FC2ブログ

格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
満席 FREEJ フリージ くまモン MBA ハローキティ 歌手 カタール航空 国交断交 スターアライアンス Silence 外海町 遠藤周作 沈黙 サイレンス 国王 サルマン 秋葉原 手相 玉の輿 スポーツ ジェット噴射 海上 消防士 消火活動 胴体着陸 火災 事故 ポルシェ マラドーナ プロ野球 ハンカチ王子 湖池屋 日清食品 ポテトチップス トムヤングン カップヌードル オブジェ マクラーレン ハマド国際空港 特別機 ダッカ グルシャン 外交地区 日本政府 ヤフー 自動車税 プロポーズ ダイバー ブルジュ・アル・アラブ お菓子 デザート 三菱重工 火星 ロケット 火星探査 PointsHound IKEA 家具 バーレーン Kingdom Sheikhdom パームジュメイラ シーア派 スンニ派 お葬式 タワーパーキング スマートウォッチ 警告音 ASUS タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター 警察犬 松尾警察犬訓練所 訓練士 チワワ ペット Lollipop バンド 解禁 GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 ゴミ 花見 スイス ノートブック スポーツカー コックピット チャリティ バーガー 家政婦 移民 メイド 徴兵 リー・クワンユー ビジネスマン SIMORE ミスユニバース 日本代表 混血 新婚 QUEEN ペルシャ ボリウッド フレディ・マーキュリー AIDS ANA 月給 糖分制限 カロリー コンドミニアム 高層マンション マリーナ 不動産価格 新興国 万里の長城 イラク 国境 ISIS Mashallah アル・ジャジーラ ステッカー 誕生日 AMAZON 住所 私書箱 LG ブレスケア 文具 電化製品 ぺんてる 直行便 身元確認 他人名義 投資銀行 トレーダー 役員 CEO 結晶 アザーン 女性専用 イスラム法 イスラム国 ドライアイス ジップロック 駐在員 注意喚起 空爆 有志連合 撤退 ヴァージンアトランティック 日本路線 身代金 渡航中止 援助金 シルバーウィーク 夏時間 海外旅行傷害保険 カレンダー ジャーナリスト 外務副大臣 拉致 アナウンス 拍手 誘拐保険 フィフィ 誘拐 SNS 危機管理 ランタンフェスティバル 異国情緒 ビオレ Biore コスモス 北海道 出前一丁 花王 Kao Redoxon ビタミンC シェイクダム 王国 スデイリセブン バハレーン メッカ OLYMPUS 錦織圭 TIME 表紙 新聞社 暴力 風刺画 石油 免除 富裕層 天然ガス エアアジア DUAL SIM2枚 整備士 社会進出 スカーフ タクシー オリエンタル ランドセル カレー 親日家 ケーキ ナショナルサービス インフラ 国体 AU がんばらんば アート 大学教授 ハロー注意報 成田空港 非常口 フィリピン航空 高速道路 水害 Eid キッザニア Maryam 首長家族 Sheikha マレーシア航空 ウクライナ スーパーカー ラクダ 警察車両 ドバイ警察 女装 物乞い 慈悲 スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 結核 乗客 LFA 車高 車幅 坂道 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 色鉛筆 新幹線 ポカリスエット 大塚製薬 オロナミンC ドバイ湾岸地方 スティーブ・ジョブズ テロリスト タリバン FIFA 人口雲 捕虜 CNN コスプレ USBケーブル ワールドカップ ブラジル キャプテン 中国語 OCTOPUS NFC おさいふケータイ グラバー園 昇級テスト リンガー亭 フリーメイソン 握手 指輪 都市伝説 秘密結社 和菓子 白餡 スーパーマーケット 果物 Ghibli イタリア語 民族衣装 セーフティカード 外出禁止令 おくれ毛 茶髪 髪の毛もどし 金髪 就職活動 生協 飲食業 ヘアスタイル 小保方晴子 事件 眉毛 人材 サイバー事件 無罪 裁判 警視庁 表情 片山祐輔 キャンセル 夜間外出禁止令 ヨーグルト 一村一品 OTOP 首相 香港航空 スカイマーク 世界の中心 ロシア人 ドラえもん 西太后 高円宮家 あいしんかくら・けんき 婚約 愛新覚羅顕琦 マタ・ハリ 川島芳子 かき氷 気温 責任 判断ミス ミニスカート 社長 株主総会 MCC スカート丈 水上モーターボート 結婚式 プロモーション Prestige コロナウイルス 試験官 紛失 中東呼吸器症候群 教科書 チャット メッセージ 電話番号 333 病欠 バニラ航空 ベトナム 大金 バーツ ボルト キャップ ディーラー ファンドHSBC ECONOMIST 雑誌 小学一年生 法定速度 パトカー 交通事故 鑑識 旅館 早岐 ハウステンボス 茶市 削除 容量 SDカード ミュージック CD ノリノリ ディスコ 美容整形 キレーション 身体検査 洗車 スタンバイ 梅の花 医療 Boots Euthyrox 薬局 バムルングラード チラージン Levothyroxine 甲状腺 東日本大震災 厚生省 保険会社 健康診断 軍艦島 仏教 進撃の巨人 飛行機事故 マニア 機内サービス 補償 ワルシャワ条約 モントリオール条約 火球 会談 ハイヒール 英国王室 芝生 外遊 ジョージ王子 Nol Octopus メトロ Felica 竹崎蟹 マカオ 売春婦 PIMP ミリオネア 大王製紙 ラジオ体操 爆睡 血液検査 カステラアイス ニューヨーク堂 スカイマーシャル エアマーシャル 会議 クルーバス 修学旅行 趣味 ショッピングモール ライト レモン 芳香剤 金券 医療費 恩恵 マイレージ会員 ツアーコンダクター スリット 負の連鎖 品格 同業者 セクハラ パワハラ ワーキングホリデー キャピタルゲイン 永住権 医療制度 フジテレビ やらせ ノンストップ! クレーマー 検索エンジン アカウント グーグル 皇居 三種の神器 震源 増税 消費税 衛星 マレーシア航空機 自衛隊 捜索 クリス・パッテン総督 英国領 儲かる情報 高級車 MNP 軽自動車 鳥栖 アウトレットモール フードコート COACH スポーツモード 言葉使い 小龍包 ホイール 小長井 焼き牡蠣 修道女 スター クリスティーナ・スクッチャ アリシア・キーズ JCB UnionPay DMM 清原 FOREX 犯罪者 為替どっとコム タイミング safeTstep Aerosoles 滑らない靴 Payless ローヒール ザ・シークレット 豪華客船 週刊ダイヤモンド 観光列車 価格満足度 家事 ベビーシッター フィリピン人 広報 池上彰 韓国料理 ウイリアム王子 サルマン皇太子 バケーション モルディブ B777 サンドアート 祈祷師 砂絵 地震対策 航空学校 ネパール ブラックマジック 黒魔術 STAP細胞 ベートーベン 村河内守 科学者 論文 チャカ・カーン ワンタンヌードルスープ 黒酢 到着ロビー マレーシア航空事故 ビーコン スライド レスキュー隊 ラフト 行方不明 クアラルンプール Delay 北京 発砲 送料無料 ネットショッピング マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン Bitcoin 取引所 イスラム同胞団 オーバーブッキング 鉄砲 火縄銃 日系人 シャワー B787 空気 湿度 リンゴ アフリカ Apple 加湿器 アイスバケット 湯気 アブダビ首長国 米国海軍 マウントゴックス 仮想通貨 ANXBTC 牛乳 縦列駐車 ココウォーク クランク 自動車学校 ドバイ皇太子 アブダビ皇太子 二足ロボット 花束 リゾート ボディガード 早稲田大学 ニナ・リッチ シャイラ ヒジャブ 早稲田 ロボット MtGox スカイプ 取引停止 Skype 2枚 エクスペリア 君が代 便座 TOTO 大学制度 初フライト ベーグル フィラデルフィア クリームチーズ メダル マレーシア オリンピック ソチ パリス・ヒルトン セントラル地区 J.P.Morgan ドバイ空港 ベリーダンス アラビック 免税店 NXB DXB Spinneys ベーコン 豚肉 国名 牛肉 ミッション クラウン ドラマ アスリート IPアドレス タダ乗り ソーブ Thobe 噛む 選手村 竹田恒泰 ブーツ 観光 高須クリニック 学習帳 ジャポニカ ドバイ首長 ドーピング Godolphine 競馬 バナー 資生堂 URL ブルジュ・カリファ ブルジュ・ハリファ サービスフィー パーム・ジュメイラ Emaar 銃殺刑 従業員 スウェーデン 妊娠 女性従業員 権利 兵役制度 憲法 税務署 淡路恵子 デヴィ 着物 内閣府職員 ゴムボート 北九州 ストレステスト 都知事選 ヌード デヴィ夫人 田母神敏雄 スカルノ インドネシア 石原慎太郎 イモトアヤコ 高梨沙羅 五輪 オセアニア 四輪 シンボル 選手 マスコミ SOCHI De-ice 公共交通機関 雪対策 羽田空港 バスルーム ハッカー エンターテイメントシステム PANASONIC パナソニック 家電 稲垣隆 佐村河内守る ゴーストライター 大便 人権 生命保険 旧姓 緘口令 セミナー NANCY・AJRAM AMR・DIAB HAIFA キャンディーズ 伊藤蘭 水道水 ガイザー ハリファ ブルジュ 安部政権 平均給与 都道府県 株価 アナログ時計 Audi 自動 ミッフィー アラビックコーヒー 明日ママがいない CM TomoNews AC 高級水陸両用車 Panther 教習所 交通標識 免許 筆記試験 ベドウィン 預言 建物 MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 国際免許証 ナンバー 警察本部 切符 交通反則 スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 お賽銭 Edy 高校 フリーター 正社員 生涯賃金 パスタ ブロッコリー お年玉袋 ラーメン 宝物 ガーディアンエンジェル リアクション クローゼット パイプハンガー オランダケーキ 卓上カレンダー アンケート 注連縄 門松 更新 公務員 スヌーピー 新島 小笠原諸島 火山 西之島 抹茶ラテ 落し物 正直者 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 インテグラ ホンダ 80歳 傘寿 天皇陛下 独身 ヌードルバー 上海スタイルヌードル NARUMI 夕食 チーズ コラボ エアバッグ プレミアムエコノミークラス シートベルト エンターテイメント スパークリングワイン ラッチ コースター プリデパーチャードリンク PROSECCO CAVA 無料航空券 アワードポイント ジュリーック アメニティポーチ アニエス・ベー Jurlique カルチャーショック ジャンプシート 風俗店 キャバクラ 歌舞伎町 国費患者 治療 家庭教師のトライ コカコーラ 矢沢永吉 すき焼き ロミオとジュリエット ムスリムミール エジプト 東京ばな奈 源氏パイ 注意書き ウンコ座り DAMAC アライアンス ワンワールド 竹島 尖閣諸島 領土問題 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 旭日旗 日の丸 フラットメイト 水漏れ すっぴん メイク SHANE-RU 写ねーる 広東 深セン Keurig K-CUP エスプレッソ Tully's 在留邦人 信号機 消火器 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 サービス業 学歴 燃費 サイ SAI 企業名 JAPAN YAHOO LS タイ語 アラビア文字 ターミナル21 ロビンソン ソムタム パッタイ マンゴー フランス料理 フレンチ ビジネスランチ スクンビット MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ モンゴル 名古屋 ウランバートル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 サプリメント 注射 ZINC 台風30号 ハイエン ベストウエスタン スイートルーム モンスーン 熱帯低気圧 カイエン コスメ 化粧 スカート 日本国籍 社会人 エチオピア アディスアベバ 南極 なるほど・ザ・ワールド 首都 半額 クーポン お試しキット トラック 下水 汲み取り 下水処理場 ペディキュア マニキュア ネイル ネイルポリッシュ コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

