gaddafi’s favorite journalist dies in prison - report

Libyan pro-Gaddafi journalist and presenter Halah al-Misrati has died in prison, according to an Al Arabiya news report.
Misrati, whose popularity increased during last year’s uprising, has reportedly been tortured and was found dead in her jail cell.
The National Transitional Council (NTC) has not commented on the report, so far. Her family have not confirmed her death, although they have said she is in a dangerous situation.
She attracted public attention in August when she appeared on Libyan TV brandishing a handgun threatening rebels trying to oust Gaddafi.
Soon after, the strong supporter of Muammar Gaddafi was allegedly kidnapped by rebels during the fall of Tripoli.
Halah al-Misrati was last seen in a video holding a piece of paper dated 30 December 2011.


多分この女性の話をしていると思います。

この有名な「銃を片手に訴える女性」の映像は、結構注目を浴びました。

LIBYA - Gaddafi's state tv anchor with gun to defend station Sunday August 21, 2011




私もあの映像は覚えていたので、「とうとうあの女性が死んだか。それも獄中死とは。」と思っていました。

若い女性が監獄みたいな場所で死ぬなんて、そうとういろんな事があったのではないか。

しかしカダフィをサポートしていたからなぁ。

なんという痛々しいニュース。

そう思っていたら、今度はこういうニュースが流れました。

2月19日23時34分の「RT」から。

“I am still alive”: Gaddafi’s journo appears on YouTube

Libyan pro-Gaddafi journalist and presenter, Halah al-Misrati, who earlier on Sunday was reported killed in jail, appeared on a YouTube video to prove she is “still alive.”
“Today’s date is 19/2/2012, I am still alive. I am still among the revolutionaries and for about six months I have been living among the revolutionaries and a group of brigades. I was not killed and I was not given any bad treatment. In fact, on the contrary they treated me as their sister,” Misrati said in the video.
She attracted public attention in August when she appeared on Libyan TV showing a handgun threatening rebels trying to oust Gaddafi.
Soon after, the regime's supporter was allegedly kidnapped by rebels during the fall of Tripoli.

今度はこの女性がYOUTUBEに現れ「私ままだ生きている。私は逆にシスターとして扱われている。悪い扱いなんか受けていない。」と言っているらしい。

こちらがその映像のようです。

Libyan TV Moderator Hala Misrati alive! - 19.2.2012





こういう個人が間違った報道に対してYOUTUBEで「まだ生きている!」と反論する。←無理やりさせられている可能性もあり!?

便利な世の中になったなぁ。

そしてこのYOUTUBEの存在、あらためて大きいと認識しました。

それにしても、マスコミも勝手に殺しちゃいかんよ!


読んだらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



カダフィの息子、Saif-Islamの指がない理由とは

リビアのガダフィは殺されましたが、その後、逃げていた息子の一人のSaif-Islamが捕まりました。

捕まって、人前に引きずり出された時、ある変化に気づきました。

指に包帯みたいな物を巻いています。

外資系フライトアテンダントのブログ

私はNATOの爆撃により、指を失ったと思っていました。

ところが一緒にいたアラブ人がこう言いました。

「えぇ?知らないの?彼は指を立てて話す癖があり、捕まった時に二度と指を立てられないように、指を切り落とされたんだよ。」

嘘ぉぉぉぉおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ叫び

「そんな話、日本では流れていないわよ。他の報道でも見てないと思うけど。」

「へぇ~、逆に君が知らなかった方がびっくりするよ。」

そう言われました。



そう言えば、たしかに彼は指を立てていつも話していたなぁ。

外資系フライトアテンダントのブログ

外資系フライトアテンダントのブログ

外資系フライトアテンダントのブログ

外資系フライトアテンダントのブログ

外資系フライトアテンダントのブログ

捕まった時、本当に指を切り落とされたのだろうか。

今はこの状態。

外資系フライトアテンダントのブログ



多くの人達が、彼は死刑になるだろうと言います。

父親と一緒に、数々の殺人を行いました。

それも自国民を多く死なせる行為をしました。

この罪は重たい。

彼を捕まえた時、捕まえた人達が指を切る行動に出たのなら、理解が出来ます。




彼は西洋の学校へ行ったらしく、英語もペラペラで国際的な考えを持った人だったようで、もし父親のカダフィが去って彼がリーダーになると、リビアは良い方に変わるのではと言われていました。

