FC2ブログ

格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
満席 FREEJ フリージ くまモン MBA ハローキティ 歌手 カタール航空 国交断交 スターアライアンス Silence 外海町 遠藤周作 沈黙 サイレンス 国王 サルマン 秋葉原 手相 玉の輿 スポーツ ジェット噴射 海上 消防士 消火活動 胴体着陸 火災 事故 ポルシェ マラドーナ プロ野球 ハンカチ王子 湖池屋 日清食品 ポテトチップス トムヤングン カップヌードル オブジェ マクラーレン ハマド国際空港 特別機 ダッカ グルシャン 外交地区 日本政府 ヤフー 自動車税 プロポーズ ダイバー ブルジュ・アル・アラブ お菓子 デザート 三菱重工 火星 ロケット 火星探査 PointsHound IKEA 家具 バーレーン Kingdom Sheikhdom パームジュメイラ シーア派 スンニ派 お葬式 タワーパーキング スマートウォッチ 警告音 ASUS タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター 警察犬 松尾警察犬訓練所 訓練士 チワワ ペット Lollipop バンド 解禁 GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 ゴミ 花見 スイス ノートブック スポーツカー コックピット チャリティ バーガー 家政婦 移民 メイド 徴兵 リー・クワンユー ビジネスマン SIMORE ミスユニバース 日本代表 混血 新婚 QUEEN ペルシャ ボリウッド フレディ・マーキュリー AIDS ANA 月給 糖分制限 カロリー コンドミニアム 高層マンション マリーナ 不動産価格 新興国 万里の長城 イラク 国境 ISIS Mashallah アル・ジャジーラ ステッカー 誕生日 AMAZON 住所 私書箱 LG ブレスケア 文具 電化製品 ぺんてる 直行便 身元確認 他人名義 投資銀行 トレーダー 役員 CEO 結晶 アザーン 女性専用 イスラム法 イスラム国 ドライアイス ジップロック 駐在員 注意喚起 空爆 有志連合 撤退 ヴァージンアトランティック 日本路線 身代金 渡航中止 援助金 シルバーウィーク 夏時間 海外旅行傷害保険 カレンダー ジャーナリスト 外務副大臣 拉致 アナウンス 拍手 誘拐保険 フィフィ 誘拐 SNS 危機管理 ランタンフェスティバル 異国情緒 ビオレ Biore コスモス 北海道 出前一丁 花王 Kao Redoxon ビタミンC シェイクダム 王国 スデイリセブン バハレーン メッカ OLYMPUS 錦織圭 TIME 表紙 新聞社 暴力 風刺画 石油 免除 富裕層 天然ガス エアアジア DUAL SIM2枚 整備士 社会進出 スカーフ タクシー オリエンタル ランドセル カレー 親日家 ケーキ ナショナルサービス インフラ 国体 AU がんばらんば アート 大学教授 ハロー注意報 成田空港 非常口 フィリピン航空 高速道路 水害 Eid キッザニア Maryam 首長家族 Sheikha マレーシア航空 ウクライナ スーパーカー ラクダ 警察車両 ドバイ警察 女装 物乞い 慈悲 スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 結核 乗客 LFA 車高 車幅 坂道 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 色鉛筆 新幹線 ポカリスエット 大塚製薬 オロナミンC ドバイ湾岸地方 スティーブ・ジョブズ テロリスト タリバン FIFA 人口雲 捕虜 CNN コスプレ USBケーブル ワールドカップ ブラジル キャプテン 中国語 OCTOPUS NFC おさいふケータイ グラバー園 昇級テスト リンガー亭 フリーメイソン 握手 指輪 都市伝説 秘密結社 和菓子 白餡 スーパーマーケット 果物 Ghibli イタリア語 民族衣装 セーフティカード 外出禁止令 おくれ毛 茶髪 髪の毛もどし 金髪 就職活動 生協 飲食業 ヘアスタイル 小保方晴子 事件 眉毛 人材 サイバー事件 無罪 裁判 警視庁 表情 片山祐輔 キャンセル 夜間外出禁止令 ヨーグルト 一村一品 OTOP 