中国正月前で空港は大混雑中・日本企業には外国で使える電化製品を売りに出してもらいたい

この2-3日、空港内をうろうろしているのですが、すごく数の人達で空港内はごったがえしています。

真っ直ぐ歩く事が出来ない時もあるぐらい、人、人、人で、イミグレ職員はいったいどうやってこれだけの人達の出国、入国の手続きをしているのだろうと思うぐらいです。

この大混雑は中国正月のせい。

長期休暇で海外旅行へ行く人達もいるし、中国本土へ帰る人達もいる。

そして、この長期休暇中、メイド達も雇用主家族達が旅行へ出かける場合、フィリピンへ戻るようで、航空券の入手が困難となっています。

ちなみに私の知り合いのクルーも、いつもなら航空業界同士で販売しあっているIDチケットという航空会社従業員向け格安割引チケットで帰国するのですが、とても飛行機に乗れそうにないので1ヶ月前に持っているマイルを使って座席の予約をしました。

フィリピン人クルーなんて、すでに12時間空港で待ちぼうけ状態中。

どの便も満席状態の上、オペレートしている航空会社の社員達が空席待ちをしているため、他社勤務の彼女のプライオリティはどんどん後回しにされています。

朝一番の便からスタンバイしてカウンターの前にいるようですが、12時間経過してもまだ乗れていません。

彼女曰く、毎年どの便かには乗れたので暢気に構えていたようですが、今年は乗れないらしい。

そしてその理由の一つが中国本土人観光客と言われています。

お金を持った中国本土人達が香港の空港から近場のビーチリゾートである、タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどへ飛び立ちます。

この旅行する中国本土人達の数は毎年増えているのではないでしょうか。

そして、彼らは日本へもやって来ています。

最近では客船で日本へ入る中国人達が増えているそうで、その理由が日本でお土産を大量買いしても、船だと持ち込む荷物の制限がないらしい。

飛行機の場合、20キロ超えたら追加料金を取られたりします。

そのため、何が人気なのかと言うと、重い物。

炊飯器、自転車、粉ミルク、大量の紙おむつ、化粧品や美容関係の商品、薬、などなど、とにかくたくさん買い込んで、大きめのダンボール箱に入れ込んだり、大きめのスーツケースに詰め込んだりして船に乗る姿が見られます。

ちなみに、香港発韓国、日本向けの客船の旅は私の故郷にも立ち寄るのですが、今やっとなぜ中国人が私の故郷の街中をうろうろしているのかが理解出来ます。

ドンキホーテなんて免税についてのアナウンスをいろんな国の言葉で流しています。

ドンキホーテで飛び交う北京語を耳にするたびに、中国人の購買力の凄さを感じます。


ところで彼らが興味を持っている電化製品なのですが、購入を諦める場合があります。

それは日本と彼らの国との「電圧の違い」、そして「操作パネルが日本語だけ」が彼らを悩ませるから。

購入したくても電圧が違う、使いたくても日本語だけ、これでは商品は売れません。

最初から110V~220Vで売りに出せば、外国人達はこぞって日本製品を買うようになると思う。

日本企業には、英語と日本語という、最低二カ国語で表示をしていただきたいと、いつも思っています。

文具だってそうです。

日本ではペンなんだけど「書いた文字が消せるペン」が売られています。

その存在を知らない中国人達が多い。

中国では一人っ子政策のため、子供が1人しかいない家庭が多い。

その1人が男の子だったら「小皇帝」と皮肉られ、その子は甘やかされて育つ。

子供のためなら、孫のためならと、今、日本でランドセルを買う中国人達が増えていますが、子供の勉強のための商品を売りに出すと、彼らは日本製のノートやペンなども大量買いすると思う。

お金持ちの家庭では子供が2-3人いる場合もある。

一人っ子政策なんて全く関係ないぐらいお金を持っているこれらの中国人達は、子供のためにたくさんのお金を使います。

日本製のノートやペンはとにかくデザインがかわいい上、質も素晴らしい、そして文具もユニーク。

たとえば筆箱に鉛筆削りと定規がついていて、その上、鉛筆の芯が刺さらないようにキャップまで付いている物が売りに出されていますが、あんな商品、香港でもあまりみかけません。

最近の子供達はペンシルやボールペンを使ったりしているのですが、この「書いた文字が消えるボールペン」を紹介したら、みなさんびっくりしていました。

話題性がある上、文字の書き直しが出来るこのペンを欲しがる香港人もいる。

しかし、旅行先で文具店へなかなか足を運ばない。

そこでデパートなどでは、ランドセルを売る場所で、これら日本製の文具も一緒に売ったどうかと思います。

こういう「文字が消えるペン」など、需要がありそうな商品は、あらかじめ日本語と英語で最低限ポスターを作ったりしたらどうでしょう。

中国本土へ旅行すると「印鑑」が観光名所で売られていますが、日本の印鑑はかわいい。

花柄だったり、印鑑の名前の側に動物がいたりする。

アニマルスタンプKAWANA 動物認印「猫ミトメ」

漢字とひらがな・カタカナで名前をプリントしてあげると、彼らは喜ぶ。

そして、印鑑だけではなく、シールとして渡すと、自分の持ち物にペタペタ貼ったりする。

この日本式印鑑みたいな物を、注文を受けたらその場でさっとレーザーなどで彫り上げるサービス、シャチハタなどが売りに出したら売れそうな予感。

中国人達が「かわいい~」とか思う商品、日本企業の耳になかなか入り込んでいないと思います。

最近、我が社のクルー達に人気のお土産があります。

一度私が紹介したら、「今度、日本からたくさん買ってきて」とお願いされます。

それは小林製薬の「噛むブレスケア」です。

特にミックス味は大人気です。



お菓子でグミみたいな物はいろんな国で売られています。

しかし、この噛むブレスケアのように「グミ」で、それも3種類のフレーバーが入っている「ブレスケア」専用のグミは、めったに見かけません。

香港ではまず売られていません。

噛んで胃に届き、胃から口臭を消してくれるこのグミがなぜ人気なのかと言うと、中国料理には「にんにく」が使われているから。

特に接待する立場の私達フライトアテンダント達は「口臭」に敏感です。

これを一粒食べると、スゥ~っと胃からしてきて、その上、レモンの香りだったり、グレープだったり、口からこのグミの香りがしてきます。

胃から悪臭を消してくれるこのグミは、あっという間に人気者になり、すでに私は知り合いのクルー達から10袋以上オーダーを受けています。

1人3袋オーダーしてくるクルーもいる。

それくらい、この商品は日本以外では手に入りにくい。

それなら逆に、日本のデパートやドラッグストアがこういう商品をイチオシすれば良い。

日本側は彼らに何が人気があるのか、もっと調査すればいいのに。

中国本土の人達はにんにくをたくさん食べるので、ある程度年齢が若い学生や社会人向けに「日本で売られているお口のエチケット商品」として売り出せば、売れるかもしれない。