しかし父親を擁護したために、最後は追われる身となりました。

裁判へ引きずりだされるだろうこのSaif-Islam、無罪になる事はありません。

彼に残された事は、自分の運命の日を待つ事だけです。





読んだらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





カダフィの娘はイスラエルに亡命するのか!?

面白いニュースが目に入ってきました。

リビアのカダフィの娘が「イスラエルへ亡命するかも」との事。

UAE大使館の人からは、「カダフィの娘達は、湾岸諸国のどこかの国が受け入れる事になったようだが、国名は言わない。」と言われました。

今、彼女達は湾岸諸国のどこかの国にいるのでしょうか。

なかなかアップデート情報が入ってこないし、私もアップデートしていませんでした。

カダフィの娘、本当にイスラエルへ亡命しようとしているのでしょうか。




Kadafi's daughter reportedly eyeing asylum in Israel
December 29, 2011 |  3:45 am

REPORTING FROM JERUSALEM -- Is Aisha Kadafi, daughter of the slain Libyan ruler Moammar Kadafi, considering seeking asylum in Israel? Unlikely as it seems, this may be the case.

The Israeli news website Walla, quoted a report published in Intelligence Online that said Aisha indicated to confidants from Europe that only in Israel would she feel safe and that she hoped to be allowed to live there. In August, she fled Libya for Algeria with her mother, two of her brothers and several other family members. Recently she expressed concern that her Algerian hosts may not be able to resist pressure from Libya's new government to extradite her to stand trial along with her brother, Saif al-Islam.

Aisha Kadafi already has at least one Israeli connection -- her attorney. Until recently, Nick Kaufman was a senior prosecutor with the Israeli Ministry of Justice. A former prosecutor at the United Nation's International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia, the Israeli lawyer was recently hired by Aisha and her brother Saadi to advance a probe into the killing of their father and another brother with the ICC, the International Criminal Court.

The family may have an indirect Israeli tie. Two years ago, Saif al-Islam reportedly negotiated with Israel through a mediator for a peaceful compromise concerning an aid ship he sent toward Gaza, where a naval blockade keeps vessels from docking. 

Aisha Kadafi's friends reportedly discouraged her from making an official request for asylum in Israel, which would probably balk at harboring the daughter of a slain Arab dictator.

But she might actually qualify for the automatic right to immigrate to the Jewish state. Rumors have persisted among Libyan Jews in Israel for years that Kadafi himself is Jewish.

Several elderly Israelis of the Jewish community that once lived in Libya have come forth in recent years with stories about the dictator's purported Jewish heritage. One of them is Gita Buaron, an Israeli woman approaching 80. She says Kadafi's mother was her great-aunt. As for his children, being half-Jewish may not cut it if it's the wrong half -- Judaism is acquired through matrilineal heritage (or conversion) -- but it's often sufficient for immigration under Israel's Law of Returnlegislation. 

http://latimesblogs.latimes.com/world_now/2011/12/aisha-kadafi-eyeing-asylum-in-israel-claims-report.html 




読んだらクリックお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村














カダフィが持っていた「金の拳銃」

反政府国民の事を「ドブねずみ」と呼んでいたカダフィ。

なんと彼が水道管から引きずりだされて殺される羽目になろうとは。

"Thing goes around, comes around"

英語にはこういう言い方があります。

つまり、「物事は自分に戻ってくる」という事。

「ドブねずみ」と読んでいたカダフィは、最後は自分がドブねずみのように水道管の中に隠れました。

外資系フライトアテンダントのブログ

カダフィは黄金の銃を持っていたそうです。

この銃は、いったい誰の手元にあるのでしょう。

外資系フライトアテンダントのブログ

この黄金の銃をクローズアップで見た事がありますか?