首相 香港航空 スカイマーク 世界の中心 ロシア人 ドラえもん 西太后 高円宮家 あいしんかくら・けんき 婚約 愛新覚羅顕琦 マタ・ハリ 川島芳子 かき氷 気温 責任 判断ミス ミニスカート 社長 株主総会 MCC スカート丈 水上モーターボート 結婚式 プロモーション Prestige コロナウイルス 試験官 紛失 中東呼吸器症候群 教科書 チャット メッセージ 電話番号 333 病欠 バニラ航空 ベトナム 大金 バーツ ボルト キャップ ディーラー ファンドHSBC ECONOMIST 雑誌 小学一年生 法定速度 パトカー 交通事故 鑑識 旅館 早岐 ハウステンボス 茶市 削除 容量 SDカード ミュージック CD ノリノリ ディスコ 美容整形 キレーション 身体検査 洗車 スタンバイ 梅の花 医療 Boots Euthyrox 薬局 バムルングラード チラージン Levothyroxine 甲状腺 東日本大震災 厚生省 保険会社 健康診断 軍艦島 仏教 進撃の巨人 飛行機事故 マニア 機内サービス 補償 ワルシャワ条約 モントリオール条約 火球 会談 ハイヒール 英国王室 芝生 外遊 ジョージ王子 Nol Octopus メトロ Felica 竹崎蟹 マカオ 売春婦 PIMP ミリオネア 大王製紙 ラジオ体操 爆睡 血液検査 カステラアイス ニューヨーク堂 スカイマーシャル エアマーシャル 会議 クルーバス 修学旅行 趣味 ショッピングモール ライト レモン 芳香剤 金券 医療費 恩恵 マイレージ会員 ツアーコンダクター スリット 負の連鎖 品格 同業者 セクハラ パワハラ ワーキングホリデー キャピタルゲイン 永住権 医療制度 フジテレビ やらせ ノンストップ! クレーマー 検索エンジン アカウント グーグル 皇居 三種の神器 震源 増税 消費税 衛星 マレーシア航空機 自衛隊 捜索 クリス・パッテン総督 英国領 儲かる情報 高級車 MNP 軽自動車 鳥栖 アウトレットモール フードコート COACH スポーツモード 言葉使い 小龍包 ホイール 小長井 焼き牡蠣 修道女 スター クリスティーナ・スクッチャ アリシア・キーズ JCB UnionPay DMM 清原 FOREX 犯罪者 為替どっとコム タイミング safeTstep Aerosoles 滑らない靴 Payless ローヒール ザ・シークレット 豪華客船 週刊ダイヤモンド 観光列車 価格満足度 家事 ベビーシッター フィリピン人 広報 池上彰 韓国料理 ウイリアム王子 サルマン皇太子 バケーション モルディブ B777 サンドアート 祈祷師 砂絵 地震対策 航空学校 ネパール ブラックマジック 黒魔術 STAP細胞 ベートーベン 村河内守 科学者 論文 チャカ・カーン ワンタンヌードルスープ 黒酢 到着ロビー マレーシア航空事故 ビーコン スライド レスキュー隊 ラフト 行方不明 クアラルンプール Delay 北京 発砲 送料無料 ネットショッピング マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン Bitcoin 取引所 イスラム同胞団 オーバーブッキング 鉄砲 火縄銃 日系人 シャワー B787 空気 湿度 リンゴ アフリカ Apple 加湿器 アイスバケット 湯気 アブダビ首長国 米国海軍 マウントゴックス 仮想通貨 ANXBTC 牛乳 縦列駐車 ココウォーク クランク 自動車学校 ドバイ皇太子 アブダビ皇太子 二足ロボット 花束 リゾート ボディガード 早稲田大学 ニナ・リッチ シャイラ ヒジャブ 早稲田 ロボット MtGox スカイプ 取引停止 Skype 2枚 エクスペリア 君が代 便座 TOTO 大学制度 初フライト ベーグル フィラデルフィア クリームチーズ メダル マレーシア オリンピック ソチ パリス・ヒルトン セントラル地区 J.P.Morgan ドバイ空港 ベリーダンス アラビック 免税店 NXB DXB Spinneys ベーコン 豚肉 国名 牛肉 ミッション クラウン ドラマ アスリート IPアドレス タダ乗り ソーブ Thobe 噛む 選手村 竹田恒泰 ブーツ 観光 高須クリニック 学習帳 ジャポニカ ドバイ首長 ドーピング Godolphine 競馬 バナー 資生堂 URL ブルジュ・カリファ ブルジュ・ハリファ サービスフィー パーム・ジュメイラ Emaar 銃殺刑 従業員 スウェーデン 妊娠 女性従業員 権利 兵役制度 憲法 税務署 淡路恵子 デヴィ 着物 内閣府職員 ゴムボート 北九州 ストレステスト 都知事選 ヌード デヴィ夫人 田母神敏雄 スカルノ インドネシア 石原慎太郎 イモトアヤコ 高梨沙羅 五輪 オセアニア 四輪 シンボル 選手 マスコミ SOCHI De-ice 公共交通機関 雪対策 羽田空港 バスルーム ハッカー エンターテイメントシステム PANASONIC パナソニック 家電 稲垣隆 佐村河内守る ゴーストライター 大便 人権 生命保険 旧姓 緘口令 セミナー NANCY・AJRAM AMR・DIAB HAIFA キャンディーズ 伊藤蘭 水道水 ガイザー ハリファ ブルジュ 安部政権 平均給与 都道府県 株価 アナログ時計 Audi 自動 ミッフィー アラビックコーヒー 明日ママがいない CM TomoNews AC 高級水陸両用車 Panther 教習所 交通標識 免許 筆記試験 ベドウィン 預言 建物 MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 国際免許証 ナンバー 警察本部 切符 交通反則 スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 お賽銭 Edy 高校 フリーター 正社員 生涯賃金 パスタ ブロッコリー お年玉袋 ラーメン 宝物 ガーディアンエンジェル リアクション クローゼット パイプハンガー オランダケーキ 卓上カレンダー アンケート 注連縄 門松 更新 公務員 スヌーピー 新島 小笠原諸島 火山 西之島 抹茶ラテ 落し物 正直者 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 インテグラ ホンダ 80歳 傘寿 天皇陛下 独身 ヌードルバー 上海スタイルヌードル NARUMI 夕食 チーズ コラボ エアバッグ プレミアムエコノミークラス シートベルト エンターテイメント スパークリングワイン ラッチ コースター プリデパーチャードリンク PROSECCO CAVA 無料航空券 アワードポイント ジュリーック アメニティポーチ アニエス・ベー Jurlique カルチャーショック ジャンプシート 風俗店 キャバクラ 歌舞伎町 国費患者 治療 家庭教師のトライ コカコーラ 矢沢永吉 すき焼き ロミオとジュリエット ムスリムミール エジプト 東京ばな奈 源氏パイ 注意書き ウンコ座り DAMAC アライアンス ワンワールド 竹島 尖閣諸島 領土問題 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 旭日旗 日の丸 フラットメイト 水漏れ すっぴん メイク SHANE-RU 写ねーる 広東 深セン Keurig K-CUP エスプレッソ Tully's 在留邦人 信号機 消火器 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 サービス業 学歴 燃費 サイ SAI 企業名 JAPAN YAHOO LS タイ語 アラビア文字 ターミナル21 ロビンソン ソムタム パッタイ マンゴー フランス料理 フレンチ ビジネスランチ スクンビット MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ モンゴル 名古屋 ウランバートル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 サプリメント 注射 ZINC 台風30号 ハイエン ベストウエスタン スイートルーム モンスーン 熱帯低気圧 カイエン コスメ 化粧 スカート 日本国籍 社会人 エチオピア アディスアベバ 南極 なるほど・ザ・ワールド 首都 半額 クーポン お試しキット トラック 下水 汲み取り 下水処理場 ペディキュア マニキュア ネイル ネイルポリッシュ コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二回り以上若い女性とカップルになれる男性は「年収が2000万円以上か、資産を持っており、かつ魅力的な人物」

ダイヤモンドというサイトに面白い記事が載っていました。

加藤茶を理想とするな!シニア婚活に勝つ5つの心得

この中にこう書いてありました。

***************************************

重要なのが高望みしないこと。タレントの加藤茶が45歳年下である23歳(結婚当時)の女性と結婚したことはシニア男性たちから喝采を浴びたが、それはレアケース。大抵、結婚相手は5歳差以内に収まる。二回り以上若い女性とカップルになれるのは、「年収が2000万円以上か、資産を持っており、かつ魅力的な人物」(結婚相談所幹部)。自分の身の程をよく知っておくべきだろう。

***************************************

男性にとってはなかなかシビアな事が書いてありますね。(笑)

航空業界にいると、年収2000万円前後もらっている人達がけっこういます。

彼らはパイロットです。

もちろん役員やCEOになると億単位の年収になる人もいると思います。

日系の航空会社の社長の給料は低い。

外資系航空会社の場合、CEOクラスになるとX億円ではなく、XX億円という二ケタの年収やストックオプションをもらう人がいても不思議ではありません。

香港のランタオ島にはDiscovery Bayという地区があるのですが、そこには多くのパイロットやフライトアテンダント達が集中的に住んでいます。

ここの銀行の職員が教えてくれたのですが、この地区の平均給与は高いらしい。

なぜならパイロット達が多く、彼らの年収はX千万円になるから。

あるコンドミニアムにはパイロットと家族達が住んでいて、この家族達だけでこのコンドミニアムの住民の平均年収を押し上げているらしい。

それくらいパイロット達が集中的にこの地区に住んでいます。

そして彼らの年収はX千万円になるため、航空業界で仕事をすると、2000万円前後の年収をもらっているパイロット達と仕事をする事になります。

よく「パイロットと結婚したら?」と言われるのですが、一緒に仕事をしているので、かえって逆に彼らとは結婚したくないと思います。

私が思うに、フライトアテンダントとパイロットのカップルの数は少ないのではないでしょうか。

なぜ少ないのかと言うと、やはり両方とも飛ぶ仕事をしているとすれ違いが多くなるから。

夫がパイロットで妻はオフィスで働いている、妻がフライトアテンダントで夫がオフィスで働いている、この組み合わせが多いと思います。

普段、年数2000万円もらっているパイロット達と仕事をしているのですが、上にも書いてあるとおり、「魅力的な人物」でないと男性も女性も上手く行かないと思っているので、結婚相談所で2000万円以上の年収の男性を求めても、お互いにとって「魅力的」でないと、そう簡単に結婚まで行かないのではないでしょうか。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




<男は黙ってアメリカン・エクスプレス上級カード>
参照:おっ!と思われるクレジットカードベスト5
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連記事
スポンサーサイト
THEME:結婚準備 | GENRE:結婚・家庭生活 | TAGS:

香港ではUSドルと香港ドルでビットコイン購入可能に。一方シンガポールの取引所CEOは不審死

つい最近まで毎日のようにテレビニュースとなっていたビットコインですが、最近ではあまり見かけなくなりました。

しかし香港ではビットコインが購入可能となったニュースが流れています。

Bitcoin machines open in Singapore, Hong Kong

香港ではSai Wan地区の商業ビル内で購入可能のようです。

記事内にホンコンベースのアメリカ人金融コンサルタントが「 $100 Hong Kong dollars ($US13) 」のビットコインを購入したようで「試してみたかった」との事。

私も同様の事を考えています。

1~2万円分ぐらい買って、実際にどういう物か試してみようかな。

もしこの金額がふっとんだとしても、パチンコやカジノで同額を落とした物と思えば痛くない。

逆に価値が上がれば嬉しい限り。

どっちに転んでも、仮想通貨という物がどういう物なのか、学ぶ事が出来るし、良いレッスン代かなと思っています。

ただし、Sai Wan地区まで出向かなくてはいけない。

それがおっくうで嫌い。

だから、購入してみたいと思っても、全く足を運ぼうとしていません。

このままずるずると購入しないでいそうな感じ。

個人的には同様の仮想通貨は今後も出てくるのではないかと思っています。

ところでビットコインに関するニュースとして、シンガポール取引所最高経営者(CEO)のアメリカ人女性が自宅で死亡したらしい。

ビットコイン取引所の経営者オータム・ラドキーさんが不審死 シンガポール

自殺なのか、他殺なのかまだわからず「不審死」として扱われています。

このビットコイン、中国の富裕層が大量に購入したため、価格が跳ね上がりました。

またマネーロンダリングにも使われていると言われ、マフィア関係が悪い事に使っているという話も耳にします。

この不審死したCEOの死亡原因はいったい何なのでしょう。

殺された?

それとも、ビットコインが盗まれて、どうしようもなくなって自殺?←盗まれたかは知りませんよ。

いろんな憶測が飛び交っています。

日本では「通過扱いしない」というニュースが流れました。

そういう訳で、購入者、利用者はそのまま継続してサービスを受けられるようです。

そして、金融の街、香港やシンガポールでもビットコインの取引所が出来ています。

セキュリティがしっかりするようになったら、また利用者が増えるのではないかと思っています。

そして、この仮想通貨という考え方はグローバル化され、いろんな場所で使われるようになるのではないかと思っています。

まだ、いろんな問題が残っているビットコインですが、個人的には興味があります。

今後の展開に興味津々です。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




ネットショップで中国の富裕層(ニューリッチ)を狙え!

中古価格
¥1から
(2014/3/7 01:24時点)




関連記事
THEME:香港 | GENRE:海外情報 | TAGS:

エミレーツ航空CEOがモデルと不倫!?モデルから「私達は結婚したから生活費渡せ」と訴えられる

UAE・アラブ首長国連邦のドバイ首長国をベースとしている航空会社はエミレーツ航空ですが、そのCEOになるSheikh Ahmed bin Saeed al-Maktoum(シェイク アハメド ビン サイード アル マクトゥーム)が訴えられていた事をご存知でしょうか。

このSheikh Ahmedは年齢的にもそうとう遅く結婚しました。

たしか結婚は2008年だったと思います。

しかし別の女性と子供を作ったようで、その子供の年齢はその当時3歳ぐらいだったようです。

相手の女性はエジプト人モデル。

女性側は「私達は結婚したんだから生活費を払え」とこのCEOを訴えました。

このCEOは裁判所へ現れなくてはいけない日に、別の用件が出来たと言って現れなかったようです。

どうもドバイ首長で私のブログによく出てくるハムダン皇太子の父親のモハメド殿下の意向があったようです。

このCEOはモハメド殿下の叔父にあたります。

これはわざとか、それともたまたまタイミング的にそうなったのか!?

エミレーツ航空CEOはこの女性と関係があった事は認めたようですが、結婚はしていないと言い、相手の女性は結婚したと言っているようで、両者の意見が噛み合いません。

もし結婚しなくて子供まで作ったのなら、完全に不倫ですね。

エミレーツ航空は未婚の人達の性行為には厳しい態度を取り、過去に未婚で妊娠して、乗務で目的地のホテルに滞在していたフライトアテンダントがドバイに戻ると処罰されると思い、ドバイに戻れないと訴えそれがニュースになった事がありますが、CEOも同じような事をやっているじゃない。

これからは従業員達は未婚で妊娠しても、このCEOに「あなたもやったじゃない!」と強気の態度で出れますね。(笑)

結局この裁判の件、どうなったんでしょう。

お金は持っているんだから、男ならちゃんと裁判所に現れ、責任取って生活費ぐらい渡せばいいのに。

ちなみに女性側は毎年1ミリオン英国ポンド(日本円で1億6千900万円ぐらい)払えと言っています。

この金額、エミレーツ航空の乗客何人分の航空券の料金になるんでしょうね。(笑)

ずっとアップデートを待っていたのですが、なかなか目にしませんでした。

この裁判、どうなったのかご存知の中、教えてください。


Judge's fury at billionaire Arab prince after he fails to attend High Court over claims he married model in secret ceremony

・Model Nivin el-Gamal wants prince to pay maintenance for her and their three-year-old son

・Sheikh Ahmed al-Maktoum denies wedding took place - and fails to show up in court 'because ruler of Dubai ordered him to Riyadh for meeting'

By NICK ENOCH
UPDATED: 06:22 EST, 3 January 2012

A High Court judge told of his 'frustration' after an Arab prince failed to appear at a court hearing to settle a dispute over an alleged secret marriage with an Egyptian model.
Nivin el-Gamal, 35, told Mr Justice Bodey yesterday that she married Sheikh Ahmed bin Saeed al-Maktoum, chairman of Emirates Airlines, at a ceremony in London four years ago.
She wants the judge to rule that a marriage took place, declare it null and void and therefore put her in a position to claim maintenance.
But just moments before Sheikh Ahmed, whose airline sponsors Arsenal, was due to give evidence, his lawyer claimed his client had been ordered to stay in Dubai by the country's ruler to attend a political meeting.

Judge s fury at Arab prince who failed to attend hearing over secret wedding claim Mail Online

His counsel Martin Pointer QC said he was 'unable to attend' as he had 'no practical choice' but to attend the Gulf Cooperation Council Summit (GCC) in Riyadh.
Sheikh Ahmed, who is a member of the royal family of Dubai, has denied the claim made by Miss el-Gamal and said no ceremony took place.
Mr Pointer said the case would continue without his client's oral evidence.
The judge said: 'Why is it suddenly sprung on the court on Monday morning seconds before he comes into the witness box?
'Provision could have been made for a video link.'

'He is unable to attend to give evidence,' said Mr Pointer. 'He has been recalled by the ruler of Dubai to attend the GCC meeting in Riyadh.'
Mr Pointer added: 'My client intends no disrespect at all to your lordship by not being here.'
Richard Todd QC for Miss el-Gamal who claims she married the Sheikh in a secret ceremony in January 2007 said it was 'a very dramatic development indeed'.
He added: 'We are frankly dumbfounded by this turn of events.'
Mr Pointer, who said the Sheikh would not now be coming to England to give evidence, then began his final legal submissions claiming there was 'no evidence' that the 'marriage' ever took place, apart from the 'self-serving evidence' from Miss el-Gamal.

Judge s fury at Arab prince who failed to attend hearing over secret wedding claim Mail Online 1

There was no independent record and no evidence from the Imam who was said to have conducted the service or from the witnesses who were said to be there.
Last week, Miss el-Gamal was branded a liar who invented the 'marriage' in a bid to get £1million a year maintenance from him.
In what Mr Todd described as 'the case of the Prince and the pauper', she is seeking a declaration that the 'marriage' should be declared null and void.
But the Sheikh denies they were ever married although they did meet for sex and have a three-year-old son born in the U.S. in April 2008.
The Sheikh, worth an estimated £19billion, is the uncle of Dubai's ruler Sheikh Mohammed bin Rashid.
Mr Pointer claimed she was only an 'irregular' sexual partner of the Sheikh and 'had a fantasy that he would marry you'.
But Miss el-Gamal claims she bought a traditional wedding dress from Harrods in 2003 to have pictures taken of the occasion - although because it was a secret wedding he told her to dress simply, and the dress hung in her wardrobe for years.
Mr Todd told Mr Justice Bodey that the Sheikh also gave her a £30,000 dowry and 34,000 Egyptian pounds to buy a gold wedding ring with 17 diamonds. He also gave her a Bulgari watch.
But he added that after they split up, she was living on benefits of £110 a week and had to sell the ring and watch to make ends meet.
He said the Sheikh had since been making interim maintenance payments to her and their son.
Mr Todd said the couple first met in Dubai in 2003.
Their relationship ended at the beginning of 2005 but they met again in April 2006 and resumed their relationship.
The daughter of a prominent Egyptian businessman said the Sheikh first claimed he asked her to marry him in a telephone call from Dubai, and they married in December 2006.
But later she changed the marriage date to January 11, 2007 at his flat in Lowndes Square, Knightsbridge.
Mr Pointer said to her in the witness box: 'You were not his girlfriend were you? You just met irregularly and had sex together.'
But she insisted: 'No we had a relationship.'

Judge s fury at Arab prince who failed to attend hearing over secret wedding claim Mail Online 2

But when Mr Pointer said they never went out in London, to the theatre , cinema , or to parties or dinner parties , she said it was their culture that men had a 'separate life' to their women, who did as they were told.
She said that was why she never wore the wedding dress she brought to the wedding ceremony, because he wanted it kept secret and told her to dress simply.
She claims the marriage took place before an Imam and two witnesses at his flat after he told her 'he was really in love with me and wanted to get married'.
She claimed in a witness statement that the witnesses had signed a paper after the marriage.
But when Mr Pointer said this was a lie, she admitted it was 'untrue'.
Mr Pointer claimed they only met up for sex 'after which he gave you sums of money'.
She said he did give her money and gifts but she also bought him gifts because of the relationship they had. She denied seeing other men .
She claimed she bought the Sheikh a number of gifts including a £7,000 Louis Vuitton diamond necklace, a £24,000 Cartier watch, cufflinks, pyjamas from Harrods and a coffee machine.
Miss el-Gamal admitted she had one other boyfriend while they were apart between 2005 and 2006.
She said she had a lot of friends but no other sexual relationships during this time.
She also maintained she was still a Muslim after Mr Pointer said she was now following the Jewish religion Kabbalah.

Mr Todd told the judge she believed she had gone through a proper and valid marriage with the Sheikh.
But the relationship broke down in 2008 after he announced he was marrying a cousin in Dubai.
She claims he telephoned her in July 2008 and did a Talak divorce [by repeating the phrase 'I divorce you' three times] over the telephone saying they were now divorced.
Miss el-Gamal claimed the marriage ceremony took about 30 minutes before the Imam.
She said two people who worked for him acted as witnesses. But nothing was written down because he wanted it kept secret.
The judge said the question for him was not whether it was valid , because it was not under English law, but whether anything happened at all.
If there was no marriage then it would have financial consequences for Miss el-Gamal.
Mr Todd said it was her belief that they were married under Islam and that it would be recognised as valid in English law.
The judge commented if it did not meet the requirements of English law it would be a void marriage.
He also commented on the 'eye-watering' legal costs being run up by the case.
The judge is only being asked to decide whether there was a marriage at this stage. All questions of maintenance will be dealt with at further hearings next year.
Lawyers are due to conclude legal argument at a hearing in London tomorrow and expect the judge to make a decision in the next few days.

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2076505/Judges-fury-Arab-prince-failed-attend-hearing-secret-wedding-claim.html


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ






外資系・国内系エアライン客室乗務員(地上職)に一ヵ月で合格する本2015年度版 (エアラインシリーズ)

新品価格
¥1,890から
(2014/3/3 18:36時点)



関連記事
THEME:アラブ首長国連邦 | GENRE:海外情報 | TAGS:

カタール航空CEO、スウェーデンメディアの「カタール航空従業員に対する不当な扱い」という内容に異議を唱えるーQatar Air CEO refutes staff claims in Swedish media

少々不思議な事が起こっています。

最近と言っても2014年2月7日に記事になっているのですが、カタール航空CEOであるAkbar Al Baker氏がスウェーデンメディアが主張する不当な従業員の扱い方に対して異議を唱えている内容のサイトがなかなか表示出来ません。

そこでキャッシュという形で検索を入れると、出てきました。

これはArabianBusiness.comというサイトが書いた記事で、このブログの一つ前の記事も同じサイトが書いた物でした。

私生活までコントロールしようとするカタール航空「女性従業員は結婚したいなら会社から許可を取れ」

このサイト、本当にいろんな内容をずばっと書いていて、私はよく読んでいます。

そして今回のカタール航空CEOによる不当な従業員の扱いについての話、つい何日か前までは普通に読む事が出来ました。

ところが今日、そのサイトを開けようとすると、そのサイトが開かないんです。

これはカタール航空側が消しにかかったのか!?

そこでキャッシュをこのブログでご紹介します。

この件について、元従業員が「この話は本当だ!」とコメントを入れています。

そして私もこの記事は正しいと思っています。

簡単に内容を言うと、「カタール航空は警告なしに従業員を首にする。」という内容です。

それに対してこのCEOは「従業員のパフォーマンスが悪いから」と言っています。

私としては「はぁ?今、何かいいました?あなたはいろんな理由で従業員を首にしているではないですか。」と言いたい。

私がここで日本語に訳するより、英語の原文をお読みください。

その方がわかりやすいと思います。

以前、カタール国外交官のカタール君とこのCEOについて話したのですが、彼曰く「カタール航空CEOはカタール人ではない。みんな勘違いしているが、このAl Bakerという名前はカタールの部族名ではない。彼はインド人だ。」との事。

そして前回カタールを訪れた時、同じ質問をカタール人にしたのですが、「彼はカタール人ではない。インド人!多分、長い間カタールに移り住んだから、本人はカタール人みたいな格好をしているだけの話。こんな名前、カタール人にはない。」との事。

インド人がずっと昔にカタールに移り住んできて、まるでカタール人みたいな格好をしてビジネスをしていますが、彼はインド人。

まぁ、たいしかにこうやって見ると、インド人に見えるわな。

カタール航空CEO 1

カタール君曰く、「なぜこの人がカタール航空のCEOになったのかと言うと、やはりビジネスの面では手腕を発揮できる人だから。僕は彼と会った事があるけど(話はしていない)、好きなタイプの人ではない。」と言っていました。

カタール大使とこのCEOが話しをしていた時、側にいて話を聞いていたそうですが、やはり好きになれないらしい。

そして私が冗談で「カタール航空に移ろうかな」と言うと、「絶対に君はこの会社を好きになれないだろう」と言いました。

私もそう思います。(笑)

知れば知る程、このカタール航空のCEOが嫌いになります。

従業員はがんばって仕事をしていると思いますが、このCEOはこの会社を私物化していると思う。

しかし、会社のトップとして、飛行機に乗せる雑誌や新聞の量を減らし、経費削減などを行い、会社のお金の流れを公表してワンワールドというアライアンスに入り込みました。

ワンワールドのメンバーになるには、会社の会計の透明性など、いろんな事をクリアーしなくてはいけません。

エミレーツ航空は会計の透明性がないので、実際にどういう風に会社が運営されているのかがわからないと言われていますが、カタール航空はお金の流れを見せた。

そしてやっとワンワールドのメンバーの仲間入りをしました。

そういう事を考えると、なかなかやり手のCEOだと思いますが、従業員の労働条件は最悪です。

これが我が社だったら、すぐに従業員から訴えられて、裁判沙汰になっている事案がいくつある事か。

その一つが「妊娠したら首」とか「入社後、5年間は結婚出来ない」とか、従業員の人権無視でこういうやり方で人を雇っている事。

それでは私が長々と書くより、まずは記事をお読みください。

私はキャッシュという形でしか開けませんが、もし「普通に開けます」という方がいらっしゃいましたら、ご報告ください。


Qatar Air CEO refutes staff claims in Swedish media

By Andy Sambidge
Friday, 7 February 2014 10:49 AM

カタール航空CEO

The CEO of Qatar Airways has dismissed claims made in a Swedish newspaper that alleged unfair treatment of its employees.

The article in the Expressen newspaper was based around the experiences of three unnamed former employees of the airline – two cabin crew members and one pilot.

They told tales of punishments for breaking curfews, being under constant surveillance, and facing restrictions on relationships between crew members.

Employees could also be fired with no warning, they said.

But Qatar Airways CEO Akbar Al Baker said the reporter who wrote the article was "throwing stones for no reason at all".

When asked to respond to the allegations, Al Baker was quoted by Qatar Today as saying: “Like any other organisation, we terminate nonperforming employees and these are allegations made by ex-QA staff."
He added: "This is not against Qatar Airways but against my home country. They are throwing stones at my country for no reason at all.”

Responding on Twitter to the remarks by Al Baker, Swedish journalist Johanna Karlsson said: “Not everyone interviewed in the piece are, to use Al Baker's words, terminated crew.”

In the Espressen story, a Qatar Airways spokeswoman said that the airline couldn’t comment on the allegations made, as the former staff members involved were unnamed.

The media report follows claims last year by an international labour union which criticised Qatar’s national carrier.

The International Transport Workers’ Federation (ITF) slammed Qatar Airways for certain stipulations found in the standard hiring contracts for female cabin crew members, including the need to apply for permission before getting married.

The ITF lobbied the ICAO (the International Civil Aviation Organization) to take action on what it termed “flagrant abuses of aviation workers’ labour rights” by carriers based in Qatar and the UAE.

http://www.arabianbusiness.com/qatar-air-ceo-refutes-staff-claims-in-swedish-media-537647.html

この記事に対してのいくつかのコメントをご紹介します。

あれ、あれ、あれ???

さっきまであったコメントが読めるキャッシュが消えているぞ!

Error 404 Not Found big

もともとキャッシュはこうなっていました。

写真の部分は消えていますが、上に貼り付けた白黒写真が貼ってありました。

Qatar Airways CEO old article

そして、いきなり今度は元記事を載せていたArabian Businessというサイトがこう変わりました。(キャッシュではなくオリジナルのサイトアドレス)

写真が変わっている!

そしてコメントも消えている上、左側のFACEBOOKやツイッターの数も「ゼロ」になっているではないか!

Qatar Airways CEO new article

ちなみに新しくなったサイトの内容はこうです。


Qatar Air CEO refutes staff claims in Swedish media

Newspaper quotes employees telling tales of being under constant surveillance and punishments for breaking curfews.

Qatar CEO

Published: 9 February 2014 - 4:18 a.m.
By: Andy Sambidge
The CEO of Qatar Airways has dismissed claims made in a Swedish newspaper that alleged unfair treatment of its employees.

The article in the Expressen newspaper was based around the experiences of three unnamed former employees of the airline – two cabin crew members and one pilot.

They told tales of punishments for breaking curfews, being under constant surveillance, and facing restrictions on relationships between crew members.

Employees could also be fired with no warning, they said.

But Qatar Airways CEO Akbar Al Baker said the reporter who wrote the article was "throwing stones for no reason at all".

When asked to respond to the allegations, Al Baker was quoted by Qatar Today as saying: “Like any other organisation, we terminate nonperforming employees and these are allegations made by ex-QA staff."

He added: "This is not against Qatar Airways but against my home country. They are throwing stones at my country for no reason at all.”

Responding on Twitter to the remarks by Al Baker, Swedish journalist Johanna Karlsson said: “Not everyone interviewed in the piece are, to use Al Baker's words, terminated crew.”

In the Espressen story, a Qatar Airways spokeswoman said that the airline couldn’t comment on the allegations made, as the former staff members involved were unnamed.

The media report follows claims last year by an international labour union which criticised Qatar’s national carrier.

The International Transport Workers’ Federation (ITF) slammed Qatar Airways for certain stipulations found in the standard hiring contracts for female cabin crew members, including the need to apply for permission before getting married.

The ITF lobbied the ICAO (the International Civil Aviation Organization) to take action on what it termed “flagrant abuses of aviation workers’ labour rights” by carriers based in Qatar and the UAE.

http://arabianindustry.com/aviation/qatar/news/2014/feb/9/qatar-air-ceo-refutes-staff-claims-in-swedish-media-4592887/#close

あれ?

やっぱり、なぜ写真が変わって、コメントが消えた上、フェイスブックの「いいね」の数もゼロになっていますね。

これは何かが動いていますね。

ちなみにコメント欄には元従業員からいろんな事が書かれていました。

読んだ私は耳にした事がある内容ばかり並んでいたので、彼らは従業員だったんだろうと思っていました。

ところが全て消されている。

これは何かの圧力がかかっているような気がします。

オリジナルを読めた私はラッキーだわ。

みなさんにも是非コメントを読んでいただきたかったのですが、消されてしまいました。

やっぱりこういう記事はちゃんとブログなどに転写して残した方がいいですね。

今度、また興味深い記事を見つけたら、すぐにこのブログでもご紹介しようと思います。

それにしてもArabianBusiness.com、よくがんばってるなぁ。

この調子で、どんどん書いて欲しい。

そして圧力に負けないで欲しい。

応援しています。


関連記事:

私生活までコントロールしようとするカタール航空「女性従業員は結婚したいなら会社から許可を取れ」


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ










関連記事
THEME:カタール | GENRE:海外情報 | TAGS:
Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。