中国人向け商品開発したらいいのにと、いつも思っています。

中国人達はどこでも「お湯」を飲むので、象印の魔法瓶みたいな物を持参しています。

機内では、彼らはギャレーにやってきて「お湯を入れてくれ」とお願いしてきます。

その魔法瓶で象印はよく見かけます。

保温力が違うらしい。

そして、なんちゃって日本語風名前がついていて、何気に日本語で「保温力アップ」とか書いてあって笑えるのですが、つまり魔法瓶は日本語で何か書いてあると「日本製」」と勘違いして買うという事だと思います。

それなら、中国人向けに「水を入れるとお湯になる」魔法瓶とか売りに出せばいいのに。

水道水を必ず沸かして飲む彼らは、お湯やお茶を魔法瓶に入れています。

それなら「水道水を魔法瓶に入れるだけ」で「お湯」になる魔法瓶なんて開発したらいいのでは。

私のこの発想が実際に売れるかわかりませんが、常に「熱いお湯」を好む彼らの心を読み取り、それを商品化すれば売れそうな気がします。

私がここであげた商品は極一部ですが、「これは売れそう」と思った企業さんには、がんばって商品開発をしていただきたいと思います。

私も何気に「こんな商品、あればいいな~」みたな事を時々書きますので、読んでいただけたら嬉しいです。

っで、ソニーさんに是非商品開発していただきたい物があるんですけど。(笑)

何度かソニーさんにこの場をかりてアピールしているのですが、アクセスは頂いているのですが、なかなかコンタクトはありません。(笑)



あれこれ書きましたが、外国生活が長い私の目から見た日本の商品、日本に住んでいたら、なかなか気付かない物が人気だったりします。

日本製品はもっと売れると思うので、どういう物が人気が出そうか調べたり、逆にもっと売り込みをかけていただきたいと思います。

最後に、最近驚いたスマートフォンがあります。

それは韓国のLGが出しているスマートフォンです。

日本で売られているスマートフォンのメモリは64GBだったり128GBだったりします。

ところがLGの場合、Micro SDカードは「2TB」までOKなんです。

[海外SIMフリー] 人気のLG 最新機種をチェックしてみる

こちらはGROUPON HKのサイトより。

LG G3 Dual LTE Smartphone

誰が2TBなんて使う訳?

ひょっとして他のメーカーのスマートフォンも2TBのカードを受け付けてくれるかもしれませんが、私が使っているXPERIA Z3 DUALなんて「128GBまで」と言われました。

ちなみに上にLGへのサイトをリンクしていますが、そのサイトでは「128GB」までとなっていますが、実際はグルーポンが言う2TBまでOKのようです。

この「2TBまでOK」のスマートフォンの話を香港人にしたら、「いいねぇ~!」と言う。

なぜ良いのかと言うと、まずSIMカードが2枚入るDUAL SIMタイプのスマートフォン、そして、香港や中国では合法、違法は置いといて、いろんなサイトから映画や音楽がダウンロード出来るそうで、2TBも容量があれば飛行機の中でも好きなだけ映画や音楽が楽しめるらしい。

メモリーカードは高額になると思いますが、これだけの容量のカードを使えるという事が良いらしい。

これには中国人達も大喜びするのでは。

LGも良い所を突いてきていると思いました。

メディアがお得意のSONYにも、「XPERIAでは2TBのカードが使えます」と使用可能なら言っていただきたいです。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




エクスパンシス
関連記事
スポンサーサイト
THEME:中国 | GENRE:海外情報 | TAGS:

中国と日本のゴールデンウィーク

さて、日本はもうすぐゴールデンウィークに入りますが、中国にも似たような長い休暇が続く日があり、彼らもまたゴールデンウィークと呼んでいます。

中国の場合、5月1日のメーデーぐらいから長期休暇に入る人達が出てきます。

これが日本のゴールデンウィークと重なるんです。

日本国内も日本人観光客が大移動しますが、それと同じ時期に中国人達が日本へ押し寄せてきたりします。

中国人と書いていますが、中国本土人と書いた方がいいかな。

中国本土人達はタイやマレーシアなど、比較的物価が安い国へ観光へ入るのですが、私はあえて彼らのゴールデンウィークをさけてバンコクへ入る計画を立てています。

香港発のフライトを利用してバンコクへ入る中国本土人達もいるので、早めに香港を出国する予定です。

バンコクへ入って何をするのかと言うと、健康診断をしようと考えています。

私が入っている保険会社は世界中の医療機関と手を組んでいて、国名さえ言えばどの病院なら100%健康診断料金がカバー出来るか教えてくれます。

以前からバンコクに入ろうとしていてなかなかスケジュールがあわなかったので、今回はゴールデンウィークをさけてバンコクへ入り、健康診断をして日本へ入ろうかなと考えています。

あえて香港発日本行きのフライトを避けて、バンコク経由で帰国しようかと考えている訳です。

病院側とアポを取るためメールを出していたのですが、返信が届いていました。

後はホテルの予約を入れるだけ。

私がバンコクへ入ろうかと考えている時、友人もバンコクにいるとの事で、ひさびさの再開を楽しめそうです。

彼女と私はとにかく美味しい物を求めて、いろんなレストランを訪れました。

今回も美味しい物を求めて、どのレストランへ行こうか考え中です。

短い滞在になる予定ですが、ひさびさのバンコク滞在を楽しもうと思います。


frombangkokがいつも使っているバンコクや世界の格安料金ホテルサイトはこちらです。
   ↓
ホテル料金をチェックする


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ



関連記事
THEME:中国 | GENRE:海外情報 | TAGS:

「カジノで儲けている」と言う男性がどうやって儲けているのかと言うと

香港には「ミリオネア」、「億万長者」と呼ばれる人達がうじゃうじゃいます。

その中の一人と出会うと、芋ずる式に金持ちばっかりと出会う。

人は似たような環境の人達と一緒に行動すると言われていますが、お金持ちはお金持ちと一緒に行動している。

そして、これらのお金持ちはお金が紙くずみたいにどんどん口座に入ってくるそうで、何もしなくても勝手にお金が増えていくらしい。

私はそれを「投資」だと思うのですが、「投機」だという人もいます。

そして、これらのお金持ちを狙っている職業がある事を知りました。

ある時、ある人を通してある男性と出会いました。

会った瞬間、「このタイプの人、私はダメ」と思ってしまいました。

あまり好きではなタイプです。

そして、彼の話を聞いていると、もっと距離を起きたくなりました。

なぜなら「話が大きい」人だったから。

とにかく「自分は成功者だ」とか「自分はお金を稼げる」みたいなアピールばかりしている人でした。

そこで私は彼の話を聞きながら、どうやってこの人がお金を稼いでいるのか、そちらの方に興味を持ちました。

話をずっと聞いていると、「カジノで儲かっている」とわかりました。

「へぇ~、この人は、ひょっとしてギャンブラーか!?」

そう思ったら、カジノではギャンブルをやらないという。

それではなぜ「カジノで儲かっている」とか言うのだろう。

あんまりつっこんで質問するのも何なので、勝手に話を続けてもらう事にしました。

そこでわかった事が、これ。

この男性、お金持ちばかりをターゲットにして、これらお金持ちをカジノへ連れていくらしい。

そして、カジノ側からコミッションみたいな物をもらっているようです。

この男性がやっている事は、お金持ちの情報をいろんな形で得て、カジノ側に話をふっかける。

カジノ側はお金持ち相手に飛行機を飛ばしたり、リムジンやクルーズ船を出したりして、カジノへ導こうとする。

そして、これらのお金持ちを超高級なホテルのスイートルームに滞在させ、あとはカジノで遊んでくださいという形に持って行き、この人が落としたお金の一部をこの男が受け取るという物。

この話、どこかの製紙会社の馬鹿息子の話みたい。

大王製紙の馬鹿息子がカジノにのめりこみ、マカオやシンガポールなど、とにかくカジノで有名な場所へ招待されて入り、莫大な借金を背負い、会社側に迷惑をかけた事件がありました。

ひょとして、この男もこの件に絡んでる?

そう思ったら、この男は中国人相手に動いているらしい。

変な言い方だけど、まるでPIMPみたい。

そして、こういう仕事をしてお金を稼ぐ人がいるのかと思いました。

この男にとっては「稼げればいい」事らしい。

この言い方、とても中国人的だと思う。

中国本土人の女性と話をした時、「相手の男がどれくらいお金を持っているのか」、まずそれを考えるらしい。

そして女としてお金を持つ事が素晴らしい事で、「どうやって稼いだなんて関係なく、いくら持っているのかが大切」との事。

だから「売春婦」として働いて稼ぐ人を見て、羨ましく思うらしい。

普通、女性だったら「援助交際」とか「売春」という事は、恥ずかしい仕事だと思う。

しかし売春をしてお金持ちになったら、それで人様から羨ましいと思われるらしい。

私はこの考え方が大嫌い。

私は「どうやってお金を稼いだのか」に興味がある方。

今回出会った男と再度会う事はありませんが、世の中、いろんな稼ぎ方があるんだなと思いました。

ちなみに他の人の話によると、「あの男は実は大きな事を言っているけど、そんなに稼いでないと思う。だって、住居だってどうしようもないような所だし。お金持ちだって、別にあの男を通してカジノへ行く必要なんてないし。100個石を投げて、一つ当たった話と思えばいいレベル」との事。

出会った瞬間、「この人嫌い」と思った私の勘は当たっていたようです。

なぜそこまでして自分を大きく見せて、お金持ちのふりをするのだろう。

話している内容と現実の違いのギャップにお驚かされました。

そして、大きな事を言う人の話を聞いていると、「何か変」とわかる瞬間があると、再認識しました。

自分の事を大きく言う人には、だまって話をさせるのが一番だと思います。


frombangkokがいつも使っているマカオ、シンガポールの高級カジノホテル検索サイトはこちらです。
   ↓
ホテル料金をチェックする



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




賭けの考え方 (カジノブックシリーズ)

新品価格
¥1,944から
(2014/4/18 15:06時点)


関連記事
THEME:香港 | GENRE:海外情報 | TAGS:

イースター前の人民大移動

イースター休暇がやってきますね。

香港在中の外国人達もイースター前から近場のリゾート地へ移動します。

そしてこの期間を利用して、子供達を外国へ送り出す親達がいます。

小学生から中学生ぐらいのグループが英国、北アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどへ短期語学留学をしに行っています。

みなさん、おそろいのジャージ姿で、首からは何かのIDを下げています。

引率する教師達の中には外国人もいます。

私が担当した子供達は香港と中国本土からの子供達でした。

先生達の前では英語で話しているのですが、子供達になると広東語や北京語を話している。

離陸後、これらの先生達が何をやるのかと言うと、まず入国カードの書き方や税関申告書の書き方を教える事です。

全ての子供達が自分で記入するようになっているようで、質問があればフライトアテンダント達へ「英語」で質問するように言われているらしい。

もちろん香港人クルー達もいるのですが、彼らは英語でいろんな質問をしていました。

全てを英語で行うようになっている彼らを見て、小さいながらも立派だと思いました。

なぜなら一番小さい子供は小学生でいう2-3年生ぐらいなので。

先輩にあたる人が彼らと一緒に行動を取るのですが、中にはトイレのドアの開け方さえ知らない子がいて、悪戦苦闘していました。

それを見た先輩達があれこれ教えてあげていました。

先生が一番力を入れて教えていた事が、何かをしてもらったり、何かを欲しい場合、必ず「PLEASE」と言う事。

水一杯頼むにしても、ちゃんとこれらの子供達は最後にPLEASEと言う。

大人さえ言わない人がいるのに、立派じゃないですか!

このイースター前の大移動時期は、バンコクなどのリゾート地への航空券がよく売れるそうです。

私も過去にイースターやクリスマスを利用してバンコクやその周辺国へ入った事があるのですが、満席状態でした。

航空券の料金もいつもより高くなります。

それでもこの休暇中、ずっと香港にいたくない人達は海外へ出かけます。

そして、とにかく中国本土からの客達の数が増えました。

中国本土人にとってイースターは関係ないのでは?

そう思った私は間違っていました。

お金を持った中国本土人達は香港でコンドミニアムを買い、香港の学校へ子供を通わせます。

そして、この子供達が休暇に入ると、親達も一緒に旅行をしているようです。

コンドミニアムへの投資、そして一時期は香港の住民権を取る事が流行っていましたが、今は規制が厳しくなり、以前程中国本土人が香港へ移り住む事は簡単ではないそうです。

だからこそ子供中心の生活になり、子供が休暇に入るとなれば、親、親族などが一緒になって、香港発の飛行機に乗り込み海外へ出かける。

お金を持っている中国本土人達が香港へ戻る飛行機へ乗り込んでくる時は、有名ブランドのショッピングバッグをいくつもかかえて乗り込んできます。

時代と共に中国本土人達の行動も変わってきました。

まるで昔の日本人達の様です。

イースター休暇による人民大移動は航空会社にとっては稼ぎ時になります。

満員御礼のフライトとなると、客一人1人に接する時間が短くなってしまいます。

そういう中、これらの子供達がいろんな質問をしにギャレーへやってくるのですが、がんばって英語を話す彼らを見ていると、私も出来るだけ時間を取って接します。

彼らを見ていると、まるで自分が子供だった頃を思い出す。

英語の単語一つを言うにしても、ドキドキ、ハラハラしていた頃が懐かしい。

しかし、この子供達は私が子供だった頃の事をやっている。

だから、こういう時にはこれらの子供達がもっと英語で話す事に興味を示すようにする。

引率の先生達も私達の会話を見て、ほっとしている部分があり、時々「あの子は大変シャイな子なんですが、今日はがんばって話しています」とか教えてくれます。

英語でコミュニケーションを取る楽しさをわかってもらえたらと思います。

香港在中の子供達はこういう休暇を利用して海外へ出かけていますが、逆に日本人の修学旅行生の集団も乗り込んできます。

香港は日本から大変近いので、修学旅行先として人気があるのでしょうか。

香港の空港で日本人学生の集団を目にします。

子供の時から海外へ出る事は、個人的には大変良い勉強になると思います。

秋になると日本人の学生達が飛行機に乗り込んで来るのですが、その時には今回の子供達と同様、がんばって英語でコミュニケーションを取るようにしてもらいたいと思います。

最近は小学校低学年から英語を学んでいるらしく、小学生が私に英語で話しかけてきます。

「ウォーター、プリーズ」

簡単な英語なのですが、褒めてあげると子供達は嬉しがる。

英語で話す事の楽しさを知ってもらえるといいな。

そのためにも、私も英語で返答して褒めるようにしています。

英語というツールが使えるようになると、世界が広がります。

最近は私も妹のチビ達へ英語を教える事が増えました。

チビ達はゲームをする時、いろんな英語の単語が出てくるので、その単語を質問してきます。

これも英語を学ぶきっかけとなっています。

そろそろチビ達を外国へ連れて行ってもいいかな。

外国を訪れる事が、英語をがんばって勉強しようと思うきっかけになれば嬉しいなと思っています。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




覚えておきたい英単語480: CDつき (小学生の英語ドリル)

新品価格
¥918から
(2014/4/13 11:46時点)



関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

機内で免税品を買いあさる中国本土人達ー中国本土人御用達のUnionPay

香港発着便には多くの中国本土人達が乗り込んで来る時があります。

彼らは主に香港の国境近く(広東省)に住んでいる人達です。

彼らは飛行機やバスなどで香港国際空港へ入り、そこから出発したりしています。

彼らが香港を利用する理由の一つが「航空券が安い」から。

たとえば広東省にある空港からの国際便の数と香港から出ている国際線の数は、比較にならないぐらい香港の方が多い。

多くの航空会社が出入りしていると言う事は、競争が激しい。

たとえば香港ーバンコク間なんて、いろんな航空会社が競争をしています。

中国本土人達もバンコクが好きなため、香港では安いチケットが簡単に手に入ります。

航空券は自国からバンコクへ入るより、どこかを経由してバンコクへ入った方が安い場合が多々ある。

個人的に私としては遠回りなので、もっと航空券が高くなるイメージがあるのですが、そうやっていろんな航空会社がそれぞれのベースになる国に飛行機利用者を一度呼び寄せて、そこに集まった人達を一つの場所へまとめて飛ばす作戦に出ています。

だから、日本からヨーロッパへ直で飛ぶと高い時があるのですが、中国や東南アジアを経由すると安い場合があります。

もちろん安いのには理由があり、トランジット時間を含む飛行機での移動時間が長くなります。

それでも時間に余裕がある人達は、こういう航空券を購入して乗り込んできます。

出来るだけ安く航空券を購入した人達は、香港へ戻るフライトの中で何をするかと言うと、免税品を買いあさる。

お金を持っている客達はいつでも欲しい物が手に入るため、そこまで切羽詰まって買う事をしませんが、機内で売られている免税品が安いとわかると、最後になる帰国便で買い物をとことんやります。

私は機内免税品を売る担当をしませんが、このセールス担当の業務が大好きなクルー達もいる。

なぜならコミッションがもらえるから。

何パーセントもらえるのかしませんが、「塵も積もり積もれば山となる」と言われていますが、こういう風に小銭みたいなコミッションを稼ぎたいクルー達もいる。

しかし乗り込んで来る客層によっては、さっぱり売れない時があります。

そういう時は、ひたすら免税品が入っているカートを開けて、閉めるだけ。

もちろんコンピューターディバイスを使うため、いろんな情報を打ち込み、プリントアウトしなくてはいけません。

さっぱり売れないのに、こういう他の人がやらないコンピューターの仕事をしなくてはいけない時があり、コミッションがもらえるかは運次第となります。

しかし、季節や時期によっては、中国本土人が大移動する時があり、その時の免税品の売れ方が凄い。

離陸後、食事のサービスの後、免税品の機内販売をしますみたいなアナウンスを入れるのですが、その段階で予約を申し出てくる人がいるので、食事のサービスが終って、実際にどの商品がカートに詰まれているか確認するまで予約は受け入れられないと伝える。

中には全く免税品に興味をしめさない団体もある。

ところが、食事後、1人免税品を買うと、その商品を見た人達が、そろそろ免税品のカートを閉めようかという時にどっと押し寄せてくる。

免税品担当者は、そろそろコンピューター情報を閉めようかしらと思って、残っている商品の数を数えたばかり。

そういう時に、いきなりギャレーにやってきて、商品を買いたいと申し出てくる。

前回のフライトでは中国本土人達が10人以上やってきて、カートに入っている商品を触りまくる。

免税品販売を担当している人達は、誰がどの商品を手にしているかわからなくなるので、私みたいに暇しているクルー達に連絡を入れて、彼らをモニターするようにお願いしてくる。

私もまるで警備員のごとく仁王立ちで、ギャレーを見張る事になります。(笑)

男性の場合、サングラスや財布、時計に興味がある。

女性の場合、香水や口紅、美容液など。

「免税品の箱を開けて、中身を見たい」と女性達は必ず言います。

その理由は、実際の口紅に色を見たいから。

しかしプラスチックコーティングされている箱を開ける事は出来ない。

そういう時に、実際に私が使っている口紅などを見せると、あっと言う間にその口紅が売れてしまう。

在庫は限られているため、早い者勝ち!

口紅を購入出来なかった人達は、今度は香水を欲しがる。

免税品用雑誌に載っている香水をあれこれ指差すのですが、香水の場合サンプルがない。

そこでクルー達が実際に使っている香水を見せたり、嗅がせたりすると、あっと言う間のその商品が売れてしまう。

サングラスや時計を購入出来なかった男性客達は、今度はタバコやアルコールを購入しようとするのですが、これもあっと言う間に売り切れる。

だから、欲しい物が手に入らない客達が出てくる。

そうこうしていたら、パイロットが「あとXX分で香港に到着する予定です」などのアナウンスを入れる物だから、免税品担当者はこれらの人達を無理やり追い払い、もうこれ以上売る事が出来ないと言う。

その時の彼らのがっかり様は、文章では表わされない物があります。

「商品はまだ残っているのに、なぜ売れないのか」

そう文句を言ってくる人もいます。

しかし在庫数の確認と、これらは「免税」品なので、売り上げなどの書類作成、コンピューターを閉める作業など、時間がかかる仕事をしなくてはいけないので、これ以上売る事が出来ない。

その手間ひまの時間なんて、彼らの頭には全くないため、ぶつくさ文句を言ってくる。

フライト時間はあれだけ長かったのに、もっと早く彼らは購入出来たのですが、彼らはいつも誰かが購入して、なかなか良い商品だとわかると、なぜかフライトの最後らへんにやってくる。

ひょっとして、買おうか、買うのをやめようか、最後まで悩んでいたのか!?

中国人達の凄い所は、とにかく勝手に商品を手にして見る事。

だから、私みたいな監視役が必要になる。

免税品担当者は1人1人の客達を相手にするようにしている。

それなのに、いきなり10人以上やってきて、あれやこれや言いながら、勝手にカートの中から商品を手に取るので、本当に「追い払う」という言葉がぴったりの行動を私達は取らなくてはいけません。

しかし彼らは良き広告媒体でもあるのです。

中国本土へ戻り、知らない内に「クチコミ宣伝」をしてくれているのです。

「XX航空会社の免税品の方が安かった」

「あの航空会社にはXXのサングラスがあった」

などなど、そういう情報をお土産話として話しているのでしょう。

それを聞いた人達が今度乗り込んで来る時、すでに欲しい物を決めて乗り込んで来ています。

だから「予約」をしようとする。

私は上手い具合にこのクチコミが広まっているなと、いつも思っています。

そして、誰でも出来るだけ安く手に入れたいとわかっているので、免税品の商品を実施に購入して使っている私達は、まるでデパートの美容部員のごとく商品を見せる。

見せると、本当にあっという間に商品が売れて行く。

手伝った私には一切コミッションが入らんぞ!(笑)

でも、こういう時はチームワーク!

てんてこ舞いのクルーを見て、だまっている訳にはいかないので、自然とお手伝いします。

ところで、最近の中国本土人達はクレジットカードを持つようになりました。

以前はクレジットカード会社が中国では「中国人は信用出来ない」という理由でカード発行をしていませんでした。

中国本土で初めてクレジットカードなる物を出したのは、たしかCITIバンクだったような記憶があります。←間違っていたらゴメンという事で。

今ではVISAやマスターカードなど、目にするようになりましたが、あまり信用されていない中国国民向けに、中国は独自のクレジットカード決算方法を生み出しました。

そのカードがUnionPayという物です。

union-pay-credit-card-22294268.jpg

そもそも中国のCITI BANKは「裕福層」をターゲットにしたような銀行だったらしい。

だから、その銀行の顧客達はVISAなどのカードを手にする事が出来たようです。

しかし一般の中国国民の信用なんて、全くわからない。

彼らもその当時が現金主義の部分がありました。

札束を輪ゴムで巻いてポケットやバッグに入れて、飛行機に乗り込んでいました。

香港人が言うには、「あのお札を輪ゴムで巻いて取り出すやり方は、見せるための物よ。ちゃんとお金を持っているってアピールしたいのよ。」との事。

だんだんと中国本土人達がお金を稼ぐようになり、ある程度銀行から信用を得るようになって、初めてクレジットカードなる物が発行されるようになりましたが、中国はこのUnionPayという物を作り上げ、中国本土人達はこのカードに飛びつきました。

なぜなら、海外旅行をするにはクレジットカードが必要になるから。

以前、現金を受け取っていた私達は「このお札、本物なんだろうか」と疑っていました。

しかしクレジットカードを使うようになり、私達も安心して商品を売る事が出来るようになりました。

この独自の決算方法ですが、これは外国のVISAやマスターカードが中国本土人向けになかなかカードを発行しなかったからではないか、と思っています。

もしくは、「今後クレジットカードという決算方法で儲かる事が出来る」と考えた企業が始めたのかも。

中国本土人は海外でよくこのUnionPayのクレジットカードを使っているのですが、香港の場合、多くの店が受け入れてくれます。

しかし、日本の田舎に行くと、このカードが全く使えない。

だから「VISAカードなどを使ってください」と言っても、持っていない人がいる。

日本の店側もお金が欲しい。

そこでこの数年という間、Union Payを扱う店の数が増えました。

東京の銀座なんて、特に増えたのではないでしょうか。

圧倒的に人口が多い中国人達は、いつかJCBのカードより歓迎されるようになる事でしょう。

だいたいJCBなんてカード、海外で使えない所が多い。

逆にUnion Payの方が増えてきています。

そして、世界中で使われるカードは、やはりVISAとMaster Cardです。

私はアメリカン・エクスプレスも愛用しているのですが、日本の田舎へ行くと、取り扱っていない店が多いため、不便です。

今の所、UnionPayがVISAやMaster Cardの発行数を超える事はないと思われますが、日本中でUnionPayのステッカーを目にするようになるのも時間の問題だと思っています。

三井住友VISAクラシックカード

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




スキミング防止カードケース ブラウン

新品価格
¥2,480から
(2014/3/22 12:25時点)



関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

あなたが今持っているPCをアップルブランドにする方法

世の中、いろんなブランドに憧れている人がいます。

女性の場合、Dior、Chanel、Cartier、Louis Vuittonのバッグが欲しくても買えない人は、コピー物を手に入れたりする。

男性の場合時計や携帯電話、車やコンピューターなどに興味があるようですが、有名ブランドに憧れる気持ちは誰でも持っている。

しかし高価でなかなか手に入れる事が出来ない人だっている。

そういう時は自分なりにがんばって、欲しい物に近い物を手に入れようとする。

アフリカではApple製品が高くて買えないので、こういう風に工夫する人がいるようです。

apple.png

冗談でやっていると思いますが、この発想はなかったわ。

中国本土人だと本物のアップルのマークを知らなくて、葉っぱ付きのリンゴをテープで貼る人が出てくるかもね。(笑)

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




[海外SIMフリー] 人気のApple最新機種販売中!

エクスパンシス



関連記事
THEME:パソコン関連お役立ち情報 | GENRE:コンピュータ | TAGS:

中国本土人達はどこにでも座る!?どこにでも寝る!?

よく中国本土人達が香港へやってきて、地面に座っている写真が新聞などでも流れています。

他人事のように思っていたのですが、機内で同じ事をする人達が出てきて驚きました。

私が見たのは、非常口にうんこ座りをする男性二人、そして非常口で横になる男性です。

こういう事をすると知っていましたが、飛行機の中で実際に見たのは初めてでした。

さっそく中国語が話せるクルーがこういう事をしてはいけないと伝え、移動させたのですが、彼らは「なぜここに座っていけないのか」「なぜここで横になっていけないのか」が理解出来ないようで、その理解出来ない彼らにまたまたびっくりしました。

「非常口の周りは空いている=つまり誰でも使ってよし=だから座っても寝そべってもよい」

こう思っていたようです。

時々非常口で太極拳をする人がいますが、あまりにも激しい太極拳をする人がいて、手を伸ばすたびに非常口の人が後ろにのけぞる事がありました。

そういう人にも非常口で太極拳をしないように伝えた事があります。

まぁ、中国本土人の中には機内で大便をする人がいるぐらいですから。

機内 大便

最近は中国本土人の飛行機利用者が増えました。

中にはとても洗練された人もいます。

しかしまだまだ飛行機の中ではどうすればいいか知らない人が多い。

さすがに機内でウンチする人を見た事はありませんが、今だにトイレの便座に靴であがって座るため、靴の底のマークが残っている事があります。

洋式トイレの使い方を知らない人が多い。

中国本土人達が香港人並みのマナーを持つようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

お金は持っていても、マナーなんか持っていない。

そろそろマナーという物が必要だとわかってもらいたいなぁ。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




すぐに役立つ 中国人とうまくつきあう実践テクニック

新品価格
¥1,365から
(2014/2/6 23:36時点)



関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

スターバックスへ毎日通う中国本土のお金持ちの子供達

2014年の中国の旧正月は1月31日から始まります。

香港の空港も故郷へ戻る人達でごったがえしています。

このブログの一つ前のブログで、飛行機に乗り込もうとする友人の話を書きました。

航空会社が発行するIDチケットを使って故郷へ帰ろうとしている友人が、飛行機に全く乗れないぐらい満席状態が続いています。

いくつかの便にトライしたようですが全く乗れなかったため、とりあえず香港のアパートに戻り、今まで貯めたマイルを使って航空券を発行する事にしたようです。

コンファームチケットでないと乗れないぐらい満席状態が続いているようです。

ところでこの旧正月という長い休暇のために祖国へ戻る人達がいる中、この休暇を利用して海外へ出る人もいます。

私のフライトにも中国本土から子供達が乗り込んできました。

彼らは英語圏の語学学校へこの休暇を利用して行くらしい。

彼らの年齢は10歳前後。

ほとんどが男の子です。

女の子は数えるぐらいしかいませんでした。

しかし彼らはグループとなって行動していて、席も固まって座っていました。

語学学校へ行く彼らの中には英語が乏しい子供もいました。

しかし、彼らは英語を学ぶため、同じ語学学校へ行くらしい。

離陸後、飲み物のサービスをしていたら、これらの子供達の3分の1が「コーヒー」をオーダーします。

なんでコーヒーなの???

他の子供達はコカコーラやスプライトをオーダーしますが、3分の1の子供がコーヒーをオーダーする。

スナックサービスの時も、着陸前のミールサービスの時もコーヒーをオーダーします。

そこでこれらの子供達の中で一番英語が話せる男の子に話しかけてみました。

「なぜコーヒーを頼むの?中国ではお茶を飲む人が多いでしょ?」

この子供の返答はこうでした。

「コーヒーが好きだから。」

そこで私は「なぜコーヒーが好きなの?」と質問してみました。

この子供はこう言いました。

「コーヒーが身近な飲み物だから。」

そこで私は「なぜお茶じゃなくてコーヒーが身近な飲み物なの?」と質問しました。

この子はこう答えました。

「だって僕は毎日スターバックスでコーヒーを飲んでいるから。」

ちょっと、あーた、日本人の私でさえ毎日スターバックスでコーヒーなんか飲んでいないわよ!!!

それなのに、中国本土人のこの子が毎日スターバックスへ通っている???

何と言う金持ちの子供よ!!!!!

彼らはコーヒーに何も入れなくて飲んでいました。

アメリカンコーヒーみたいに普通のコーヒーのTALLサイズで日本では360円。

1ヶ月30日として360円かけるの30日は10800円!

上海などの最低賃金が1500中国元ぐらいでしたっけ。

日本円で25400円ぐらい。

この子のコーヒー代だけで月に1万円超えかよぉぉぉぉ!!!!!

ちなみにこれは毎日コーヒーを1杯飲むとして計算しているため、1日に2杯とか、ケーキなどをオーダーすると考えるともっとかかる。

こういうコーヒー代を払える家庭が子供を旧正月の間、外国へ語学研修へ出していると知り、驚きました。

この事を他のクルー達と話すと、香港人クルーがこう言いました。

「最近の中国本土の子供達は、ミルクティとかコーヒーを好むみたい。昔は普通のお茶かソーダ類だったのに。スターバックスなんて、普通の人のランチや夕食代ぐらいの料金なのよ。それをコーヒー代として使っている彼らは、中国本土でもお金持ちの家庭の子供達よ。」

日本で言う中流階級の子供達でさえ、毎日スターバックスへ通っていないわよ。

中国本土人のお金持ち達はどうやってお金持ちになったんでしょう。

これらの子供達を相手しながら、あれこれ考えていました。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




関連記事
THEME:中国 | GENRE:海外情報 | TAGS:

香港らしいトイレの中の注意書き

男子トイレはどうなっているかわかりませんが、女性トイレの中にはこういう注意書きが貼ってあります。



意味は「トイレの便座に靴で上がってウンコ座りするな」という事。

日本人でこういう事をしている人はいないと思いますが、便座のU型のカバーの所に靴のまま上がり、そこの上でウンコ座りをする中国本土人向けにこういう注意書きがあります。

以前の香港も似たような物でした。

今はすっかり西洋式のトイレの使い方に慣れたため、香港人はこんな事をしなくなりました。

しかし問題は中国本土人達です。

日本のレストランや商業ビル、ホテルや空港も、このような注意書きを貼った方がいいと思います。

そして、日本人が書いた英語はチンプンカンプンな時があるため、この英語を真似したらいかがでしょうか。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




寄生虫博士の中国トイレ旅行記 (集英社文庫)

中古価格
¥1から
(2013/12/12 19:14時点)




関連記事
THEME:香港 | GENRE:海外情報 | TAGS:

クレジットカード会社からアジアマイルに関する電話がかかってきた

以前、メインのクレジットカードとしてBank Of China(中国銀行)のカードを使っていました。

その時貯めたポイントをアジアマイルにしようと思い、カスタマーサービスに電話をしたのですが、後日それは出来ないとの手紙が届いた話を書きました。

クレジットカードのポイントをマイルに交換しようと思ったら

なぜリワードポイントをアジアマイルに出来ないのか。

そこでカード会社のカスタマーサービスに電話をすると、「あれぇ?なぜこういう風になったんでしょう。」という返事が戻ってきました。

さっそく調査し、折り返し電話すると言った男性からの電話は全くない。

私はこの件をすっかり忘れていました。

すると今日電話がかかってきました。

「マダム、前回のアジアマイルの件ですが、すでにリワードポイントをアジアマイルに交換して、12,000マイルをクレジットしました。」

えぇ?

電話がないと思ったら、ちゃんと調査してやってくれていたんですね。

あの時、「ポイントをマイルに変換する場合、3週間ぐらいかかります。」と言っていたのに、10日ぐらいでマイルにしてくれている。

バスに乗っていた時に電話がかかってきたので、私はしきりに「それでいつマイレージ口座に入れてくれるの?」ばかり言っていたのですが、「すでに」入れてくれていたんですね。

その報告の電話だったようです。

バスの中の声がでかい中国人達に圧倒されて、彼が言おうとする事が半分ぐらいしか理解出来ていませんでした。

おんどりゃぁ~、中国本土人達、公共の場では声を落とせよぉぉおぉぉぉ!!!

そう思ったのですが、ここは香港、そして中国本土人がうじゃうじゃいるのが当たり前になってしまっています。

私の方が我慢するしかない。

我慢が嫌なら、私が中国本土人みたいに振舞えばいい。

足を広げ、パンツ丸見え、すね毛、腋毛を剃らず、ゲップしながら携帯電話口で大声で話す。

これが出来れば、中国を旅行していも中国本土人と思われるわ。(笑)

上級編になると、爪楊枝をチッチ、チッチやりながら、トイレで屁をこく。

この恥じらいがない行動が出来るようになれば、中国で生きていける。(笑)

しかし日本女子の私は、さすがにトレイの個室でバズーガのような大きな屁はまだ出せません。

中国人は、後ろから前から、うっふ~ん♪、もとい、後ろからもから出す

こういう人の隣に座れたら、なんというラッキーデー!

1日の嫌な出来事が、あっと言う間に頭の中から消えまっせ。(笑)

思わず「出されたら、二倍返しだぁぁぁぁぁl」と言ってやりたくなる時もありますが、別に銀行に勤めて出世街道を歩んでいる訳ではないので、ひたすらこぶしプルプル震わせて我慢しています。(笑)



っという訳で、バスの中で電話内容を上手く聞き取れませんでしたが、ちゃんとアジアマイルの口座へマイルを移行してくれたようで、ほっとしています。

前回、香港ードバイ間のビジネスクラスを利用した時、8万マイルが必要でした。

前回の旅行でマイルを結構使ったので、今だとエコノミークラス席のチケットがもらえるぐらいのマイルしか残っていません。

またこつこつマイルを貯めこもうと思います。

そう言えば、香港でどのクレジットカードがマイルが貯まりやすいかという事を書くと言っていましたので、そろそろそのカードをご紹介しようと思います。



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ








関連記事
THEME:クレジットカード・ローンカード | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

「ユナイテッド航空シカゴ発北京行きの機内で乗客が自殺を図る」というニュースを知り「誰が自殺したのか」と話していた時の香港人クルー達の答えが興味深い

5月下旬に流れていたこのニュース、ご存知ですか?

私は全く知りませんでした。

乗客がトイレで自殺図る、航空機は緊急着陸―中国メディア

***************************

配信日時:2013年5月30日 9時8分

2013年5月29日、米シカゴ発中国北京着のユナイテッド航空の旅客機は、乗客がトイレで自殺を図り、緊急着陸した。中国大手ポータルサイト・新浪(SINA)が伝えた。

一連の出来事は、ネットユーザーのミニブログでの書き込みにより明らかになった。その書き込みによると、旅客機が北極上空を飛行していた時、女性客がトイレに駆け込み、首をつり自殺を図った。このため、旅客機はアラスカに緊急着陸。自殺を図った女性の容体や詳細についてはまだ詳しく分かっていない。北京首都国際空港のデータによると、同フライトはすでにキャンセルになっている。(翻訳・編集/内山)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72772

シカゴ北京線ユナイテッド航空自殺記事写真

***************************

日本語のグーグルで検索しても、たったの9230件しか出てきません。

結構マイナーなニュースとして扱われているようです。

大韓航空機内で日本人乗客が自殺した事があるのですが、グーグルでそれを検索すると244,000件もヒットします。

大韓航空機で日本人女性自殺か、機内トイレで首つり

過去に日系の航空会社機内でも自殺ありませんでしたっけ?