よく見ると、繊細なデザインがほどこされています。

外資系フライトアテンダントのブログ

この銃、どのメーカーの商品なんでしょう。

戦っている時は、よく「勝利品」として銃を持ち帰る兵士がいるそうで、この銃も誰かが持って帰ったのでしょうか。

実は私がよく書くUAE、アラブ首長国連邦は銃の所持が禁止されていると思います。

これが各首長国ごとに違うのか、UAEという国全体で銃の所持が禁止されているのかは忘れました。

しかし、湾岸戦争の時(イラク戦争)の時、UAEの兵士達が勝利品として銃などを持って帰ってきています。

そのせいで、この戦争の時に使われていた銃が、いまだにUAE国内に出回っています。

大きな銃は、やはりAK47が人気があるようで、あるシェイクと話をしていた時、「そんな事をやったら首長の奥さんからAK47で撃ち殺されるよ」と言われました。(笑)

これはあくまでもジョークなのですが、ジョークの中にこの「AK47」が出てきました。

湾岸地方ではこのAK47がいまだに人気なようです。



AK47が庶民派の持ち物なら、この金の銃はいったいいくらぐらいするんでしょうね。

この金の銃が個人所有にならず、全ての国民が見る事が出来るように展示できればいいなと思います。



読んだらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





カダフィの子供達ーCol Gaddafi&#39;s Children: Factfile

The Telegraphがガダフィの子供達についての説明をしていますので、ここに貼り付けておきます。

日本でもこのように、もっと詳しい内容が流れればいいんですけどね。

リビアの事は、だんだんと忘れられつつあります。




 

Col Gaddafi's children: factfile

The reported capture by Libya's new rulers of Muammar Gaddafi's son Mo'tassim has put the spotlight on the former leader's children, whose reputation for extravagance, violence and dysfunctional behaviour almost equalled his.

As the anti-Gaddafi rebellion gathered force, and eventually took over most of the country, some of his offspring sought refuge in friendly states. One son, Saif al-Arab, was killed. Below are details on some of Gaddafi's children:

MO'TASSIM

Once Libya's national security adviser, the National Transitional Council (NTC) said he was captured on Wednesday in the fight for the pro-Gaddafi stronghold of Sirte.

During the conflict he kept out of the public eye and was not believed to have had a formal role, though there were reports he was involved in efforts to put down the rebellion.

NTC officials had said for weeks that Mo'tassim was in Sirte and leading the defence of the city. They said their intelligence indicated he was first in Bouhadi, Muammar Gaddafi's home village just south of Sirte, and then fled to the centre of the city when Bouhadi was captured.

Soon after the report of his capture was broadcast by pan-Arab news channels, hundreds of people took to the streets in Tripoli and several other Libyan cities to celebrate.

SAIF AL-ISLAM

Saif al-Islam, the son of deposed Libyan leader Muammar Gaddafi, was arrested by the National Transitional Council on the 19 November 2011

Most prominent once the revolt began was Saif al-Islam whose bellicose loyalist rhetoric forced Libya analysts rapidly to rethink views that the 39-year-old was a reformer.

Once seen as the acceptable face of the Libyan regime, Saif al-Islam, like his father, is now wanted by the International Criminal Court (ICC) for crimes against humanity.

The ICC reported that Saif al-Islam had been arrested as Tripoli fell, but shortly afterwards he appeared in front of the international media in the capital to disprove those reports.

The English-speaking Saif al-Islam, who studied at the London School of Economics, was once seen as a possible successor to his father as Libyan leader.

He became the main spokesman for his father's administration after protesters took over the east of the country and rioted in the capital. In a speech on state television, he said if protests did not stop "instead of mourning 84 (people killed), we will be mourning hundreds of thousands."

SAADI GADDAFI

Saadi Gaddafi fled to neighbouring Niger in September, where the government says he is under surveillance. Niger's justice minister said the country would not extradite him if there was a possibility he would not get a fair trial or risks the death penalty.

Saadi, chiefly known abroad for his obsession with soccer, had attempted to negotiate an end to fighting with the ruling National Transitional Council (NTC) in late August after its fighters swept through Tripoli. It is unclear whether his father's surrender was ever on the table.

He had a brief career as a professional in Italy's Serie A soccer league between 2003 and 2007, though he had little time on the field. He had stints with Sampdoria, Udinese, Perugia and had business dealing with Juventus, a club in which one of Libya's sovereign wealth funds owned a stake. He also played for the Libyan national team. Libya's former Italian coach, Francesco Scoglio, was quoted by Italian newspaper Corriere dello Sport as saying he was fired for not picking Saadi to play.

Saadi, who qualified as an engineer and also holds military rank, later turned to business. He told Reuters in an interview last year he was behind a project to set up a free trade zone on the Mediterranean coast west of Tripoli.

Libyan prosecutor Abdullah Banoun said on Wednesday the NTC had approved a request for an investigation to be opened into Saadi's role in the murder of a Libyan soccer player in 2005. Friends said Basheer Al-Rryani, a former national team midfielder and coach, was an outspoken critic of the Gaddafi regime.

KHAMIS

Khamis has been reported killed at last three times during the conflict but NATO announced at the end of August it did not know his fate.

If he is alive, the ICC prosecutor said he may put Khamis on the wanted list after a military brigade he commanded was accused of killing dozens of detainees in Tripoli.

Khamis was wounded in the 1986 bombing of Tripoli, but that did not stop him from taking up a career as commander of the 32nd Brigade, one of Libya's best equipped units, which played a leading role in Gaddafi's effort to crush the revolt.

HANNIBAL

An incident involving Hannibal Gaddafi in a hotel in Geneva caused a diplomatic row with Switzerland that at one point also dragged in the United States and the European Union.

On July 15, 2008, about 20 police entered the luxury hotel and arrested Hannibal and his pregnant wife Aline Skaf on charges of mistreating two domestic employees. They were released soon after and the charges dropped. Within days, Libya withdrew millions of dollars from Swiss bank accounts and halted oil exports to Switzerland.

In Libya, two Swiss expatriate workers Rachid Hamdani and Max Goeldi, were told they were barred from leaving the country. They would not be allowed home until two years later. Libyan officials said their case had nothing to do with Hannibal's arrest. Supporters of the Swiss businessmen said they were innocent victims of a Libyan vendetta against Switzerland.

MOHAMMED

Gaddafi's son from his first marriage, Mohammed Gaddafi goes by the title Doctor Engineer and was president of the Libyan Olympic Committee. He also was head of the General Post and Telecommunication Company, which oversees mobile and fixed line links. When protests began in Libya, phone lines became unreliable and some people making regular calls to foreign journalists said they had their SIM cards blocked.

AISHA

A lawyer by training, Gaddafi's daughter, in her mid-30s, runs a charitable foundation and in 2004 joined a team of lawyers defending former Iraqi leader Saddam Hussein. She said in an interview last year with the Sunday Telegraph: "I would say that now the future of Libya is very promising, bright and optimistic. It is taking its rightful place in the international community and everyone is seeking good ties with us."

Aisha, along with her brothers Hannibal and Mohammed, mother Safi and several other family members fled to Algeria in August. Algerian sources said she gave birth to a daughter shortly after arriving in the country.

Aisha largely stayed out of politics but after the uprising began against her father's rule she appeared at pro-Gaddafi rallies in Libya.


http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8823621/Col-Gaddafis-children-factfile.html

 


読んだらクリックお願いします。


にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カダフィの子供達ーCol Gaddafi's Children: Factfile

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

カダフィの息子SAIF AL-ISLAMの指がない

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

殺されたカダフィの処女親衛隊メンバー達

ガダフィには、このように処女の女性達だけで結成されている取り巻き親衛隊がありました。

外資系フライトアテンダントのブログ

カダフィ死後、彼女達の何人かが殺されたようです。

外資系フライトアテンダントのブログ

外資系フライトアテンダントのブログ

彼女達も、ガダフィによって運命を操られた犠牲者だと思います。



読んだらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ガダフィのFamily Tree、カダフィの子供達はどうなったのか


リビアのガダフィは殺されましたが、子供達はどうなったのでしょう。

BBCのサイトにその答えがありました。


ガダフィってこんなにたくさん息子ばかりいたんですか。

私が知っているのは、この中の何人かしかいません。

UAE大使館職員から、娘の母親とAISHAは湾岸諸国のどこかの国が受け入れるらしいと書きました。

どの国が受け入れるのか、国名は公表しないようです。

日本のメディアは、この湾岸諸国が受け入れるという事を書いているのでしょうか。

二男のSAIFが国際指名手配されていますが、隣国に逃げているとか、逃げようとしているとか、そういう話を見かけます。

BBCのサイトでは、上と同様の写真をクリックすると、その人のプロフィールが現れる設定になってますので、ここにサイトアドレスを貼り付けておきます。

興味がある人は訪れてみてください。

http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12531442


読んだらクリックお願いします。


にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

リビアのガダフィの妻と娘アイシャの亡命先が湾岸諸国に決定

面白い話が入ってきました。

UAE大使館の職員とリビアについて話をしていた時のことです。

私:「ガダフィの奥さんと娘達、まだお隣の国に逃げているのかな。」

そう言うと、その人はこう言いました。

「カダフィの妻と娘は湾岸諸国のどこかの国が受け入れるって決まったよ。」

私:「嘘???その情報、全く知らなかったわ。っで、湾岸諸国のどの国なの?」

彼:「どの国かは公表しないようだ。」


ふ~ん、面白いことになりましたね。

個人的にはドバイが亡命先ではないか、と思っているのですが。(笑)

カタールはリビアを攻撃したので、絶対カタールに亡命しないと思っています。

ドバイは、なぜか悪いと言われている人を受け入れます。

パキスタンのブッド女史は、ドバイに凄い豪邸を持っています。

ブログに写真を貼りつけましたが、その内容はこちらから御覧いただけます。

ドバイの大豪邸の写真ー誰の邸宅かわかりますか?

ブッドさんも私腹をたんまり肥やしましたね。

こんな豪邸をドバイに持っているなんて。

暗殺された後、誰が住んでいるんでしょう。

タイのタクシン元首相もドバイに住んでいます。

村上ファンド関係の日本人も、ドバイに逃げてきているそうですね。

その他、いろんな「悪い人」と言われている人達が、ドバイに潜伏しています。


このガダフィの妻と娘と、多分産まれたばかりの赤ちゃんは、UAEに亡命するのではないか。

そう思っているわけですが、国名は教えてもらえませんでした。

5男とレバノン人の妻も一緒なのか、それとも彼らは一緒に亡命できないのか、その辺りはわかりません。

5男の妻の写真、もう時事ニュースで御覧になりましたか?

なんかピンク、ピンク、ピンク色のファッションが好きなようで。(笑)

後で五男のビッチな妻の写真を貼り付けようと思います。(笑)



ガダフィ死亡後も、なにかとこの家族は話題になるようで。(笑)

日本も独裁者の家族の贅沢三昧の様子とか、亡命の話とかのニュースを流せばいいのに。



読んだらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク