格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
歌手 カタール航空 国交断交 スターアライアンス 遠藤周作 サイレンス 外海町 沈黙 Silence 秋葉原 国王 手相 サルマン 玉の輿 海上 ジェット噴射 スポーツ 消火活動 消防士 胴体着陸 事故 火災 プロ野球 マラドーナ ハンカチ王子 ポルシェ 日清食品 カップヌードル ポテトチップス 湖池屋 トムヤングン ハマド国際空港 マクラーレン オブジェ 日本政府 外交地区 特別機 グルシャン ダッカ 自動車税 ヤフー プロポーズ ブルジュ・アル・アラブ ダイバー デザート お菓子 三菱重工 ロケット 火星探査 火星 PointsHound 家具 IKEA Sheikhdom Kingdom バーレーン シーア派 パームジュメイラ スンニ派 お葬式 タワーパーキング スマートウォッチ 警告音 ASUS タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター チワワ 松尾警察犬訓練所 ペット 警察犬 訓練士 Lollipop 解禁 バンド GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 花見 ゴミ ノートブック スイス スポーツカー コックピット バーガー チャリティ メイド 家政婦 徴兵 リー・クワンユー 移民 SIMORE ビジネスマン 混血 日本代表 ミスユニバース 新婚 QUEEN ペルシャ AIDS フレディ・マーキュリー ボリウッド ANA 月給 糖分制限 カロリー 新興国 コンドミニアム マリーナ 高層マンション 不動産価格 イラク 国境 ISIS 万里の長城 ステッカー Mashallah アル・ジャジーラ 私書箱 住所 AMAZON 誕生日 LG 文具 電化製品 ブレスケア ぺんてる 直行便 身元確認 他人名義 投資銀行 トレーダー CEO 役員 結晶 女性専用 アザーン イスラム法 イスラム国 ドライアイス ジップロック 注意喚起 駐在員 有志連合 空爆 日本路線 ヴァージンアトランティック 撤退 渡航中止 身代金 援助金 夏時間 海外旅行傷害保険 カレンダー シルバーウィーク 拉致 ジャーナリスト 外務副大臣 拍手 アナウンス フィフィ SNS 誘拐 危機管理 誘拐保険 異国情緒 ランタンフェスティバル 北海道 出前一丁 Biore コスモス 花王 Kao ビオレ Redoxon ビタミンC スデイリセブン シェイクダム バハレーン 王国 OLYMPUS メッカ TIME 表紙 錦織圭 新聞社 暴力 風刺画 富裕層 天然ガス 免除 石油 エアアジア SIM2枚 DUAL 社会進出 整備士 スカーフ タクシー オリエンタル カレー 親日家 ランドセル ケーキ ナショナルサービス 国体 AU インフラ がんばらんば アート 大学教授 ハロー注意報 非常口 フィリピン航空 成田空港 水害 高速道路 Eid キッザニア 首長家族 Sheikha Maryam ウクライナ マレーシア航空 ドバイ警察 ラクダ スーパーカー 警察車両 物乞い 女装 慈悲 スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 乗客 結核 坂道 車幅 車高 LFA 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 新幹線 色鉛筆 ポカリスエット オロナミンC 大塚製薬 ドバイ湾岸地方 スティーブ・ジョブズ FIFA タリバン CNN 人口雲 捕虜 テロリスト コスプレ USBケーブル ワールドカップ キャプテン ブラジル 中国語 OCTOPUS おさいふケータイ NFC 昇級テスト グラバー園 リンガー亭 握手 指輪 都市伝説 秘密結社 フリーメイソン 和菓子 スーパーマーケット 白餡 果物 Ghibli イタリア語 外出禁止令 民族衣装 セーフティカード 茶髪 生協 就職活動 ヘアスタイル 髪の毛もどし おくれ毛 飲食業 金髪 小保方晴子 事件 裁判 眉毛 表情 片山祐輔 人材 無罪 サイバー事件 警視庁 夜間外出禁止令 キャンセル OTOP 一村一品 首相 ヨーグルト スカイマーク 香港航空 ロシア人 世界の中心 ドラえもん 西太后 マタ・ハリ 愛新覚羅顕琦 婚約 高円宮家 川島芳子 あいしんかくら・けんき かき氷 気温 責任 判断ミス MCC ミニスカート スカート丈 社長 株主総会 結婚式 水上モーターボート プロモーション Prestige 試験官 中東呼吸器症候群 紛失 コロナウイルス 教科書 チャット 333 メッセージ 電話番号 バニラ航空 病欠 大金 ベトナム バーツ キャップ ディーラー ボルト 雑誌 ECONOMIST ファンドHSBC 鑑識 法定速度 パトカー 交通事故 小学一年生 ハウステンボス 早岐 旅館 茶市 SDカード 削除 容量 ミュージック ディスコ CD ノリノリ キレーション スタンバイ 洗車 身体検査 美容整形 梅の花 医療 バムルングラード チラージン 薬局 Euthyrox Boots Levothyroxine 甲状腺 厚生省 東日本大震災 保険会社 健康診断 仏教 進撃の巨人 軍艦島 マニア 機内サービス 飛行機事故 ワルシャワ条約 モントリオール条約 補償 火球 芝生 会談 外遊 英国王室 ハイヒール ジョージ王子 メトロ Nol Octopus Felica 竹崎蟹 PIMP ミリオネア マカオ 売春婦 大王製紙 ラジオ体操 爆睡 血液検査 カステラアイス ニューヨーク堂 スカイマーシャル エアマーシャル クルーバス 会議 修学旅行 趣味 ショッピングモール ライト 芳香剤 レモン 金券 医療費 マイレージ会員 恩恵 ツアーコンダクター 品格 スリット 負の連鎖 セクハラ パワハラ 同業者 永住権 医療制度 ワーキングホリデー キャピタルゲイン 検索エンジン クレーマー やらせ フジテレビ ノンストップ! グーグル アカウント 皇居 震源 三種の神器 消費税 増税 自衛隊 衛星 捜索 マレーシア航空機 クリス・パッテン総督 英国領 軽自動車 高級車 儲かる情報 MNP アウトレットモール 鳥栖 フードコート COACH スポーツモード 言葉使い ホイール 小龍包 焼き牡蠣 小長井 修道女 スター クリスティーナ・スクッチャ アリシア・キーズ UnionPay JCB 清原 FOREX 犯罪者 為替どっとコム DMM タイミング Aerosoles 滑らない靴 safeTstep ローヒール Payless ザ・シークレット 観光列車 価格満足度 週刊ダイヤモンド 豪華客船 家事 ベビーシッター フィリピン人 池上彰 広報 韓国料理 サルマン皇太子 モルディブ バケーション ウイリアム王子 サンドアート 砂絵 祈祷師 B777 地震対策 航空学校 ブラックマジック ネパール 黒魔術 ベートーベン チャカ・カーン 科学者 STAP細胞 村河内守 論文 黒酢 ワンタンヌードルスープ 到着ロビー マレーシア航空事故 レスキュー隊 スライド ビーコン ラフト 行方不明 北京 クアラルンプール Delay 発砲 送料無料 ネットショッピング Bitcoin 取引所 マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン イスラム同胞団 オーバーブッキング 日系人 火縄銃 鉄砲 湿度 シャワー 空気 B787 アフリカ リンゴ Apple 湯気 アイスバケット 加湿器 アブダビ首長国 米国海軍 仮想通貨 ANXBTC マウントゴックス 牛乳 ココウォーク 縦列駐車 自動車学校 クランク ドバイ皇太子 アブダビ皇太子 ボディガード 二足ロボット リゾート 早稲田大学 花束 ニナ・リッチ シャイラ ヒジャブ 早稲田 ロボット Skype 取引停止 MtGox スカイプ 2枚 エクスペリア 君が代 TOTO 便座 大学制度 初フライト フィラデルフィア クリームチーズ ベーグル ソチ メダル マレーシア オリンピック パリス・ヒルトン セントラル地区 J.P.Morgan 免税店 ドバイ空港 アラビック ベリーダンス DXB NXB 豚肉 Spinneys 牛肉 ベーコン 国名 ドラマ ミッション クラウン アスリート IPアドレス タダ乗り ソーブ 噛む 選手村 竹田恒泰 Thobe 観光 ブーツ ジャポニカ 学習帳 高須クリニック ドバイ首長 Godolphine 競馬 ドーピング バナー 資生堂 URL サービスフィー ブルジュ・ハリファ パーム・ジュメイラ Emaar ブルジュ・カリファ 銃殺刑 従業員 スウェーデン 妊娠 女性従業員 権利 兵役制度 憲法 税務署 デヴィ 淡路恵子 着物 ゴムボート ストレステスト 北九州 内閣府職員 デヴィ夫人 都知事選 田母神敏雄 ヌード インドネシア スカルノ 石原慎太郎 高梨沙羅 イモトアヤコ 五輪 四輪 シンボル オセアニア マスコミ SOCHI 選手 雪対策 羽田空港 公共交通機関 De-ice バスルーム ハッカー PANASONIC パナソニック エンターテイメントシステム 家電 ゴーストライター 佐村河内守る 稲垣隆 大便 生命保険 旧姓 人権 緘口令 セミナー キャンディーズ HAIFA 伊藤蘭 AMR・DIAB NANCY・AJRAM ガイザー ハリファ ブルジュ 水道水 平均給与 都道府県 株価 安部政権 Audi アナログ時計 自動 ミッフィー アラビックコーヒー TomoNews CM 明日ママがいない AC Panther 高級水陸両用車 免許 交通標識 筆記試験 教習所 建物 預言 ベドウィン MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 切符 国際免許証 交通反則 警察本部 ナンバー スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 お賽銭 Edy フリーター 高校 正社員 生涯賃金 ブロッコリー パスタ お年玉袋 ラーメン 宝物 リアクション ガーディアンエンジェル パイプハンガー クローゼット オランダケーキ 卓上カレンダー アンケート 注連縄 門松 公務員 更新 西之島 火山 新島 スヌーピー 小笠原諸島 抹茶ラテ 落し物 正直者 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 インテグラ ホンダ 天皇陛下 80歳 傘寿 独身 ヌードルバー 上海スタイルヌードル NARUMI 夕食 コラボ チーズ エンターテイメント エアバッグ プレミアムエコノミークラス シートベルト PROSECCO プリデパーチャードリンク コースター CAVA ラッチ スパークリングワイン アワードポイント 無料航空券 アメニティポーチ アニエス・ベー Jurlique ジュリーック カルチャーショック キャバクラ ジャンプシート 風俗店 歌舞伎町 治療 国費患者 矢沢永吉 家庭教師のトライ コカコーラ すき焼き ロミオとジュリエット エジプト ムスリムミール 東京ばな奈 源氏パイ ウンコ座り 注意書き DAMAC アライアンス ワンワールド 尖閣諸島 領土問題 竹島 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 日の丸 旭日旗 フラットメイト 水漏れ メイク すっぴん 写ねーる SHANE-RU 広東 深セン Keurig K-CUP Tully's エスプレッソ 在留邦人 信号機 消火器 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 サービス業 学歴 燃費 サイ SAI 企業名 JAPAN YAHOO LS タイ語 アラビア文字 マンゴー パッタイ ソムタム ターミナル21 ロビンソン フレンチ ビジネスランチ スクンビット フランス料理 MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ 名古屋 ウランバートル モンゴル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 注射 ZINC サプリメント ハイエン 台風30号 スイートルーム ベストウエスタン カイエン 熱帯低気圧 モンスーン 化粧 コスメ スカート 社会人 日本国籍 首都 アディスアベバ エチオピア 南極 なるほど・ザ・ワールド GROUPON クーポン 半額 パスワード スパゲティ ナポリタン 仙台 ちゃんぽん麺 お試しキット 下水処理場 トラック 下水 汲み取り マニキュア ペディキュア ネイルポリッシュ ネイル コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジアラビアのサルマン国王の手相が凄い

私は手相についての知識はありませんが、来日されたサウジアラビアの国王の手相を見て、本当に驚きました。

そして、同様の事に気づいた人がいて、ツイッター上でもその事を書いていたので、私もリツイートしたのですが、このブログにも書き留めておこうと思います。

こちらがサルマン国王の手相が見える写真です。



まっすぐ、横一直線に線が出ていて、またその横の線から手首近くまでまっすぐ一直線の線が出ている。

こういう手相、私は見たことがありません。

この手の平を見た人が、「国王になるべきだった人の手相が出ている」と言われたのですが、このまっすぐな線を見ると、運がよさそうな、力強そうな、成功者のような手相にしか思えなくなりました。

完全に洗脳されたのかもしれませが、こういう手相の人を見たことがないので、「さすが国王、手相が違う!」と思ってしまいました。(笑)

わずか2-3泊の日本滞在になったようですが、随行人が1000人以上で、サウジ特需という事でテレビのトップニュースになった国王御一行様のおかげで、サウジアラビアに興味を持った人も出たと思います。

個人的にも、サウジアラビアという国が取り上げられて、この国について知る事が出来て、とてもよかったと思いました。

ちなみに私の知り合いに「今、サウジアラビア国王御一行様と一緒にいる」とメッセージを出し、しばらくして「あれは冗談だった」と言ったら、「あなたの事だから、一緒にいても不思議ではない」と言う返事が戻ってきました。

いくら湾岸諸国に興味がある私でも、そう簡単に国王に近づく事は出来ません。(笑)

ところで、テレビのニュースが国王と一緒に来日していると思われる人達を追いかけて、何を購入しているかの映像を撮っていましたが、どう考えても重要な人達には思えませ。

本当に重要な人達は、日本政府などとの行事や仕事のミーティングで忙しかったと思います。

秋葉原に現れて買い物するかもとか言って、テレビ番組は勝手に盛り上がっていましたが、1000人もいれば、その中の何人かは秋葉原へ行ったかもしれませんが、それらが王子かもとか、玉の輿に乗れるかもとか、あまりにも想像ばかりの内容が流れてしまって、少々がっかりしました。

今回はサウジアラビアの国王の来日で、桁外れの豪華な旅になったので話題になりましたが、これがもしUAE・アラブ首長国連邦の私のドバイのハムダン皇太子ご一行様の公式訪問となれば、メディアがもっと特集を組むのではないかと思っています。

やはり、若くてハンサムで金持ちで独身の王子様が日本へやってくるとなると、日本の女性達は玉の輿を夢みるんだろうなぁ。

一応言っておきますが、ハムダンは私のものですからね。(笑)

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




サウジアラビアを知るための63章【第2版】 (エリア・スタディーズ64)

新品価格
¥2,160から
(2017/3/16 16:25時点)



関連記事
スポンサーサイト
THEME:時事ネタ | GENRE:ニュース | TAGS:

<UAE・バーレーン・サウジアラビアの関係>サウジアラビアがバーレーンでのデモ鎮圧のために軍を送った理由は「結婚」による絆

さて、ひとつ前のブログで、UAEとバーレーンの関係について書きました。

なぜUAE・アラブ首長国連邦がバーレーンへデモ鎮圧のために軍隊を派遣したのか、おわかりいただけたと思います。

表向きはシーア派が多いバーレーンでデモが発生し、シーア派のデモ隊が勝利した場合、スンニ派の国ではなくなる恐れ恐れがあるため「バーレーン国を救うため」だったと思います。

しかし、裏ではUAE副大統領でドバイ首長の「”娘婿”率いる治安部隊がうまくデモ鎮圧出来ていない。このままでは、、バーレーン王国、国王一家が危ない。娘婿達を助けなければ!」という「私情」があったと思います。

<UAE(ドバイ)とバーレーンの関係>UAE・アラブ首長国連邦とバーレーンはドバイ首長のモハメド殿下の娘とバーレーン王国の王子の結婚で強い絆が出来ている

「どうしても娘婿が率いる治安部隊を勝利に導かなくては」という思いがあったと思います。

UAE(ドバイ)とバーレーンが超仲良しになった理由、お分かりになったと思います。

それでは、なぜサウジアラビアがバーレーンにUAE同様、軍隊を送ったのでしょう。

実はこれにも「結婚」が関係していると思います。

それでは、誰が誰と結婚したのか。

どうして、この結婚が大切なのか。

今回のブログでは、そのあたりを詳しく説明しようと思います。


まず、前回のブログでUAE副大統領で、ドバイ首長のSheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum、私はこのブログでドバイのモハメド殿下と言っていますが、そのモハメド殿下にはヒンド夫人という正妻との間に数人の娘たちがいて、その娘の一人で名前はSheikhaと言いますが、彼女とバーレーン王国の王子、Sheikh Nasser bin Hamad Al Khalifaが結婚した話を書きました。

この彼はバーレーンではRoyal Guardという治安部隊のコマンダーというポジションに就いています。

国王である父親の側にも、時々その治安部隊の制服で現れています。

そして、彼の弟も同様の仕事をしている話を書きました。

この弟の名前はSheikh Khalid bin Hamad Al Khalifaと言います。

Khalid pic

写真は右、ロイヤル・ガードの制服姿のKhalid(弟)と、その隣、同じく制服姿のNasser (兄)。

Nasser and Khalid

ちなみに、何年か前の野田政権の時に、バーレーンから国王御一行様が来日した時、野田総理大臣と会談していますが、その時にもこの兄弟が国王と一緒に来日しています。

こちらは兄、Nasserが自衛隊のトップと会談した時の様子。

自衛隊トップとNasser

バーレーン国内では、弟の方も日本の自衛隊関係者とちゃんと仕事をしておりました。

Khalidと自衛隊

バーレーン国王御一行様が日本へやってきた時、この兄弟も一緒だったので、私は思わず「うわぁ、ついにこの2人も日本に来たのか!」と思い、少々嬉しかったです。

なぜなら、彼らの行動をずっと見守っていた私としては、まさか彼らが日本へやってくると思わなかったので。

国王の父親を守るのも仕事でしょうが、バーレーンの軍のトップ兄弟として自衛隊のトップともちゃんと仕事をしていたんですね。

たしか国王は国会かどこかも訪れてたと記憶しています。

バーレーン国王御一行様のニュースを日本でのテレビで見ていて、ひとりで「おぉ!あそこに立ってるじゃん!」とか、ニタニタしていました。(笑)

そして、そのニタニタの1つが、この弟のKhalidですが、結婚する前は、アラブ諸国のセクシーなアラブ男性リストに入っていたんです。

Khalid single time

こちらがそのリストです。

Sexiest Arab Men 2010

このリスト、過去のブログでも紹介しましたが、このリストにはドバイのハムダン皇太子と、そして今月の19日のお亡くなりになった兄Rashidも入っています。

このバーレーン国王子のKhalidは21位となっています。

Sexiest Arab Men 2010 2015-09-27 22-51-48

そして、今回のブログはこの弟Khalidについて書くのですが、なぜサウジアラビアがバーレーンでのデモ鎮圧のために軍隊を送ったのか、それは彼の結婚が関係していると思います。

このKhalidが誰と結婚したのか、想像出来ますか?

ずばり、故サウジアラビア国王の娘と結婚したのでした。

こちら、故サウジアラビアのアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード国王です。(2015年1月23日、死去。今は異母兄弟のサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズが国王になっており、現国王はスデイリー・セブンとして有名)

サウジアラビア国王

そして、Khalidと結婚した娘の名前はSheikha Sahab bint Abdullah bin Abdulaziz Al Saudと言います。

彼女の写真は持っているのか?

はい、持っています。

ここからがとても貴重なパートです。

サウジアラビアの女性はあまり顔を公共の場で見せません。

そして、結婚後はUAEのEmirati女性もそうですが、顔写真をネット上に流しません。

これから貼り付ける写真は、その事を考えると、とても貴重な写真です。

Khalidが結婚したサウジアラビア国王の娘はどういう感じの人なのか。

こちらが彼女自身がネット上に公開した写真です。

全体的にはっきり見えないように工夫されています。

Sabah 1

スタイルもとても良いです。

Sabah 5

そして、ちらっと横顔が見える写真もあります。

Sabah 8

しかし、実は顔がはっきり見える写真を3枚持っています。

これらは大変貴重な写真で、これ以外、顔がはっきりと見える写真は、今のところ見たことがありません。

これらは誰かが撮影した写真で、彼女自身もネット上で流す事はないでしょう。

Sabah 6

どうです、美人ですよね。

そして、こちらは現バーレーン国王の第一夫で、現バーレーン皇太子の母、Sheikha Sabeeka(またはSabikaとも書く) Bint Ibrahim Al-Khalifa 王妃と一緒の写真です。

Sabah 7

こちらはアバヤを着ていないSahab。

私服でこれだけ顔が見えている写真は、今のところ、この1枚しか見たことがありません。

sahab.jpg

バーレーンという小さく、あまりお金を持たないスンニ派の国の国王は、サウジアラビアとくっつく事によって、地位を保っています。

湾岸諸国でKingdom、王国、王制の国は、サウジアラビアとバーレーンだけ。

クウェートにも王様がいましたが、今は普通にEmir、首長だとの事。

よく、UAEのシェイク達を「国王」「王族」と言ったり、書いたりする人がいますが、UAEはKingdomではなくSheikhdomの国です。

よって、国王はいません。

首長制で、UAEの最高ポジションは「大統領」です。

マスコミやネット上の人達の中に「国王」と書いたり、言ったりする人がいますが、これは間違いです。

UAEの場合、「大統領」と「副大統領」です。

UAEに住んでいて「国王」とか言う人がいて、私としてはびっくりします。

湾岸諸国に住んでいるのなら、KingdomとSheikhdomの違いぐらい、一般教養として知っておいた方がいいと思います。(クウェートとカタールの外交官に口すっぱっく言われたので、私も書く時には注意しています。笑)


さて、サウジラビアの国王の娘と結婚したバーレーン国王の息子のKhalid、彼は兄同様、Royal Guardで兄と一緒に働いています。

ちなみに、現バーレーン皇太子は異母兄弟になります。

バーレーン国王にはいく人かの妻がいますが、上に貼り付けた王妃が一番メディアに顔を出していて、つい最近ではエリザベス2世即位50年祝賀記念儀式でもバーレーン国王と一緒に「ファーストレディ」として挨拶をしておりました。

ロイヤル・ガードという軍のような、警察のような仕事のトップポジションにいるNasserとKhalidですが、バーレーンでデモが激化した時、なぜサウジアラビアが軍をバーレーンに出したのか、もうおわかりですよね。

サウジアラビアのアブドゥッラー国王(私はアブドラー国王と言いますが)が、「娘婿が大変だ!バーレーン王国が倒れたら困るぞ!おのれシーア派の民衆め!スンニ派の国王と王制は絶対に守るぞ!」と思ったのではないでしょうか。(笑)

ここで1枚、興味深い写真をご紹介します。

故サウジアラビアのアブドラー国王には数多くの妻がいました。

Wikipediaによると、23人、もしくはもっと、との事。

Sahabの母親の名前はMalka bint Saud ALShammariと言います。

しかし、母親の名前はSheikha Malka Al Jarbaと言う人もいます。

母親か父親が背が高いのでしょう。

Sahabの身長は170cmもあるそうです。

彼女には2人の兄弟がいます。

これだけ多くの妻をかかえている国王は、もちろん子だくさん。

そして、これだけ奥さんがいるということは、奥さん達だって、国王という夫といつでも一緒にいれるわけがない。

そうなると、子供達だって、父親と常にいれる訳がない。

今から貼り付ける写真は、Sahabが国王の父親と会った時の写真です。

UAEのドバイ首長のモハメド殿下の子供達は、父親にべったりとか、キスしたりしていますが、たくさんの妻がいる国王の子供の一人としてひさびさに父親に会った時、彼女はこういう挨拶をしています。

King Abdullah and Sahab

自分の父親に会うというより、「国王」に会ったような感じですよね。

SahabとKhalidは2011年3月6日に婚約、そして6月16日にサウジアラビアのリヤドで結婚しました。

こちらが婚約した時か、結婚した時の写真です。

ダイヤモンドがデカいぞ!(笑)

khalid and sahab together

khalid and sahab kissing

その後、男の子が生まれ、Fisalと名付けられました。

Khhalid.jpg

兄Nasserに自分の息子Fisalを見せるKhalid。

HH Sheikh Khalid bin Hamad Al-Khalifa and HH Sheikh Nasser bin Hamad Al-Khalifa with baby Faisal

この子はバーレーンとサウジアラビアとの子として、大切にされています。

Sabah.jpg

Sabah 3

Sabah 4

そして、今年になって、また男の子が生まれました。

それは、Sahabの父であるサウジアラビアのアブドラー国王がお亡くなりになって、しばらくした後でした。

彼らの子供の名前は.....................。

もう、みなさん、おわかりになりますよね。

みなさん、ご一緒に、せ~の~



Abdullah (アブドラー)





これ以外に、何を考えられるでしょうか。

私は、この名前は生まれてくる前にお亡くなりになった、Sahabの父親である「アブドラー国王」から取ったと思っています。


こうやって見ると、サウジアラビアとバーレーンの絆の深さがよくわかると思いませんか?

そして、UAEの副大統領でドバイ首長であるモハメド殿下の娘と、Khalidの兄、Nasserとの結婚が両国を結びつけています。

そして、モハメド殿下の娘Sheikhaとサウジアラビア国王の娘Sahabも仲良くやっているようです。

UAE.・アラブ首長国連邦、バーレーン、サウジアラビア、この3国は結婚を通して親戚同士になったような物。

UAEとサウジアラビアがバーレーンを助ける理由、おわかりになられたでしょうか。

長文になりましたので、この辺で終わりにしたいと思います。

以後、機会があったら、ドバイ首長でUAE副大統領で、私のハムダン皇太子の父親になるモハメド殿下の子供達について、そして息子の一人に悩まされていた件、そしてモハメド殿下の妻達、女性達について書ければいいなと思っています。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




frombangkokがいつも使っているUAEやカタール、バーレーンの格安・高級ホテルサイトはこちらです。
   ↓
ホテル料金をチェックする

E01 地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々 2015

新品価格
¥2,052から
(2015/9/28 02:16時点)



関連記事
THEME:中東 | GENRE:海外情報 | TAGS:

サウジアラビアがイラクと国境に塀を建てるらしい

ISISの脅威から国を守るため、サウジアラビアはイラクとの国境に塀を建てるとのニュースを読みました。

スケールが大きい話ですね。

私が読んだ内容では、どうも有刺鉄線の壁になるとの事だったのですが、ISISが有刺鉄線を破壊してサウジアラビアに入り込み軍事衝突になる事を想定していると思います。

さっそく日本語で検索してみると、1月に日本語の記事になって出回っていました。

砂漠にドーンと1000km。イスラム国の隣でサウジアラビアが万里の長城建造中

サウジアラビアが本気を出せばISISを潰す事なんか可能だと勝手に思っているのですが、隣のイラクで領土を広げているISISがサウジアラビアへ領土を広げ、石油プラットホームを奪うなんて事になったら大変なですね。

オバマ大統領の地上戦がうまく行き、ISISが早くこの世から消えますように。

ところでアブドラ国王がお亡くなりになりましたが、アブドラ国王の名前はちゃんと次の世代へ受け継がれました。

この件については、また後程。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




関連記事
THEME:中東 | GENRE:海外情報 | TAGS:

UAE、イスラム国への空爆に尻込み、一方ヨルダンは国王は自ら有事連合のメンバーとして空爆に乗り込む予定

UAE・アラブ首長国連邦がイスラム国への空爆に尻込みしていますが、ヨルダン国王は逆に自ら空爆をするようです。

ヨルダンの場合、自国民が拘束され殺害されたので、国王が怒っていて、自ら復讐しようとするのが理解出来る。

しかしUAEの場合、「お手伝い」的立場のように思えるため、自国の兵士がイスラム国に拘束されるのを懸念しているのがわかる。

両国の立場が理解出来ますが、いつもの強気のUAEの勢いがあまり感じられません。

このニュースを知った人達から、「何?どうしたの、UAE?怖くなって逃げた?」と言われ、せっかく素晴らしい機材を持っているのにちょっと残念です。

逆に言うと、それだけUAEが自国民の兵士を気遣っているとも取れますが。

ヨルダン国王は怒り狂っていると思いますが、彼がリードして行う空爆が上手く行きますように。

「戦じゃぁぁぁぁぁ!」と叫んで敵国に乗り込む姿を想像すると、NHKの大河ドラマを思い出します。

ちなみにNAVERによると、中東の有志連合は以下の国々のようです。

+++++++++++++++++++++

【中東5カ国空爆参加・軍事支援】(2014年9月22日)

サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ヨルダン、バーレーン、カタール

http://matome.naver.jp/odai/2141233318388839101

+++++++++++++++++++++

シリアの件でサウジアラビアとカタールは対立していたようなイメージがあるのですが、、カタールもがんばっていたんですね。

*********************************:

有志連合に不協和音?UAE、「イスラム国」空爆中断

テレビ朝日系(ANN) 2月5日(木)13時41分配信

ロイター通信やニューヨーク・タイムズは、アメリカが主導する有志連合の空爆に参加していたUAEが去年12月下旬以降、空爆を見合わせていると伝えました。ヨルダン軍のパイロットがイスラム国に拘束されたことがきっかけになり、安全性に懸念が生じたのが理由だということです。ロイター通信はさらに、UAEがアメリカ軍に対し、イラクでパイロットを救出できる態勢を整えるよう求めていると伝えました。一方、ヨルダン軍のパイロットを殺害したとする映像が公開されたことを受けて、ヨルダンのアブドラ国王は、有志連合のメンバーとして空爆を強化する考えを明らかにしています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2015

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150205-00000024-ann-int

*********************************:

Urgent – King of Jordan to participate in striking ISIL

February 4, 2015 by Ahmed Hussein

Follow Up (IraqiNews.com) Jordan confirmed on Wednesday that “The Jordanian King Abdullah II will participate personally on Thursday in conducting air strikes against the shelters of the terrorist ISIL organization to revenge the execution of the Jordanian pilot Maath al-Kassasba by the ISIL.”

Media outlets reported the King Abdullah II as saying “The war against ISIL will not end and we will fight them in their shelters.”

http://www.iraqinews.com/baghdad-politics/urgent-king-of-jordan-to-participate-in-striking-isil/

*********************************:

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




ベルfrombangkokがいつも使っているUAE・ドバイ、アブダビや中東、湾岸諸国の格安・高級ホテルの料金サイトはこちらです。
   ↓
URL2ホテル料金をチェックする←これイチオシ

関連記事
THEME:中東 | GENRE:海外情報 | TAGS:

<悲報>サウジアラビアのアブドラ国王死去・「スデイリセブン」が相変わらずサウジアラビアで大活躍か!?

残念なニュースが入ってきました。

あのサウジアラビアのアブドラ国王がお亡くなりになりました。

サウジアラビア アブドラ国王

このニュース、日本はもっと大きく扱って良いのではないでしょうか。

東日本大震災の時だって、サウジアラビアは日本に援助の手を差し伸べてくれています。

実際に私もお会いしたサウジアラビア外交官達に感謝の意を示した事がありますが、これら外交官達は「困っている時はお互い様だよ」みたいな事を言いました。

サウジアラビアと日本の関係は重要で、日本もサウジアラビアの油田開発に関わっているようだし。

ひょっとして、この原油価格の下落はアブドラ国王の意思が反映していたりしてなんて考えていたのですが、ずっとご病気だったため、そういう判断力もなかったかも。

このアブドラ国王の正式な名前はアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード、英語ではAbdullah bin Abdulaziz Al Saud、アラビア語ではعبد الله بن عبد العزيز آل سعودとなります。

「王国」の「国王」という地位についているため、私としては、「なぜイスラム教徒の国に王国が?」とイスラム教徒達に質問した事があります。

イスラム教徒達によると、人の上に立てる者は神しかいないらしく、人の上の存在になる「国王」というポジションはちょっと微妙との事。

湾岸諸国では「シェイクダム」、つまり「首長」(Sheikh)というグループリーダー的な存在があるのに。

個人的には「国王」という存在、「イスラム教の教えに反しているのではないか」と思い、カタール国の外交官のカタール君ともその話をした事がありますが、「なぜかサウジは王国制」との答えしか返ってきませんでした。

ちなみにヨルダンにも国王がいて、バハレーン(バーレーン)にも国王がいます。

そして、サウジアラビアとバハレーンの関係は強く、王族メンバーをお互いに出して「結婚」という形で強い絆を作り上げています。

このアブドラ国王がお亡くなりになった今、またサウジアラビアで絶大な権力を持っている「スデイリセブン」の息子達が今後もサウジアラビアを牛耳ると思われますが、サウジアラビアの椅子取り合戦が激化するのではないかと思っています。

なぜなら、次に国王になる人の息子、家族、親族は、それはそれは美味しい思いをすると思うし、彼らにコビいって、良いポジションを手に入れようとする人が出てくると思うので。

国王もお歳でしたが、彼の兄弟もお歳だったため、国王より兄弟達が先にお亡くなりになる現実を見ていて、世代交代で国が若返ればいいなとずっと思っていたのですが、相変わらずスデイリセブンという存在は強いようで、影響力を持っているため、今後もその関係者が繁栄していくのではと思っています。

さて、スデイリセブンの関係者は相変わらず繁栄しそうですが、異母兄弟が国王になると言うことは、椅子取り合戦がいたるところで起こりそう。

NHKがこの機会を利用して、サウジアラビア王国の歴史などを流してくれたら嬉しいんですけどね。

NHKさん、いかがでしょう。

*************************************

サウジアラビアのアブドラ国王死去

1月23日 8時51分


世界最大の産油国、サウジアラビアのアブドラ国王が死去したと23日、サウジアラビアの国営テレビが伝えました。

アブドラ国王はサウジアラビアのアブドルアジズ初代国王の息子で1924年に首都、リヤドで生まれました。

兄のファハド国王の体調が悪化してから事実上の指導者として国政を取りしきり、2005年にファハド国王が死去したのに伴って6代目の国王となりました。

世界最大の産油国であるとともにイスラム教の聖地を国内に持つことからアラブ諸国の盟主として中東地域のさまざまな問題に積極的に関与してきました。

アメリカの中東戦略の重要なパートナーとして発言力を高めてきましたが、2001年の同時多発テロ事件で実行犯の多くがサウジアラビア出身だったことからテロ対策の強化に乗り出しました。

また、アブドラ国王は内戦が続くシリアのアサド大統領を強く非難し、アラブ諸国の中でも政権の打倒を目指す急先ぽうとして反政府勢力に資金や武器を提供してきました。

そして国内では厳格なイスラム教に基づく統治を行いつつもおととし議会に当たる「諮問評議会」に初めて女性の議員を任命するなど女性の地位向上に向けた取り組みも図ってきました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150123/t10014905721000.html

*************************************

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




サウジアラビアを知るための65章 エリア・スタディーズ

新品価格
¥2,160から
(2015/1/23 09:44時点)




関連記事
THEME:中東 | GENRE:海外情報 | TAGS:
Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。