あったような記憶があるのですが、私の記憶違いだろうか。

今回のユナイテッド航空機内での自殺の件を多くの人達が知らないのですが、グーグル検索結果数が全てを物語っている感じがします。

だって私も知らなかったんですから。

私が初めて入った航空会社のトレーニングについて過去のブログに書いていますが、「定期的にトイレをチェックする」と教えられました。

トイレが汚くないかなどをチェックするのかと思ったら、「あまり人が長く篭っていたら、チェックする」という内容があったと思います。

人がトイレで倒れているのかもしれない。

普通はそう考えます。

もちろん私達は病気で急に倒れたりする客が出るのを知っているので、トイレで倒れている可能性を考えたりもします。

しかしそこには「自殺をしているかもしれないから」という理由もあったのでした。

実はアメリカで起きた911テロの前、その航空会社はトイレの引き出しに髭剃り用の剃刀を入れていたのですが、それをばらばらにして手首を切ったりする可能性も学びました。

ドアのフックで首吊りの可能性がある事も知りました。

犯罪人が機内に乗り込む場合、一般客と同じシートに紛れているのですが、両サイドにはエスコートの人達がいます。

このエスコート達はもちろん警察官や軍関係者だったりするわけですが、犯罪人がトイレへ入る場合、このエスコート達も一緒にトイレへ向かい、犯罪人がトイレで用を足している間、ドアを開けっ放しでモニターリングしています。

これは個室状態を作ると自殺する可能性があるから。

私はこのような光景を過去に何回も見ていますが、周りに誰も人がいない場合、ドアを開けっ放しにしたり、人がトイレの前で並んでいる場合、半ドアにして必ず中を見てる引率者がいます。

この剃刀(シェイバー)、なぜトイレの中に入れていたのでしょう。

飛行機の中で髭剃る人って、そんなにいないと思うのですが。

しかし、この航空会社はそれが男性向けのサービスだと思っていたようで、その当時はいつも剃刀が入っていました。

今はこういう事はないと思います。

そして今回のユナイテッド航空機内での自殺ですが、知った瞬間「首吊り」だろうと思いました。

なぜか「機内で自殺=首吊り」としか頭に浮かびません。

なぜなら、もしこの人がトイレの中で倒れていた場合、まず人は「病気持ちか」と考え、ファーストエイドをしようとするから。

しかしすぐに自殺とわかったので、これは首吊りだと思いました。

大量に薬を飲んでいる可能性もある。

もしくは自分を傷つけている場合もある。

しかし、過去の自殺ニュースが頭の中にあるので、すぐに首吊りだろうと思ってしまいました。

そして、「Deporteeか?」と思いました。

Deporteeとは強制送還される人の事です。

このニュースを教えてくれた香港人クルー達とこのニュースについて話しをした時、私はすぐに「自殺した人はDeporteeじゃないのかな」と言いました。

すると香港人達の答えは全く違い、私は驚きました。

彼らの答えは「添乗員じゃないの?」との事でした。

添乗員???

添乗員って、旅行の引率者でしょ?

その添乗員が自殺する???

彼らの言い分はこうでした。

「添乗員の仕事って大変なのよ。特に中国本土の観光客を引率する添乗員って、とにかく大変みたいよ。中国人の旅行のマナーは最悪だし、海外へ行ったらいろんな問題を起こすし。全ては引率している添乗員にやってくるのよ。そして旅行が終わってオフィスへ戻れば、苦情が殺到していて、この添乗員はオフィスでも責められるの。どれだけ精神的に辛い仕事か知ってる?このフライトが中国本土の北京行きと知って、まず最初に頭に浮かんだのは添乗員だったわ。」

彼らは北京語も話せるので、香港発のフライトに乗り込んでくる中国本土人グループの添乗員達と会話をいます。

私は広東語も北京語も話せないため、彼らと会話はしない。

しかし実施に何度も会話をしている彼らは添乗員という仕事の大変さを良く知っている。

だから彼らの頭にまず浮かんだ事は「添乗員」という仕事をしている人でした。

私の頭の中では完全に「Deportee」だったんですけどね。

同じニュースを話していて、こうも発想が違うんですね。



ところでこのように飛行機が目的地と違う空港へ向かい、フライトがキャンセルになっても、航空会社側は問題を起こした人に損害賠償を請求出来ない、またはしないと知っていますか?

もちろん病気で違う空港へ向かった場合の話です。

こういう長距離路線の場合、燃料は満タンに積んでいる場合が多い。

離陸は燃料満タンでも出来ますが、着陸となると機体が重すぎで出来ない。

離着陸が一番危ない事をみなさんご存知だと思いますが、燃料満タンで着陸するなんて、爆弾を積んで滑走路へ降りようとするような物。

それを避けるために、飛行機から燃料を散布します。

私はよく「下を歩いている人がタバコでも吸っていたら、爆発するんじゃないの?」と思ったのですが、「散布」つまり、霧状で燃料をばら撒いているので、そんな事はないらしい。

「外でバーベキューでもやっていたら、どうなるの?

こういう事をパイロットに質問した事があるのですが、もちろん彼らは爆発する事がないとわかっているため、ちゃんと燃料投棄するやり方を知っています。

彼らもあえて山火事の上空を選んで燃料投棄なんてやらない。(笑)

しかしこの満タンに入れられている燃料だけでもX千万円の価値があります。

それを投棄するので、X千万円の損出が出てきます。

航空会社の損出はこれだけでは終わりません。

フライトがキャンセルになったら、その予期せぬ空港で乗客数のホテルの部屋を得なくてはいけません。

これも航空会社が払います。

航空会社側は乗客達が電話をかける場合、その費用を払ったりもします。

多分、最初に何分間分みたいな物を払うのではないかと思います。

食事代も払います。

そして、違う航空会社で飛びたい人がいれば、そのチケットも手配します。

全ていろんな物が航空会社にかかってきます。

機内で病人が1人出ると、X千万円という額の損出が出てきます。

航空会社は泣き寝入り状態です。

しかし今回は自殺。

このような場合、私は航空会社が自殺を図った本人、または家族に損害賠償を求めるべきだと思います。

なぜなら多くの人達に金銭的、精神的、肉体的に迷惑をかけたから。

こういう損出を航空会社側が払うのはおかしいと思う。

日本のJRなど鉄道自殺の場合、自殺した遺族側に鉄道会社側が損害賠償を求めると聞いた事があります。

もしこれが本当なら、航空会社もそうすべきだと思います。

航空会社が乗客を訴えるケース、特に損害賠償のケースですが、過去の判例などあるのでしょうか。

個人の自殺で莫大な損出を受ける航空会社側は、ちゃんと損害賠償請求をすべきだと思います。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




自殺のコスト

新品価格
¥1,260から
(2013/6/12 12:10時点)




「命」の値段―自殺から殺人、事故死、過労死まで‐死の経済学

中古価格
¥248から
(2013/6/12 12:11時点)




関連記事
THEME:航空会社 | GENRE:旅行 | TAGS:

中国本土人のちょっとした親孝行

最近のフライトでは、中国本土からの団体が乗り込んできました。

見た瞬間、すぐに中国本土人はわかる。

特にこの団体は農業関係の人達のようで、日焼けしている。

そして全く英語が通じません。

運よく私と一緒に働いた男性クルーが北京語が話せる人だったので助かりましたが、このクルーも大変でした。

なぜなら彼らの北京語がなまっていたから。

中国と香港の国境付近出身者の団体かと思ったら、中国の内陸部出身者の集まりのようです。

香港人クルー達の中で北京語がわかる人がいるのですが、流暢とまでいかないので、お手上げ状態でした。

そこでこの北京語ペラペラのクルーがキャビンを忙しく動く事になりました。

北京語は普通語と中国国内では言われていますが、実は地域によってなまりがあります。

つまり、東京の人に沖縄の人が沖縄弁で話しているような物。

特にこれらは年配の人達が多かったので、その地区の訛りが入っている中国語を話していたようです。

飲み物一つオーダーするにも、全く英語が通じないものだから、私はひたすら飲み物のカートの中ににある物を見え、指でポイントしてもらう事に。

お茶だったら「チャ~」みたいな発音なのでわかるのですが、その他は何を言っているのかわからない。

こうなったら、これら全ての人にお茶だけ渡せばいいのか!?

こういう時こそ、あの中国国内線で使われていた、大きなやかんが必要だわ。

お茶

この「やかん」についてのブログはこちらからどうぞ。

臭いで席替えー昔の中国国内線フライトで出されていた「やかん」



ところでこれらの団体さんにとって、外国の大きな飛行機に乗るのは初めてのようです。

一応彼らが住んでいる都市から小さな飛行機で香港へ入ったようですが、外国の、それも大型機が初めてのようで、機内で流される英語のセーフティビデオを見てもチンプンカンプン、キャプテンが英語でアナウンスを入れている時にも「おぃ!」みたいな感じで、私に中国語で話しかけ、「何を言っているのかわからないから通訳しろ」という態度。

だから私は手で「ちょっと待って!後で北京語でアナウンスを入れる人がいるから。」という動作をしながら、その場から去りました。

食事サービスも大変です。

彼らの訛りがわからない香港人達も苦労しています。

とにかく食べ物を見せて、どっちが欲しいかの確認をひたすら続ける。

やっとミールサービスが終わったかと思ったら、今度はトイレの前には長い行列。

人が入っているのにもかかわらず、ドアを押す、叩く、そして何か中国語で叫ぶ。

あぁぁぁぁぁぁぁぁ、何なの、このフライトは!!!

そういう中、年老いた男性にぴったりとくっついている40歳代ぐらいの男性がいました。

多分父親と息子と思われます。

この父親、トイレの使い方がわからないようです。

そこでこの息子は何をしたのかと言うと、トイレのドア全開で父親をトイレの便器にうんこ座りさせました。

息子としては、父親がちゃんと用を足せるか確認したかったようですが、この様子を見た私はびっくりしました。

あわててドアを閉じるように言うと、中が狭くて2人入れない物だから、半ドアにするという事でOKを出しました。

この兄ちゃんがもっと若くて、同じ事をやっていたら、「兄さん、良い物を見せてもらって嬉しいわ。」と思えるのですが、よぼよぼのおじいさんが便器の上でうんこ座り。

中国本土人達は、いまだに便器には「座る」という事を知らず、うんこ座りする人がいるんです。

彼らが使った後には靴のマークが残っている。

それを見た外国人達は、今度は私達に文句を言う。

座る場所に靴のマークがついているって、めったに見た事がないと思いますが、あのUの形の便器の淵に、ドアを向いてうんこ座りするんです。

中国人はだんだんと垢抜けてきましたが、いまだに田舎では地面に穴を掘り、両サイドに足を置く板を設置しているトイレがあります。

農家なんて、まさにこの状態。

この40歳代の息子は、父親の用が終わると、すぐに座席へ戻りました。

そして今度は母親を連れてきた。

さすがに半ドアで用を足させるわけにはいかないので、とにかくドアを閉めてもらい、何かあったらオレンジ色のボタンを押してもらうようにして、終わったらドアを叩いて息子に知らせるようにしてもらいました。

私と北京語がわかるクルーの2人もこの男性と共にトイレの前に立っていたのですが、北京語がわかるクルーとこの男性は話を始めました。

そして話が一通り終わると、私に通訳してくれました。

「彼らは凄い田舎に住んでいるみたいで、みんなその地区の人達みたいだ。この息子が言うには、海外旅行は初めてだそうだ。この息子は都会に出稼ぎに行って、貯めたお金で両親を初めての海外旅行に連れて行っているんだって。」

この話を聞いた瞬間、泣きそうになるぐらい感動しました。

田舎から地方都市へ出稼ぎに行って、こつこつ貯めたお金で両親を初めての海外旅行へ招待したこの息子、偉いわ!!!

なんという親孝行!!!

顔は日焼けしていて、髪の毛なんかもあさっての方向に向いていて、本当に田舎にお兄さんって感じの男性なのですが、やる事は素晴らしいじゃないですか。

「兄さん、あんたは偉い!!!」

それを中国語が話せるクルーに訳させると、彼は照れたような笑顔で「シェーシェー」を繰り返しました。




中国本土人は、大声で話す。

マナーなんかない。

いろんな事が言われていますが、その裏での「親孝行」という話、聞いた事がありませんでした。

こういう人と1人でも出会うと、今まで彼らを見ていた偏見みたいな物が、ふっ飛んでしまう。

マナーなんてないけど、がんばって働いて親孝行をする。

私達日本人ににとって、彼らの旅行費用は安い物!

しかし田舎の人の場合、そうとう長い間働いて貯めないと無理な話です。

いまだに田舎の農家の人達なんて1万円、2万円ぐらいで生活している人もいるぐらいですから。

都会の、それも北京や上海などの生活ばかりがテレビで流れ、お金がうじゃうじゃ流れているように見えますが、中国人の多くが貧困層です。

大都市に住めば、それなりのモダンな生活が出来ますが、田舎の、それも農家となると、生活は楽ではない。

だから、子供達は都会へ出稼ぎへ行かなくてはいけません。

その典型がこの親子だったのかも知れません。



今回のこの出会い、こっそりビデオカメラを持って、彼らの後ろから映像を撮り続け、ドキュメンタリー番組でも作りたいぐらい。

初めての海外旅行、この両親はどういうリアクションをするのでしょう。

そして、同時にこう思います。

日本人でさえこんな事する人少ないぞ!

親孝行は親が元気な内にやりましょう!

旅行の思い出はプライスレス!

よっしゃ、マスターカード、発行するぞぉぉぉぉ。

マスターカード、良いキャッチコピーをつくりましたね。(笑)


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ







関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

上海ディズニーランドに行く?行かない?

上海にディズニーランドが出来るというニュースが流れています。

よかったですね~。(笑)

何がよかったかと言うと、香港にもディズニーランドがあるのですが、中国本土からもやってきている。

彼らの中には日本のディズニーランドへ入れない人達もいる。

つまり、日本へ入るビザが下りない人達。

それでもディズニーへ行きたい人は、香港のディズニーへ入る。

するとどうなるのかと言うと、香港のディズニーランドには中国本土の人達が溢れている。

お金持ちの中国人は、日本やアメリカのディズニーランドへ行き、小金持ちは香港へという流れがあると思います。

私は香港のディズニーランドへ一度も入っていません。

行く価値はないかなと思っているから。

しかし知り合いは年間パスポートなる物を購入しています。

理由は、彼らをしたって香港へ入る親族や友人の数が多いらしく、子持ちでやってくると必ずディズニーランドへ行きたがるから。

案内してくれと言われるそうで、それで仕方なく年間パスポートなる物を購入したわけですが、個人では行かないとの事。

理由は私と同じ。(笑)

この香港ディズニーランド内の写真がネット上でも出回っていますが、とにかく汚い。

植木の陰で用を足す。

暑いからと言って、上半身裸の男性がうろうろする。

どこにでも痰を吐く。

どこにでも座ったり、寝そべったりする。

飲み物、食べ物をゴミ箱に入れず、ベンチの上や下などの放置。

などなど、とにかく日本のディズニーランドでは考えられない事がここでは行われているようで、この園内を掃除する人達も大変だと思います。

まず、中国人達はどこででも小便、大便をする。

トイレへ並ぶ事を嫌う人がいて、また並ぶ時間が長いとわかると、木の茂みに消えたりするらしい。

だから私は言われています。

「絶対に、ディズニーランドの植木付近には近づくな。」と。

香港の地下鉄のMTRに乗っていた時、中国本土人の子供が尿意を訴えた。

母親は自分のペットボトルの水を飲み干し、子供のズボンを降ろして、チンチンをペットボトルの口に当て、その場でおしっこをさせました。

目の前で繰り広がれるこの光景に、私を含め、多くの人達が唖然としました。

普通なら、次の駅で子供と一緒に降りる。

香港人だとそうする。

しかし中国本土人のこの親子は、公共の場にいようが、関係ない。

中国本土人がショッピングモールの通路で大便をやったり、飛行機の通路で大便をやった事がニュースとして流れていますが、飛行機の通路で大便って、あ~た、何考えてるねん!

しかしおかまいなしらしい。

香港ディズニーランドに関しては悪い事ばかり耳にしているので行く事はありませんが、そのもっと規模が大きいバージョンが上海に出来るそうで、すでにどういう風になるのか目に見えています。(笑)

お金持ちは日本とアメリカ、中国本土の小金持ちは中国本土のディズニーランドへ。

なんとなく上手く出来ていると思いませんか。

しかしこの上海ディズニーランドを香港側は快く思っていません。

なぜなら、香港ディズニーランドが建設されるとなった時、上海にディズニーランドは作らないとなっていたから。

香港政府は観光客をもっと呼び寄せるために、私達の税金を投入しました。

今の香港ディズニーランドは税金で出来ている。

ディズニー側も「上海には建てないよ」みたいな事を言っていましたが、やはり月日が流れると上海にも作るとなりました。

香港政府はもちろん怒っていました。

お金儲けのためなら、香港側を怒らせても関係ない。

そうディズニーは思っていると思います。

ディズニー側は「香港は小金持ち中国人や海外から、特に東南アジアなどからの観光客向け」、そして「上海は中国本土人向け」みたいな事を言っていましたがら、中国本土人向けと聞き、ますます怖くなりました。(笑)

こちらは香港ディズニーランドの「禁煙」エリアでタバコを吸う中国本土人の画像。

彼らはディズニーランドであろうが関係なく地面に座る。

Hong-Kong-slams-Chinese-as-locusts-5.jpg

ディズニーランドのお土産ショップの前で子供に小便をさせる親。

Disney hong kong


上海のディズニーランド、楽しみですなぁ~。(笑)


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




<中国の安宿、格安・高級ホテルがずらり!>


関連記事
THEME:中国 | GENRE:海外情報 | TAGS:

「中国本土の子供が日本人の子供にどのような醜態を見せたか」という話

中国の教育がよく出ています。

ツイートした物をブログに貼りつけてみました。





1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ





関連記事
THEME:中国 | GENRE:海外情報 | TAGS:
Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク