FC2ブログ

格安オススメサイト

プロフィール

frombangkok

Author:frombangkok
「新外資系フライトアテンダントのブログ」へようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事検索・カテゴリーリスト
<< 全タイトルを表示 >>
おすすめ情報

航空業界就職ガイドブック 2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,750から
(2016/6/30 12:16時点)

外資系客室乗務員になる本 改訂版 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:52時点)

国内エアライン客室乗務員になる本 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,980から
(2014/3/7 02:53時点)

Twitter
タグクラウド
満席 FREEJ フリージ くまモン MBA ハローキティ 歌手 カタール航空 国交断交 スターアライアンス Silence 外海町 遠藤周作 沈黙 サイレンス 国王 サルマン 秋葉原 手相 玉の輿 スポーツ ジェット噴射 海上 消防士 消火活動 胴体着陸 火災 事故 ポルシェ マラドーナ プロ野球 ハンカチ王子 湖池屋 日清食品 ポテトチップス トムヤングン カップヌードル オブジェ マクラーレン ハマド国際空港 特別機 ダッカ グルシャン 外交地区 日本政府 ヤフー 自動車税 プロポーズ ダイバー ブルジュ・アル・アラブ お菓子 デザート 三菱重工 火星 ロケット 火星探査 PointsHound IKEA 家具 バーレーン Kingdom Sheikhdom パームジュメイラ シーア派 スンニ派 お葬式 タワーパーキング スマートウォッチ 警告音 ASUS タッチパッド マウス GACKT 建築作業員 出稼ぎ労働者 オマーン航空 ミネラルウォーター 警察犬 松尾警察犬訓練所 訓練士 チワワ ペット Lollipop バンド 解禁 GDP ニアミス 衝突 資産 政治家 ゴミ 花見 スイス ノートブック スポーツカー コックピット チャリティ バーガー 家政婦 移民 メイド 徴兵 リー・クワンユー ビジネスマン SIMORE ミスユニバース 日本代表 混血 新婚 QUEEN ペルシャ ボリウッド フレディ・マーキュリー AIDS ANA 月給 糖分制限 カロリー コンドミニアム 高層マンション マリーナ 不動産価格 新興国 万里の長城 イラク 国境 ISIS Mashallah アル・ジャジーラ ステッカー 誕生日 AMAZON 住所 私書箱 LG ブレスケア 文具 電化製品 ぺんてる 直行便 身元確認 他人名義 投資銀行 トレーダー 役員 CEO 結晶 アザーン 女性専用 イスラム法 イスラム国 ドライアイス ジップロック 駐在員 注意喚起 空爆 有志連合 撤退 ヴァージンアトランティック 日本路線 身代金 渡航中止 援助金 シルバーウィーク 夏時間 海外旅行傷害保険 カレンダー ジャーナリスト 外務副大臣 拉致 アナウンス 拍手 誘拐保険 フィフィ 誘拐 SNS 危機管理 ランタンフェスティバル 異国情緒 ビオレ Biore コスモス 北海道 出前一丁 花王 Kao Redoxon ビタミンC シェイクダム 王国 スデイリセブン バハレーン メッカ OLYMPUS 錦織圭 TIME 表紙 新聞社 暴力 風刺画 石油 免除 富裕層 天然ガス エアアジア DUAL SIM2枚 整備士 社会進出 スカーフ タクシー オリエンタル ランドセル カレー 親日家 ケーキ ナショナルサービス インフラ 国体 AU がんばらんば アート 大学教授 ハロー注意報 成田空港 非常口 フィリピン航空 高速道路 水害 Eid キッザニア Maryam 首長家族 Sheikha マレーシア航空 ウクライナ スーパーカー ラクダ 警察車両 ドバイ警察 女装 物乞い 慈悲 スカイダイビング 犯罪 ドバイハムダン皇太子 肺炎 結核 乗客 LFA 車高 車幅 坂道 出会い オーナー 759Store 食料品 長距離 ルームサービス 色鉛筆 新幹線 ポカリスエット 大塚製薬 オロナミンC ドバイ湾岸地方 スティーブ・ジョブズ テロリスト タリバン FIFA 人口雲 捕虜 CNN コスプレ USBケーブル ワールドカップ ブラジル キャプテン 中国語 OCTOPUS NFC おさいふケータイ グラバー園 昇級テスト リンガー亭 フリーメイソン 握手 指輪 都市伝説 秘密結社 和菓子 白餡 スーパーマーケット 果物 Ghibli イタリア語 民族衣装 セーフティカード 外出禁止令 おくれ毛 茶髪 髪の毛もどし 金髪 就職活動 生協 飲食業 ヘアスタイル 小保方晴子 事件 眉毛 人材 サイバー事件 無罪 裁判 警視庁 表情 片山祐輔 キャンセル 夜間外出禁止令 ヨーグルト 一村一品 OTOP 首相 香港航空 スカイマーク 世界の中心 ロシア人 ドラえもん 西太后 高円宮家 あいしんかくら・けんき 婚約 愛新覚羅顕琦 マタ・ハリ 川島芳子 かき氷 気温 責任 判断ミス ミニスカート 社長 株主総会 MCC スカート丈 水上モーターボート 結婚式 プロモーション Prestige コロナウイルス 試験官 紛失 中東呼吸器症候群 教科書 チャット メッセージ 電話番号 333 病欠 バニラ航空 ベトナム 大金 バーツ ボルト キャップ ディーラー ファンドHSBC ECONOMIST 雑誌 小学一年生 法定速度 パトカー 交通事故 鑑識 旅館 早岐 ハウステンボス 茶市 削除 容量 SDカード ミュージック CD ノリノリ ディスコ 美容整形 キレーション 身体検査 洗車 スタンバイ 梅の花 医療 Boots Euthyrox 薬局 バムルングラード チラージン Levothyroxine 甲状腺 東日本大震災 厚生省 保険会社 健康診断 軍艦島 仏教 進撃の巨人 飛行機事故 マニア 機内サービス 補償 ワルシャワ条約 モントリオール条約 火球 会談 ハイヒール 英国王室 芝生 外遊 ジョージ王子 Nol Octopus メトロ Felica 竹崎蟹 マカオ 売春婦 PIMP ミリオネア 大王製紙 ラジオ体操 爆睡 血液検査 カステラアイス ニューヨーク堂 スカイマーシャル エアマーシャル 会議 クルーバス 修学旅行 趣味 ショッピングモール ライト レモン 芳香剤 金券 医療費 恩恵 マイレージ会員 ツアーコンダクター スリット 負の連鎖 品格 同業者 セクハラ パワハラ ワーキングホリデー キャピタルゲイン 永住権 医療制度 フジテレビ やらせ ノンストップ! クレーマー 検索エンジン アカウント グーグル 皇居 三種の神器 震源 増税 消費税 衛星 マレーシア航空機 自衛隊 捜索 クリス・パッテン総督 英国領 儲かる情報 高級車 MNP 軽自動車 鳥栖 アウトレットモール フードコート COACH スポーツモード 言葉使い 小龍包 ホイール 小長井 焼き牡蠣 修道女 スター クリスティーナ・スクッチャ アリシア・キーズ JCB UnionPay DMM 清原 FOREX 犯罪者 為替どっとコム タイミング safeTstep Aerosoles 滑らない靴 Payless ローヒール ザ・シークレット 豪華客船 週刊ダイヤモンド 観光列車 価格満足度 家事 ベビーシッター フィリピン人 広報 池上彰 韓国料理 ウイリアム王子 サルマン皇太子 バケーション モルディブ B777 サンドアート 祈祷師 砂絵 地震対策 航空学校 ネパール ブラックマジック 黒魔術 STAP細胞 ベートーベン 村河内守 科学者 論文 チャカ・カーン ワンタンヌードルスープ 黒酢 到着ロビー マレーシア航空事故 ビーコン スライド レスキュー隊 ラフト 行方不明 クアラルンプール Delay 北京 発砲 送料無料 ネットショッピング マネーロンダリング 中国富裕層 ビットコイン Bitcoin 取引所 イスラム同胞団 オーバーブッキング 鉄砲 火縄銃 日系人 シャワー B787 空気 湿度 リンゴ アフリカ Apple 加湿器 アイスバケット 湯気 アブダビ首長国 米国海軍 マウントゴックス 仮想通貨 ANXBTC 牛乳 縦列駐車 ココウォーク クランク 自動車学校 ドバイ皇太子 アブダビ皇太子 二足ロボット 花束 リゾート ボディガード 早稲田大学 ニナ・リッチ シャイラ ヒジャブ 早稲田 ロボット MtGox スカイプ 取引停止 Skype 2枚 エクスペリア 君が代 便座 TOTO 大学制度 初フライト ベーグル フィラデルフィア クリームチーズ メダル マレーシア オリンピック ソチ パリス・ヒルトン セントラル地区 J.P.Morgan ドバイ空港 ベリーダンス アラビック 免税店 NXB DXB Spinneys ベーコン 豚肉 国名 牛肉 ミッション クラウン ドラマ アスリート IPアドレス タダ乗り ソーブ Thobe 噛む 選手村 竹田恒泰 ブーツ 観光 高須クリニック 学習帳 ジャポニカ ドバイ首長 ドーピング Godolphine 競馬 バナー 資生堂 URL ブルジュ・カリファ ブルジュ・ハリファ サービスフィー パーム・ジュメイラ Emaar 銃殺刑 従業員 スウェーデン 妊娠 女性従業員 権利 兵役制度 憲法 税務署 淡路恵子 デヴィ 着物 内閣府職員 ゴムボート 北九州 ストレステスト 都知事選 ヌード デヴィ夫人 田母神敏雄 スカルノ インドネシア 石原慎太郎 イモトアヤコ 高梨沙羅 五輪 オセアニア 四輪 シンボル 選手 マスコミ SOCHI De-ice 公共交通機関 雪対策 羽田空港 バスルーム ハッカー エンターテイメントシステム PANASONIC パナソニック 家電 稲垣隆 佐村河内守る ゴーストライター 大便 人権 生命保険 旧姓 緘口令 セミナー NANCY・AJRAM AMR・DIAB HAIFA キャンディーズ 伊藤蘭 水道水 ガイザー ハリファ ブルジュ 安部政権 平均給与 都道府県 株価 アナログ時計 Audi 自動 ミッフィー アラビックコーヒー 明日ママがいない CM TomoNews AC 高級水陸両用車 Panther 教習所 交通標識 免許 筆記試験 ベドウィン 預言 建物 MISIA メシア 録音 タブー ベッド 飲酒 非常事態宣言 マカオ航空 キャロライン 747SP マカロニ 県営バスターミナル 国際免許証 ナンバー 警察本部 切符 交通反則 スエジュール スケジュール 新年会 護国尊皇 駐車 お賽銭 Edy 高校 フリーター 正社員 生涯賃金 パスタ ブロッコリー お年玉袋 ラーメン 宝物 ガーディアンエンジェル リアクション クローゼット パイプハンガー オランダケーキ 卓上カレンダー アンケート 注連縄 門松 更新 公務員 スヌーピー 新島 小笠原諸島 火山 西之島 抹茶ラテ 落し物 正直者 国際線 ユニバーサル キリスト教徒 インテグラ ホンダ 80歳 傘寿 天皇陛下 独身 ヌードルバー 上海スタイルヌードル NARUMI 夕食 チーズ コラボ エアバッグ プレミアムエコノミークラス シートベルト エンターテイメント スパークリングワイン ラッチ コースター プリデパーチャードリンク PROSECCO CAVA 無料航空券 アワードポイント ジュリーック アメニティポーチ アニエス・ベー Jurlique カルチャーショック ジャンプシート 風俗店 キャバクラ 歌舞伎町 国費患者 治療 家庭教師のトライ コカコーラ 矢沢永吉 すき焼き ロミオとジュリエット ムスリムミール エジプト 東京ばな奈 源氏パイ 注意書き ウンコ座り DAMAC アライアンス ワンワールド 竹島 尖閣諸島 領土問題 養子縁組 障害者 ダウンシンドローム 旭日旗 日の丸 フラットメイト 水漏れ すっぴん メイク SHANE-RU 写ねーる 広東 深セン Keurig K-CUP エスプレッソ Tully's 在留邦人 信号機 消火器 デマ 万博 毛沢東 カルピスバター 万博誘致 スワナプーン フォトショップ カメラマン アナウンサー 民主化 サービス業 学歴 燃費 サイ SAI 企業名 JAPAN YAHOO LS タイ語 アラビア文字 ターミナル21 ロビンソン ソムタム パッタイ マンゴー フランス料理 フレンチ ビジネスランチ スクンビット MK 広東料理 凶器 ぬいぐるみ モンゴル 名古屋 ウランバートル パン スポンジケーキ ドライブレコーダー WIFI 被害 サプリメント 注射 ZINC 台風30号 ハイエン ベストウエスタン スイートルーム モンスーン 熱帯低気圧 カイエン コスメ 化粧 スカート 日本国籍 社会人 エチオピア アディスアベバ 南極 なるほど・ザ・ワールド 首都 半額 クーポン お試しキット トラック 下水 汲み取り 下水処理場 ペディキュア マニキュア ネイル ネイルポリッシュ コンシーラー

タグクラウド ver 1.00 by SUH

機内で免税品を買いあさる中国本土人達ー中国本土人御用達のUnionPay

香港発着便には多くの中国本土人達が乗り込んで来る時があります。

彼らは主に香港の国境近く(広東省)に住んでいる人達です。

彼らは飛行機やバスなどで香港国際空港へ入り、そこから出発したりしています。

彼らが香港を利用する理由の一つが「航空券が安い」から。

たとえば広東省にある空港からの国際便の数と香港から出ている国際線の数は、比較にならないぐらい香港の方が多い。

多くの航空会社が出入りしていると言う事は、競争が激しい。

たとえば香港ーバンコク間なんて、いろんな航空会社が競争をしています。

中国本土人達もバンコクが好きなため、香港では安いチケットが簡単に手に入ります。

航空券は自国からバンコクへ入るより、どこかを経由してバンコクへ入った方が安い場合が多々ある。

個人的に私としては遠回りなので、もっと航空券が高くなるイメージがあるのですが、そうやっていろんな航空会社がそれぞれのベースになる国に飛行機利用者を一度呼び寄せて、そこに集まった人達を一つの場所へまとめて飛ばす作戦に出ています。

だから、日本からヨーロッパへ直で飛ぶと高い時があるのですが、中国や東南アジアを経由すると安い場合があります。

もちろん安いのには理由があり、トランジット時間を含む飛行機での移動時間が長くなります。

それでも時間に余裕がある人達は、こういう航空券を購入して乗り込んできます。

出来るだけ安く航空券を購入した人達は、香港へ戻るフライトの中で何をするかと言うと、免税品を買いあさる。

お金を持っている客達はいつでも欲しい物が手に入るため、そこまで切羽詰まって買う事をしませんが、機内で売られている免税品が安いとわかると、最後になる帰国便で買い物をとことんやります。

私は機内免税品を売る担当をしませんが、このセールス担当の業務が大好きなクルー達もいる。

なぜならコミッションがもらえるから。

何パーセントもらえるのかしませんが、「塵も積もり積もれば山となる」と言われていますが、こういう風に小銭みたいなコミッションを稼ぎたいクルー達もいる。

しかし乗り込んで来る客層によっては、さっぱり売れない時があります。

そういう時は、ひたすら免税品が入っているカートを開けて、閉めるだけ。

もちろんコンピューターディバイスを使うため、いろんな情報を打ち込み、プリントアウトしなくてはいけません。

さっぱり売れないのに、こういう他の人がやらないコンピューターの仕事をしなくてはいけない時があり、コミッションがもらえるかは運次第となります。

しかし、季節や時期によっては、中国本土人が大移動する時があり、その時の免税品の売れ方が凄い。

離陸後、食事のサービスの後、免税品の機内販売をしますみたいなアナウンスを入れるのですが、その段階で予約を申し出てくる人がいるので、食事のサービスが終って、実際にどの商品がカートに詰まれているか確認するまで予約は受け入れられないと伝える。

中には全く免税品に興味をしめさない団体もある。

ところが、食事後、1人免税品を買うと、その商品を見た人達が、そろそろ免税品のカートを閉めようかという時にどっと押し寄せてくる。

免税品担当者は、そろそろコンピューター情報を閉めようかしらと思って、残っている商品の数を数えたばかり。

そういう時に、いきなりギャレーにやってきて、商品を買いたいと申し出てくる。

前回のフライトでは中国本土人達が10人以上やってきて、カートに入っている商品を触りまくる。

免税品販売を担当している人達は、誰がどの商品を手にしているかわからなくなるので、私みたいに暇しているクルー達に連絡を入れて、彼らをモニターするようにお願いしてくる。

私もまるで警備員のごとく仁王立ちで、ギャレーを見張る事になります。(笑)

男性の場合、サングラスや財布、時計に興味がある。

女性の場合、香水や口紅、美容液など。

「免税品の箱を開けて、中身を見たい」と女性達は必ず言います。

その理由は、実際の口紅に色を見たいから。

しかしプラスチックコーティングされている箱を開ける事は出来ない。

そういう時に、実際に私が使っている口紅などを見せると、あっと言う間にその口紅が売れてしまう。

在庫は限られているため、早い者勝ち!

口紅を購入出来なかった人達は、今度は香水を欲しがる。

免税品用雑誌に載っている香水をあれこれ指差すのですが、香水の場合サンプルがない。

そこでクルー達が実際に使っている香水を見せたり、嗅がせたりすると、あっと言う間のその商品が売れてしまう。

サングラスや時計を購入出来なかった男性客達は、今度はタバコやアルコールを購入しようとするのですが、これもあっと言う間に売り切れる。

だから、欲しい物が手に入らない客達が出てくる。

そうこうしていたら、パイロットが「あとXX分で香港に到着する予定です」などのアナウンスを入れる物だから、免税品担当者はこれらの人達を無理やり追い払い、もうこれ以上売る事が出来ないと言う。

その時の彼らのがっかり様は、文章では表わされない物があります。

「商品はまだ残っているのに、なぜ売れないのか」

そう文句を言ってくる人もいます。

しかし在庫数の確認と、これらは「免税」品なので、売り上げなどの書類作成、コンピューターを閉める作業など、時間がかかる仕事をしなくてはいけないので、これ以上売る事が出来ない。

その手間ひまの時間なんて、彼らの頭には全くないため、ぶつくさ文句を言ってくる。

フライト時間はあれだけ長かったのに、もっと早く彼らは購入出来たのですが、彼らはいつも誰かが購入して、なかなか良い商品だとわかると、なぜかフライトの最後らへんにやってくる。

ひょっとして、買おうか、買うのをやめようか、最後まで悩んでいたのか!?

中国人達の凄い所は、とにかく勝手に商品を手にして見る事。

だから、私みたいな監視役が必要になる。

免税品担当者は1人1人の客達を相手にするようにしている。

それなのに、いきなり10人以上やってきて、あれやこれや言いながら、勝手にカートの中から商品を手に取るので、本当に「追い払う」という言葉がぴったりの行動を私達は取らなくてはいけません。

しかし彼らは良き広告媒体でもあるのです。

中国本土へ戻り、知らない内に「クチコミ宣伝」をしてくれているのです。

「XX航空会社の免税品の方が安かった」

「あの航空会社にはXXのサングラスがあった」

などなど、そういう情報をお土産話として話しているのでしょう。

それを聞いた人達が今度乗り込んで来る時、すでに欲しい物を決めて乗り込んで来ています。

だから「予約」をしようとする。

私は上手い具合にこのクチコミが広まっているなと、いつも思っています。

そして、誰でも出来るだけ安く手に入れたいとわかっているので、免税品の商品を実施に購入して使っている私達は、まるでデパートの美容部員のごとく商品を見せる。

見せると、本当にあっという間に商品が売れて行く。

手伝った私には一切コミッションが入らんぞ!(笑)

でも、こういう時はチームワーク!

てんてこ舞いのクルーを見て、だまっている訳にはいかないので、自然とお手伝いします。

ところで、最近の中国本土人達はクレジットカードを持つようになりました。

以前はクレジットカード会社が中国では「中国人は信用出来ない」という理由でカード発行をしていませんでした。

中国本土で初めてクレジットカードなる物を出したのは、たしかCITIバンクだったような記憶があります。←間違っていたらゴメンという事で。

今ではVISAやマスターカードなど、目にするようになりましたが、あまり信用されていない中国国民向けに、中国は独自のクレジットカード決算方法を生み出しました。

そのカードがUnionPayという物です。

union-pay-credit-card-22294268.jpg

そもそも中国のCITI BANKは「裕福層」をターゲットにしたような銀行だったらしい。

だから、その銀行の顧客達はVISAなどのカードを手にする事が出来たようです。

しかし一般の中国国民の信用なんて、全くわからない。

彼らもその当時が現金主義の部分がありました。

札束を輪ゴムで巻いてポケットやバッグに入れて、飛行機に乗り込んでいました。

香港人が言うには、「あのお札を輪ゴムで巻いて取り出すやり方は、見せるための物よ。ちゃんとお金を持っているってアピールしたいのよ。」との事。

だんだんと中国本土人達がお金を稼ぐようになり、ある程度銀行から信用を得るようになって、初めてクレジットカードなる物が発行されるようになりましたが、中国はこのUnionPayという物を作り上げ、中国本土人達はこのカードに飛びつきました。

なぜなら、海外旅行をするにはクレジットカードが必要になるから。

以前、現金を受け取っていた私達は「このお札、本物なんだろうか」と疑っていました。

しかしクレジットカードを使うようになり、私達も安心して商品を売る事が出来るようになりました。

この独自の決算方法ですが、これは外国のVISAやマスターカードが中国本土人向けになかなかカードを発行しなかったからではないか、と思っています。

もしくは、「今後クレジットカードという決算方法で儲かる事が出来る」と考えた企業が始めたのかも。

中国本土人は海外でよくこのUnionPayのクレジットカードを使っているのですが、香港の場合、多くの店が受け入れてくれます。

しかし、日本の田舎に行くと、このカードが全く使えない。

だから「VISAカードなどを使ってください」と言っても、持っていない人がいる。

日本の店側もお金が欲しい。

そこでこの数年という間、Union Payを扱う店の数が増えました。

東京の銀座なんて、特に増えたのではないでしょうか。

圧倒的に人口が多い中国人達は、いつかJCBのカードより歓迎されるようになる事でしょう。

だいたいJCBなんてカード、海外で使えない所が多い。

逆にUnion Payの方が増えてきています。

そして、世界中で使われるカードは、やはりVISAとMaster Cardです。

私はアメリカン・エクスプレスも愛用しているのですが、日本の田舎へ行くと、取り扱っていない店が多いため、不便です。

今の所、UnionPayがVISAやMaster Cardの発行数を超える事はないと思われますが、日本中でUnionPayのステッカーを目にするようになるのも時間の問題だと思っています。

三井住友VISAクラシックカード

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




スキミング防止カードケース ブラウン

新品価格
¥2,480から
(2014/3/22 12:25時点)



関連記事
スポンサーサイト



THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

エミレーツ航空のマイルをクレジットカードで貯められない

前回ドバイ旅行をした時、滞在ホテルでエミレーツ航空のマイルを貯める事が出来ると知りました。

全くエミレーツ航空の事なんて頭になかったのですが、チェックアウトをしていたら、その傍らにエミレーツ航空のマイルについて書いてあり、私もマイルを貯める事が出来ると知り、さっそくマイレージ口座に加算してもらう事にしました。

ひさびさにエミレーツ航空のマイルが増えた訳ですが、こうなったらアジアマイルだけでなく、エミレーツのマイルも貯めてみるかと思い、香港で発行されているクレジットカードをチェックしてみたのですが、どのカードもエミレーツ航空と提携していない。

日本発行のクレジットカードも一応チェックしてみたのですが、私が知っている限りでは、クレジットカードのアワードポイントをエミレーツのマイルに交換出来ない。

UAE・アラブ首長国連邦で発行されているクレジットカードならマイルが貯まるようですが、香港で発行されているカードとのタイアップをみかけません。

ちなみに日本で発行されているクレジットカード、たしかNICOSカードだったでしょうか、これだとアジアマイルを貯める事が出来るようです。

エミレーツ航空のマイルに変換出来ませんが、アブダビのエティハド航空のマイルに変換出来るカードは、いつもこのブログで紹介している「アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カード」になります。





このカード、日本に住んでいるなら絶対に発行していると思う。

なぜなら、対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品のご購入で「スカイ・トラベラー 3倍ボーナス」になるので、ポイントを貯めやすいから。

今の所、対象航空会社(20社/五十音順) (2013年9月現在)は、 アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、オーストリア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空となっています。

今後、日本航空が抜けると思いますが、それでもこれだけの航空会社と提携している。

キャセイパシフィック航空も入っているので、アジアマイルを貯めたい人にも便利なカードとなっていますが、肝心のエミレーツ航空が入っていません。

しかしエティハド航空が入っているため、エティハドでアブダビに入ると、車で1時間ぐらいでドバイに到着するため、エティハド航空を利用する手もあります。

そして私は今だに一度もエティハド航空に乗った事がない。

そこで香港でエティハド航空と提携しているクレジットカードを探しているのですが、なかなか見つからない。

この日本で発行されているアメリカンエクスプレスのスカイトラベラーカードと同様のカードが香港にはありません。

このカードが香港で発行されれば、本当に嬉しいのに、なぜか日本だけ。



そこでカードマニアのみなさんにお尋ねしたいのですが、エミレーツ航空のマイルを貯める事が出来るクレジットカードをご存知でしたら、教えてください。

ただし日本、または香港発行のカードとします。

アジアマイルは相変わらず貯めているのですが、今回のドバイ滞在でエミレーツのマイルが少し増えたので、サブとしてエミレーツのマイルも貯めて行こうと思っています。

良い情報がありましたら、お知らせください。

上で紹介したカードについては、こちらをご覧ください。

アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カード



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ





関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

キャセイパシフィック航空やドラゴン航空のAsia Miles(アジアマイル)を貯めるのに便利なクレジットカード

香港在住の人達は、いったいどういうクレジットカードを使ってアジアマイルを貯めているのでしょう。

アジアマイル(Asia Miles)はキャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空利用者がつかっているマイレージプログラムです。

もちろん「ワンワールド」というアライアンスに参加している航空会社でマイルを使う事も出来ます。

私はクレジットカードを使うだけで、香港ードバイ間の無料ビジネスクラス航空券を手に入れた訳ですが、たくさんあるクレジットカードの中からどれを持つべきかと悩む人もいる事でしょう。

今日は私がおすすめする4つのクレジットカードをご紹介しようと思います。

まずは誰でも知っているAmerican Expressの「Cathay Pacific Credit Card」と「Cathay Pacific Elite Credit Card」について。

Cathay.jpg

緑色のカードの場合、最低年収150,000香港ドル(日本円で192万円ぐらい)とハードルが低いクレジットカードとなっています。

プラチナム色は最低年収300,000香港ドル(日本円で380万円ぐらい)となっています。

これらのカードを利用するメリットは、香港内で使うと8香港ドルにつき1マイル、緑のカードを外国で使うと8香港ドルにつき1.5マイル、エリートカードの場合、8香港ドルにつき2マイルが加算されます。

それも手数料なしで、自動的にアジアマイルへ移行されます。

サイト上からどちらかのカードを発行すると、まず1000マイルがもらえます。

そして、友人をアメリカンエクスプレス側に紹介し、その人がカードを発行すると3000マイルがもらえます。

私の場合、フラットメイトを紹介したので3000マイルが入りました。

エリートカードの場合、最初の3ヶ月で5000香港ドル(6万4千円ぐらい)を使うと5000マイルもらえます。

最初の3ヶ月は香港内では5香港ドルで1マイルが貯まり、海外では3香港ドルで1マイル貯まり、最大トータルで76,000マイルが貯まります。

後はひたすら香港内、海外で使うだけ。

マイルがどんどん貯まっていきます。

しかし、Amexを使えない店も出てきます。

そこで私はCITI BANKのPremierMilesを発行しました。

これはVISAになります。

CITI PREMIERMILES

これは最低年収480,000香港ドル(日本円で615万円ぐらい)あると作れます。

最初の2ヶ月間に、ある一定金額を使うと8000マイルもらえます。

香港国内では8香港ドルで1マイル、海外では4香港ドルで1マイル貯まります。

またAsia Milesへ無料でマイルを移してくれますが、タイ航空、デルタ航空、シンガポール航空へマイルへもマイルを移してくれます。

キャセイパシフィック航空のクレジットカードと同じ変換率な上、マイレージプログラムを選べます。

私はもっぱらクレジットカードを使っては、アジアマイルへ入れています。

また、VISA SIGNATUREレベルのカードなので、香港空港へ向かうエアポートエクスプレスの片道が無料になったりなど、いろんなプロモーションが入ってくるようになります。

このVISA SIGNATUREはVISA PLATINUMより上のクラスになるため、この上にはVISA INFINITEクラスが存在するのみ。

この2つのカード所持者には、お得なプロモーションが入ってきます。

私はアメリカンエクスプレスが使えない店では、このカードをひたすら使っていたので、あっという間にマイルが増えました。

しかし、上には上のカードがあります。

それはCITI BANKのCITI PRESTIGE CARDです。

CITI PRESTIGE CARD

このカードは最低年収600,000香港ドル(日本円で768万円ぐらい)で手に入り、マスターカードが発行する最高峰のカード「WORLD ELITE CARD」(=ワールドエリートカード)になるため、ロゴがきらきら輝くシルバー色となっています。

このカードがお得な理由は、香港内では6香港ドルで1マイルがもらえます。

海外では4香港ドルで1マイルがもらえます。

最初の年会費2500香港ドル(日本円で3万2千円ぐらい)を払うと、まず30,000マイルがもらえます。

年会費を払うだけで3万マイルが入ってくるんですよ。

そして、2万香港ドルを使った後、ボーナスマイルとして10、000マイルが追加されるため、合計40、000マイルがたったの2ヶ月で手に入る事になります。

私がまず発行してフラットメイトにこのカードの存在を教えると、すぐにフラットメイトも発行する事にしたのですが、問題は審査が厳しい事。

審査結果が出るまで、そうとう待たされました。

なぜこんなに時間がかかるのかと質問したら、このカードが香港に登場したばかりだったので、手続きや審査に手間取っていたらしい。

マスターカードの最高峰レベルのカードなので、いろんなチェックが入ります。

笑えるのが、このカードナンバーは16桁の数字となっているので、XXXX XXXX XXXX XXXXとカード上にあるのですが、最初のXXXX XXXX XXXXまで全く同じで、最後の4つの数字が違うので、お互いにカードを見比べて「何、これ!!!」と、驚きました。

今年になって登場したカードなので、まだまだ香港でこのカードを持っている人が少ないようで、こういう事が起きているようです。

こんなに似たナンバーがずらりと並ぶクレジットカードを見たのは、今回が初めてです。

ここで紹介したカードには、もちろんコンシェルジュサービスが含まれています。

だから、レストランの予約もホテルや車の手配もすぐにやってくれます。

ワールドエリートカードレベルのマスターカードを持つと、空港での優先サービスなども受ける事が出来ます。

マレーシアなどで発行した場合、空港から自宅までのリムジンを無料で用意してくれるというポスターを見た事があります。

香港内で6香港ドルで1マイルもらえるのは魅力的だけど、審査に通らなかった人、またもっと安い年会費のカードが欲しい人は、DBSのTHE BLACK CARDを発行するといいでしょう。

DBS.jpg

こちらのカードの最低年収は240、000香港ドル(日本円で307万円ぐらい)で、年会費は1800香港ドル(日本円で2万3千円ぐらい)となっているため、発行しやすい。

そして、こちらのカードも香港内では6香港ドルで1マイル、海外では4香港ドルで1マイルとなっているため、上のCITI PRESTIGE CARDと同じ交換率となっています。

ただしこのカードはアメリカンエクスプレスなため、使えない店も出てきます。

キャセイパシフィック航空のクレジットカードよりお得な交換率だと思うので、個人的にはこのDBSのカードの方がマイルは貯まりやすいかと思います。

私はすでにキャセイのクレジットカードを持っている上、CITIのPRESTIGE CARDを持っているので、このDBSのカードを発行していませんが、CITI PRESTIGE CARDと同じ交換率で安い年会費と緩い審査が欲しい人には、このDBSカードをオススメしています。

その他いろんな銀行のクレジットカードをチェックしたのですが、マイルに交換するための手数料という物がかかります。

最近Bank of China(中国銀行)のクレジットカードのリワードポイントをアジアマイルに交換しましたが、手数料が取られました。

DBSはわかりませんが、ここでは手数料が取られないカードだけを紹介しています。

香港内で6香港ドルで1マイルがもらえるのは、この2つのクレジットカードぐらいじゃないでしょうか。

Asia Milesのマイルをひたすら貯めたい方は、これらのクレジットカード会社のサイトを訪れてみてください。(全て香港発行)

以上、アジアマイルをお得に貯める方法でした。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




<日本でマイルを貯めたいなら、このカード!>


関連記事
THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行 | TAGS:

クレジットカードの年会費を払う人っているの?アメリカンエクスプレス編

私は香港発行のAMERICAN EXPRESSのカードを2枚持っています。

私が持っているのは真ん中のプラチナムクレジットカード、そして一番右のCathay Pacific Elite Credit Cardです。

American Express Hong Kong American Express Online

香港で発行されているプラチナムカードは日本と比べるとハードルが低い。

たとえばプラチナムクレジットカードの場合、年会費は1600香港ドルで、最低年収は300,000香港ドルとなっています。

今日のレートで1香港ドルは12.851円となっているため、1600香港ドルの年会費は2万561円となり、最低年収は3,855,180円となります。

キャセイパシフィックエリートクレジットカードの場合、年会費は1,800香港ドル(=2万3131円)、最低年収も同じく30万香港ドルで385万5180円となります。

日本と比べると、アジア圏内でのプラチナムカードは、日本で言う普通のクラシックカード並みの年収で手に入ります。

ただし、この最低年収は、ローカルの香港人達にとっては少々高めらしい。

私達外国人労働者にとっては、いたって普通の年収ですが。



ところでAMEXのカードを2枚持っているのですが、そもそも最初に作ったのが写真真ん中のプラチナムカード。

このカードは香港で食べたり飲んだり、映画を見たりすると割引がきくカードとなっているのですが、私はあまり香港の街中へ出かけ、食べたり飲んだりしない。

そこでアメックスに電話を入れたら、旅行目的でマイルを貯めるなら、キャセイパシフィックのクレジットカードが良いとすすめられ、すぐに発行しました。

過去1年間ぐらい使い続けていたのですが、別のクレジットカードを発行する前までメインのカードとして使っていました。

そこでめったに使わないプラチナムカードをキャンセルする事にしました。

さっそくオペレーターに電話をして、「年会費を無料に出来ないなら、カードをキャンセルしたい」と申し出ました。

彼らは年会費以上の特典が毎年受けられると説明してくれたのですが、使わない物は使わない。

そこでキャンセルする事にしました。

そしてキャセイパシフィック航空の年会費の話になった時、オペレーターがこう言いました。

「X月に年会費を納める事になりますが、あなたの場合、年会費をチャージする事はありません。万が一、年会費が請求されたら、すぐに電話をしてください。」

実は香港で発行されているクレジットカードの年会費は、いろんな理由で払わなくてよいケースがあります。

たとえば使う額が大きい場合。

私の場合、このカードをメインとして使っていたため、使用額が大きかったようです。

そこで「年会費は取らないから、ずっと使ってください」作戦にAMEX側が出たのでした。

私の友人達もAMEXのカードを持っているのですが、年会費がチャージされたとわかるとすぐにオペレーターに電話を入れ、「年会費を無料に出来ないなら、キャンセルする」と言っています。

使用額が少ない場合、年会費を無料にしてくれませんが、ある程度の使用があると年会費がかからない。

私の友人達は、このアメックスのカードに誰1人として2万3千円越えの年会費を払っていません。

そこで考えました。

「年会費って、実は払わなくてよい物ではないか。」と。

ちゃんとある程度カードを使っていれば、年会費を払わなくてよい事にしてくれる。

実際に年会費を払っている人達は、使用額が少ない人達だけではないか。

つまり、アメックスの年会費はお得意様から徴収する事はなくて、あまり使ってくれない人からのみ徴収しているのではないか。

最近、日本のアメリカンエクスプレスが年会費を上げたというニュースを読みました。


************************

【悲報】アメックスプラチナ会費値上げが年収1000万円世帯を直撃

2013/08/07

今年度からアメックスプラチナカードの年会費が従来の10万5000円から、一気に3万1500円も値上げして、13万6500円となった。
カード各社がプラチナを発行するが、アメックスはその中でもステータスでは最高位に位置するが、会費も最高額になったことで名実ともにナンバー1に。
ところが、ホルダーには、センチュリオン(ブラック)と違い、高所得のビジネスマンも多く、家族に退会を迫られるなど悩む人も出現している。

■実は選ばれた1.4%
「プラチナカード会員さまへ」
今年度に入ってから、更新の時期を迎えたアメックスのプラチナ会員には年会費値上げの案内を順次送付している。

まず、プラチナの価値はどれほどあるのか。
それは、楽天リサーチが2011年に行った「クレジットカードに関する調査」に詳しく表れている。
メインカードの保有タイプ別では「一般カード」が87.0%で最も多く、「ゴールドカード」11.3%となる。
さらに「プラチナカード以上」となると、1.4%にとどまっている。

会員数は非公開ながら、つまり上位1.4%というある種のエリート意識をくすぐるかのような数字なのだ。当然ながら自ら希望して保有資格を得ることができるものではなく、カード会社から案内であるインビテーションが来て初めて会員になる資格を得る。

会費は各社様々だが、アメックスの場合はこれまでも10万5000円で高かった。
会員は富裕層でなくとも、年収1000万円前後の高所得の部類に入るビジネスマンも多くいるためか、経済状況の変化によって家計の見直しの対象になるのも、プラチナの宿命でもあるのだ。

リーマンショック後の不況時には、その会費を嫌ってか「提携カードの会員が増えるという現象が一時的にあり、アメックスプラチナから移ってきているのでは」(業界関係者)ということも言われた。

物価上昇と増税が進む中で、今年はさらに3万1500円という大幅値上げになった。

http://media.yucasee.jp/posts/index/13590?la=0002

************************


私の香港での元フラットメイトは弁護士。

法学大学院在中時代に勝手にゴールドカードが送られてきていて、卒業してインターンになってしばらくするとプラチナムカードが送られてきました。

そして今は独立していますが、センチュリオンカードが送られてきています。

black_centurion.jpg

彼女曰く「一度も年会費を払った事がない」らしい。

<香港センチュリオンインビテーションセット>
Centurion_Card_Invitation_Set.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Centurion_Card_Invitation_Set.JPG

その当時はセンチュリオンカードを使い始めて2年目ぐらいだったのですが、今はどうなんでしょう。

最初の1-2年だけ無料にしてくれたんだろうか。

それより、香港で年会費なる物を払う人って、いるの???

日本の場合、センチュリオンクラスになると年会費は36万円ぐらいするんでしょ?

友人曰く「年会費取るなら、キャンセルする」と言っていますが、この年会費をまともに払っている人って、いるの?

結局お得意様ではなくて、「カードを持っているけど、たまにしか使わない人」から取っているような感じを受けるのですが、日本も同様なんでしょうか。

それとも日本では有無を言わず、必ず年会費を徴収されているんでしょうか。

日本で流れたアメリカンエクスプレスプラチナムカードの年会費値上げのニュースを読み、「日本で年会費を払っている人いるの?」という疑問が湧いてきました。

香港のように、「年会費取るなら、キャンセルする」と言えば徴収しないような気がするのですが。

日本では通用しないのだろうか。

何はともあれ、私のキャセイパシフィックエリートクレジットカードの年会費は無料になるので、とりあえず一安心していますが、今は別のカードを主に使っているので、来年当たりは年会費を取られそうな感じです。

最近使い始めたカードは、マイルを貯めるにはこのキャセイのカードより貯めやすい。

私がどのカードを使っているのか、それはまた後日という事で。

香港在中者で、マイルを貯めている人には絶対にオススメするカードとなる事がわかっているため、このカードについては後日、詳しく書こうと思います。

それより私が今メインで使っているカードの方は、来年年会費無料にしてくれるんだろうか。

年会費を払うクレジットカードを使い続けて思うのですが、やはりお金を払う価値はあると思います。

そして、アメリカンエクスプレスはやはり良いカードだと思います。

しかし日本で使える店がまだまだ少ない。

田舎に行けば行くほど使えないカードなため、私は必ず他のカードも持参している訳ですが、お店側にとって、Amex側から取られる手数料みたいな物が他のカードより高いため、Amexを扱いたくない店が出てくるのも理解出来る。

せっかくの良いカードなのに、田舎で使えないのが残念。

日本のクレジットカード事情に詳しい方からのご連絡、お待ちしています。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




年会費わずか1万500円!いろんな航空会社で貯めたポイントをマイルにして使い方には、こちらのカードをおすすめしています。(ただし日本発行限定)

アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カード






関連記事
THEME:クレジットカード・ローンカード | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

⑤ドバイ国際空港内の「マルハバ・ラウンジ」を訪れました

④ドバイ国際空港内の免税エリアではお酒も車も手に入りますからの続きです。

ドバイ国際空港の免税品が並ぶエリアの香水売り場を通りぬけると、プライオリティパスを持っている人達が入れる「マルハバ・ラウンジ」へのエレベーターがあります。

DSC00324.jpg

まずは5階のボタンを押します。

DSC00325.jpg

エレベーターのドアが開くと、目の前はすでにマルハバ・ラウンジです。

この空港はこのヨットの帆みたいなデザインばかり。

太陽の自然な光が入って来るようになっています。

この形、Burj Al Arabホテルの形とダブってしまう。

意図的なんだろうか。

DSC00327.jpg

ラウンジは結構広いです。

DSC00328.jpg

エレベーターを降りて受付の人にカードを見せ、中に入ると右手には飲み物、食べ物が並んでいます。

DSC00330.jpg

DSC00331.jpg

DSC00332.jpg

DSC00334.jpg

DSC00335.jpg

個人的には食べ物の種類は多い方かなと思います。

アルコール類はもちろんありません。

かわりにアラブっぽいデザインのポットとデイツを発見。

DSC00336.jpg

小さなカップにコーヒーを入れようとしても、なかなか出てこない。

フィリピン人らしいスタッフがやってきて、上の突起物を下に押すと出てくると教えてくれました。

ナプキンにはエミレーツ航空フライトケイタリングとあるので、エミレーツ航空のケイタリング会社が用意しているようです。

空港内ロビーによっては、ホテルのケイタリング部門が食べ物を用意している場合もあります。

お酒はないと書いたけど、この写真にはお酒らしいものが写っていますね。

あったのかしら。

DSC00338.jpg

ここのデイツの中にはアーモンドが2個挟めてあります。

アラビックコーヒーだと思っていたら、なんて事はない、普通のコーヒーが入っていました。

残念!

DSC00341.jpg

結局、どのラウンジへ行っても食べない私は、このコーヒーとデイツ、そしてオレンジジュースだけを口にしました。

DSC00344.jpg

ドバイ空港内のマルハバ・ラウンジの特徴と言えば、このアラブっぽいコーヒーポットとデイツぐらいでしょうか。

香港のラウンジではフィッシュボールヌードルスープが出されたりします。

日本のラウンジではビールを自動的に注ぐ機械があったり、おつまみの袋があったりしますが、そう言えば、外国人が初めておつまみミックスを開けた時、中に小さい乾燥した魚が入っていて、本当にびっくりしていました。

おつまみ、つまりスナックなのに、なぜ乾燥した小魚が入っているのかと。

たしかにおつまみでこんな乾燥した魚を食べる国って、日本ぐらいではないですか?

もちろんタイなど、東南アジアでも魚の皮のフライとか、乾燥した小魚などを食べますが、空港のラウンジでこういう物を見た事がありません。

しかし日本のおつまみミックスの袋の中には、この小魚が入っている場合がある。

よくよく考えると、外国人が驚くのが理解出来る。

これも一種のお国柄という物でしょうか。



ドバイまでの道のりで、福岡国際空港の「ラウンジ・福岡」、香港国際空港のキャセイパシフィック航空会社専用の「The Wing」、そしてドバイ国際空港の「マルハバ・ラウンジ」の3つを利用しましたが、共通して言える事は、清潔で静かという事。

時々子供がうるさい時がありますが、それ以外は大人のくつろぎ場となっていて、この雰囲気が好きです。

私はもっぱら水を飲んで、心地よい椅子に座るだけ。

インターネット接続も行いますが、スマートフォンを接続しているため、いろんなニュースサイトをチェックするだけとしています。

しかし、登場口ゲート付近の椅子に座るのと、このラウンジの椅子に座るのでは、全く違います。

クレジットカード会社がこのプライオリティパスを付属してくれている場合が多いので、快適な空の旅をしたい場合、こういうクレジットカードを発行する事をオススメします。

もちろんクレジットカードが必要ない人は、プライオリティパスの年会費だけを払ってラウンジを使う事も可能ですが、大抵クレジットカードの年会費にプライオリティカードの年会費が含まれているようなものなので、クレジットカードを発行する方がお得のような感じを受けます。

私の場合、アメリカンエクスプレス所有者に贈られるプライオリティカードを使っています。



さて、快適な時間はあっと言う間に過ぎ、いよいよエミレーツ航空の飛行機に乗り込む時間となりました。

⑥エミレーツ航空エコノミークラス ドバイ→ドーハ(カタール)へ続きます。


<アメリカンエクスプレス・スカイトラベラーカード>
世界を旅する人が、待ち望んでいたもの。

この一枚がマイルの常識を変えていく。



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ


関連記事
THEME:アラブ首長国連邦 | GENRE:海外情報 | TAGS:

価格.comサイト経由でカメラを購入しようとしたら、海外発行のクレジットカード利用の場合、障害が発生するとわかりました

前回私のお気に入りのカメラが故障した話を書きました。

修理費用だけで1万円ぐらいかかる。

しかしカメラ屋さんには新しい高性能のカメラがずらりと並んでいて、1万円払って古いカメラを修理するより、その1万円にお金を足して新しいカメラを購入する方がよく思えました。

ずっと価格.comのサイトで売れ行き商品や人気商品をチェックしていたのですが、やっと購入する事にしました。

私が選んだカメラはこちらです。

こちらがアマゾンでの最安値。

64800円からとなっています。

SONY サイバーショット DSC-RX100M2

新品価格
¥64,800から
(2013/8/3 14:40時点)




楽天では64800円となっています。



アマゾンの64800円「から」という響きが超微妙。(笑)

ちなみに価格.comでの最安値は62336円となっています。

地方に住んでいると、この料金に送料だの料金代引などの手数料がかかってきます。

そこで私は価格.comで売られていてクレジットカードが使える店を選びました。

さっそくサイト上で海外発行のマスターカードで注文しようとしたら、全く通りません。

そこで海外発行のVISAカードのカードナンバーを入れると、またまた通りません。

そこでアメリカンエクスプレスのカードナンバーを打ち込むと、携帯電話にSMSが届きました。

開けてみると、「警告」でした。

「怪しいトランザクションがあるので、すぐにカード会社に連絡してください。」

そういう内容でした。

さっそくAmexに電話を入れると、すぐに「カードを使ってインターネット上で買い物をしようとされましたか?」と質問されました。

さすがAmex!

行動、早いねぇ~。

American Expressの良さは、とにかくいろんな面で行動が早いという事。

カードの再発行も、たったの24時間で手元に届くぐらいに早い。

そこで日本のサイトで購入しようとしたと答えると、私の本人確認をして、すぐにネット上で購入出来るようにしてくれました。

それにしても、日本のサイトで何かを購入しようと思っても、このようなブロックがかかって本当に不便です。

カード会社側からのフロックかと思ったら、今度は注文を入れた先がカード会社へ確認を取るとの事で、これがまた数日かかるらしい。

念には念を入れて行動されているようですが、欲しい物がすぐに届かないもどかしさ、このせいで購入したいという気持ちが消えて行きました。

しかしどうしても今回の旅行にはカメラが必要なので、とりあえずカード承認で時間がかかると言ってきたサイトでの購入は取りやめ、代引をしてくれるサイトで購入しました。

840円ぐらい手数料が取られますが、それでもまだ安い買い物となります。

だって、ソニーショップの正規料金で購入すると、74981円(税込)なんですから。

やはり価格.comの方が断然お得感があります。

しかし店選びを慎重にしないといけません。

最近日本のテレビニュースで流れていましたが、「インターネット上のお店でPCか何かを注文した人が前金で払っても商品が届かない」という事で詐欺罪で男性が逮捕されていましたが、こういう悪い人達がこのような大手の信頼出来るサイト上にお店を出して、詐欺を繰り返す人がいるらしく、それが問題となっていました。

安い価格は大変魅力的。

しかしそういう広告を出しているインターネットのお店の評価はどうなのか、信頼出来る店なのか、など自分でよく調査して購入しなくてはいけなく、安値に飛びつくと商品が送られてこないなどのトラブルをかかえる事になるため、一種のギャンブルみたいな物。

店選びは時間をかけて調べる事が必要だと思います。

そこで手を抜くと、痛い目に会う可能性が出てきます。

いろんな障害が出てきて、もうカメラ購入をあきらめようかとさえ思ったのですが、今回の旅行では絶対に携帯電話のカメラよりちゃんとしたカメラが必要だとわかっているので、急遽また購入する事に決めました。

カメラ選びで迷われている方は、是非価格.comのレビューやクチコミを読んでみてください。

実際に購入され使われている人達が、いろんな角度からそのカメラについて書かれています。

初心者の私にとっても大変役に立つ情報が流れています。

そして、実際に写真を撮られた人が写真をアップしているのですが、それらの映像を見ると、自分が欲しいカメラがどのようなものなのか、なんとなくわかると思います。

今回私が購入したソニーのサイバーショット、DSC-RX100M2は最新モデルですが、すごく評判が高い。

しかし値段も高い。

でも、カメラ裏側の液晶画面が飛び出て、角度調整が出来し、スマートフォンに入っているようなミニチュアモードやトイカメラなど、いろんな面白い効果も入っているため、購入する事にしました。

何よりも、撮った写真をすぐいWI-FI経由で携帯電話に送る事が出来るため、ブログやSNSにもすぐにアップ出来るのが嬉しい。

香港でこのカメラを探したのですが、日本で売りにだされたばかりなので、あまり海外では見かけません。

やっぱり日本の市場には、一早く良い物が流れていると思います。

外国人観光客達が最新モデルのカメラを購入するために、わざわざ秋葉原まで足を伸ばしていますが、彼らの気持ちがよ~くわかる。

私の場合、日本語がわかるため価格.comみたいなサイトですぐに購入出来ますが、外国人の場合、こういうサイトがあるという事さえ知らない人がいるため、結局は自分の足で秋葉原まで行っている。

価格.comが英語サイトを作れば、もっと売り上げが上がるような気がするのですが。

そうなると、私が直面したように、海外発行のクレジットカードが自動的にブロックされたり、確認に時間がかかったりする人が続出するようになるんでしょうね。

お店側も確認だけで、そうとう時間と労働力を使う事になる。

インターネット上でのクレジットカード利用、不正が多いため、こういう風に手間隙かけた事をお店側やクレジットカード会社側はやっていますが、今回の注文で、海外から日本のサイトで何かを購入したい場合、あらかじめ時間に余裕をもたせてしなくてはいけないとわかりました。



とりあえず、新しい注文が代引という形で通りました。

これが出来るのも、日本の実家に親がいてくれているから。

先に親に立て替えてもらうという形にしたのですが、手数料の840円は宅配会社へのチップみたいな物と考えると安い手数料だと思います。

新しいカメラが届いたら、このブログにも写真を貼り付けようと思います。

到着がすごく楽しみです。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




<日本でSIMフリーのスマートフォンを使おう!>

[海外SIMフリー] 人気のiPhone好評販売中!

[海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!




関連記事
THEME:★カメラ&レンズ・機材 | GENRE:写真 | TAGS:

世界中の3つ星レストラン109店を巡るツアーが最高に贅沢すぎる!!

NAVERがこういうまとめサイトを作っています。

世界中の3つ星レストラン109店を巡るツアーが最高に贅沢すぎる!!

内容はと言うと、6ヶ月で12カ国をめぐる「食の旅」だそうで、滞在ホテルもコンラッド東京やモナコ・モンテカルロ(Monte Carlo)の「オテル・ド・パリ(Hotel de Paris)」、ロンドンの「クラリッジス(Claridge's)」、ニューヨークの「トランプ・インターナショナル」など、有名なホテルがずらりと並んでいます。

レストランは香港(Hong Kong)の広東料理店「龍景軒(Lung King Heen)」や東京の「鮨よしたけ(Sushi Yoshitake)」、ニューヨーク(New York)の「パ・セ(Per Se)」、パリ(Paris)の「ル・ムーリス(Le Meurice)」などを訪れるほか、ヘストン・ブルーメンタール(Heston Blumenthal)氏がオーナーシェフを務めるロンドンの「ザ・ファットダック(The Fat Duck)」やスペイン・バスク(Basque)地方の料理を提供するファン・マリ・アルサック(Juan Mari Arzak)氏の「アルサック(Arzak)」も予定に入っているそうです。

気になる料金はと言うと2人分でちょうど約27万5000ドル(約2730万円)。移動に利用するすべての航空券の代金が含まれているとの事。

ただし、エコノミー、ビジネス、ファーストクラスのどれを利用するのかは書いてないため、わかりませんが、これだけ豪華な旅だと、少なくともビジネスクラス利用になるのではないかと勝手に思っています。

この2730万円ぐらいをアメリカンエクスプレスのカードでぽ~んと払ってみたいものです。(笑)

アメックスのカードで支払いをして、ポイントをマイルにすると、無料航空券が何枚も発行出来るでしょうね。

私が持っているカードでは、先月ヨーロッパ旅行への代金の支払いをしたので使用額が150万円以上来ていたのですが、それを払ったらすごい数のポイントが付いていました。

これをアジアマイルに変換する予定なのですが、すでに別のカードで貯まったポイントをあわせると、エコノミークラスの航空券が何枚か発行出来るようです。

どうせならビジネスやファーストクラスに乗ってみたいので、目的地を決めて、のんびり旅でもしたい時に発行しようかと思っています。

ポイントの事で思い出したのですが、日本ではクレジットカードで車を購入出来ないため、カード決算をしてマイルを貯めるという考えは通じませんでした。

本当に残念!

せっかくマイルを貯めようと思ったのに。

X百万の車を購入するといくらぐらいマイルがもらえるのか、自分で計算して楽しんでいたのですが、それも夢と共に消えてしまいました。

ディーラー側の取り分が減るので、カード決済をさせないようにしているようですが、客の立場としては、大変不便です。

早く日本の車屋さんもカード決済OKにしてもらいたいと思います。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ






関連記事
THEME:グルメ♪食の記録 | GENRE:旅行 | TAGS:

初めての長崎空港内のラウンジ

香港のクレジットカード会社が発行してくれているPriority Passなる物があるため、さっそく長崎空港内のラウンジへ行ってみました。

しかし海外発行のプライオリティパスなため、料金を払って利用する事になりました。

1人わずか1000円ちょっとです。

ソフトドリンクなどは無料ですが、食べ物はありません。

ビールは別料金となっています。

静かでゆったりとした環境が必要だったので利用していましたが、やはり国内発行のクレジットカード、特にアメリカンエクスプレスを見せて入る人が多い。

私も同じクレジットカードを持っているのですが、海外発行のため、やはり料金が必要となります。

それにしても1050円だったか忘れましたが、それでラウンジへ入ってゆっくり出来る事を考えると、この料金は安い!

Priority Cardの場合、1人追加で25USDを徴収されますが、このラウンジはカードを持っているか持っていないかにかかわらず、一人1050円ぐらい。

長崎空港は狭くて、買い物ぐらいしか出来ないので、今度から利用しようと思います。

写真を添付しようかと思ったのですが、このラウンジ、狭い上、本当に何にもないので、別に写真を載せなくていいかなと思い、写真のアップロードはやめました。

よく飛行機に乗られる方、空港ラウンジアクセスが出来るクレジットカードを持つと、本当に便利ですよね。

年会費を取られるクレジットカードにこのようなサービスが付いていると思いますが、年会費払う価値は十分にあると思います。

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ







関連記事
THEME:空港 | GENRE:旅行 | TAGS:

新車購入が決定しました

昨日、父を連れて某車屋さんへ行ってきました。

そこにある車を見てもらおうと思ったからです。

この何ヶ月かいろんな車屋さんを訪れ、いろいろ質問したり、機能を比較したりしていました。

今乗っている車に全く満足していない上、安全面にも疑問を持っていたので、この際、私が欲しかった車の最新モデルを購入する事にしました。

ローン支払いにするため、香港のHSBC銀行に連絡を入れると、その金額はすぐにOKとなりました。

もともとすでに「Pre-Approved」と言って、「XXX万円まではいつでもローンOKです」みたいなオファーを受けていました。

その枠を全部使う事にはなりませんが、その金額で新車購入価格を上手くカバーしている上、金利も安い。

日本でローンを組むと、香港ドルを日本円に交換して、そのお金を日本の銀行口座に入れて引き落としという手間がかかる事を帰国のたびにしていたので、今回は香港でローンを組み、日本円に交換して日本の口座へ一括送金して引き落としてもらう事にしました。

日本の車屋さんって、なぜクレジットカードを受け付けてくれないんでしょう。

アメリカンエクスプレスなんて「カードで戦車も買えます」という話が飛び交っているぐらい、カードで何でも購入可能らしい。

そういうカードを持っていても、日本の車のディーラー達は「カード決済はダメ」と言う。

手数料で取り分が少なくなるからと思いますが、クレジットカードで購入可能になったら、私達みたいな客にはマイレージが入ってきたりするので、大変便利になるんですけど。

「客への利便性より自分の儲けが大切」

これが日本の車屋さんの現実だと思います。

カード会社に手数料3%以上払わなくてはいけないようですが、たしかにXXX万円の3%だと金額が大きい。

しかし客への利便性を考えると、クレジットカードを受け付けて欲しい。

せっかく戦車でも購入しようと思ってアメックス持っているのに、これじゃ日本では戦車も買えないわ。(笑)

まぁ、私が愚痴を言っても何も変わらないので、この変で愚痴話は止めておきます。



ところで私の父はあと何年かしか車を運転しないと言っています。

私にとってはこの車は父へ出来る最後の親孝行かも知れません。

やはり良い車、そして安全な車に乗ってもらいたい。

もちろん私の名義で私が購入するわけですが、私が日本にいない時は父が運転する事になります。

メインテナンスもかねて乗ってもらっているのですが、私がいない間、私の父は車屋さんへ定期点検のため車を運んでくれたりしてくれています。

やはり車がないと不便な生活になる。

だんだんと年老いてきた父が「もう車の運転はしない」と言い出してきたのですが、やはり車があると運転する。

あと何年間車の運転が出来るのかわかりませんが、最後の数年ぐらいは良い車に乗ってもらいたい。

そういう考えから、今回ちょっと奮発して良い車を購入する事にしました。

父の運転でいろんな所へ連れていってもらったりしてお世話になったので、私に出来る最後の恩返しみたいな物です。



ところでローンを組むと、「よっしゃ!仕事がんばるぞ!」という気持ちになれるのはなぜでしょう。

生活に張り合いが出てくる。

そして、欲しい物を手に入れる事が出来るための努力を惜しむ事がない。

今まで何気なく仕事をしていた部分があるのですが、欲しい車のために働くとなると、妙に生活が変わったような気がします。

しかし私の両親は新車がやってくるとわかった段階から、「シートカバーはあるの?どこに売っているの?」ばかり口にしています。

そうなんです。

両親は、どんなに車にもシートカバーを取り付けるんです。

そしてシート全体を覆うシートカバーがない場合、シートの上の部分だけ覆えるカバーを見つけてきて、それを取り付けたりする。

つまり、せっかくの車がタクシーの運転手が乗っているような車になっていまうんです。

これで白い手袋をつけて帽子でもかぶれば、まさにタクシーの運転手になれる!

昭和の人達ですな。(笑)

車の方向指示器の先っぽに、絶対にこういう物をくっつけてもらいたくないと思います。(笑)



まぁ、こういう物をくっつける事はないと思われますが、そのシート探しのための熱の入れ用が凄い。

こうなったら頭の部分にタオルでも巻くのか!?

せっかくの良い車なんだから、タオル巻きだけは止めてもらいたいわぁ。(笑)

1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




関連記事
THEME:新車・ニューモデル | GENRE:車・バイク | TAGS:

アメリカンエクスプレスからカード発行承認の返事が届いた友人ー香港在住者への一押しクレジットカード

以前、私が使っているAmerican Express Cathay Pacific Elite Credit Cardに興味を持った友人が同じカードを欲しがり、私に紹介してくれと言われた話を書きました。

友人が私が使っている「American Express Cathay Pacific Elite Card」が欲しいと言い出したので紹介したら

さっそく「申し込みを承りましたので、検討いたします。」という返事が届いたらしい。

まぁ、これは当たり前の流れです。

しかしこのメールが届いたという知らせを夜中にしてくる。

私達はWhat'sappというアプリでメッセージを入れるのですが、夜中の1時に届いた。

多分友人もフライト中なので、お互いに時差がある場所にいるのはわかるが、夜中の1時!!!

私も夜中の1時頃はまだベッドの中でスマートフォンをいじっているのですが、いきなりメッセージのポップアップが出てきて、びっくりしたではないか。

年寄りには危ないアプリだわ。(笑)

2-3日後、すぐに「カード発行が承認されました」とのメッセージが入ったようです。

そりゃ~、承認されるでしょう。

だって、私の友人と私は年収の比べっこをしたのですが、友人の方が70万円ぐらい多かった。

パーサーみたいな事をやっているので、そのお手当ての差だと思います。

だから、私から紹介されたアメリカンエクスプレス側も、あっと言う間のカード発行OKを出したんだと思います。

そして、カード発行にOKが出されたら、またメッセージが入って知らせてくれました。

朝の5時。

お互いにフライトしていて、違う土地にいるため、どのタイミングでメッセージを送ればいいのかがわかっていない。

相手のスケジュールをチェックすれば、どの都市に入っているのかがわかるのですが、そこまではしない。



このカード、香港で生活をしている人には便利なカードです。

キャセイパシフィック航空が入っているAsiaMilesという所へマイルが自動的に移されます。

だから、ドラゴン航空の航空券としても発行出来る。

香港発のキャセイ、ドラゴンの飛行機は、ある程度アジア圏内をカバーしているので、手数料なしでマイルが自動的に移行されるのは便利。

このカードについて私は友人達に何度か話した事があるのですが、聞いていた彼らは「ふ~ん」みたいな態度でした。

ところが、いろんなクレジットカードを調べ、やはり私が言った事が正しかったとわかると、いっきに私に紹介してくれと言い出した。

そこでAmerican Express側に紹介をするようになったのですが、私も紹介料としてマイルがもらえるし、申し込んだ人達も紹介されると何かお得のようで、お互いにWIN WIN SITUATIONとなっています。

香港在住者には便利なカードですので、とにかくマイルを貯めたい人には、このカードをおすすめしています。

Cathay.jpg

グリーンが一般人向けカードで、 年収HK$150,000ぐらいある人が入れます。

そしてプラチナムカードの方は、年収HK$300,000あれば入れます。

これらのカードはCITI BANKが発行しているPremierMiles Cardよりハードルが低いため、入りやすい。

CITI PREMIERMILES


ちなみにPremierMiles Cardが求める最低年収はHK$480,000なので、アメリカンエクスプレスのハードルより高い。

このカードも手数料無料でAsiaMilesへマイルを移してくれるため、私は愛用しています。

あとVISA CARDなのですが、「VISA SIGNATURE」クラスのカードになるため、24時間コンシェルジュサービスなど、便利なサービスが付いています。

最近Amex側から、プラチナムクレジットカード保持者へ連絡が入り、「プラチナムクレジットカード保持者用のコンシェルジュサービスをストップする」という内容でした。

日本ではAmexのプラチナムクレジットカード保持者は結構大切に扱われていると思いますが、香港でのプラチナムカード保持者へのサービスが減ってきているのが現状のようです。

そういう訳で、CITIのPremierMiles Cardのサービスの方が上だと思っています。

このカードは私の周りのフライトアテンダント達も持っているのですが、何が違うかと言うと、マイルをAsiaMilesやタイ航空、シンガポール航空、デルタ航空へ移す事が出来る。

このオプションの多さを気に入っている人が多い。

上のAmexのカードも、このCITIのカードも8香港ドルで1マイルがもらえ、海外で使うと4香港ドルで1マイルがもらえるという優れもの。

4香港ドルって、今日のレートで日本円で50円!!!

そういうわけで、あっと言う間にマイルが貯まります。

香港在住者で興味がある方は、アメリカンエクスプレス香港とCITI BANK香港のサイトを訪れてみてください。



日本で発行されているカードで、おすすめしたいカードもいくつかあるのですが、機会があったらまた紹介しようと思います。


1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ





<日本でマイルを貯めたいならこれ!>
アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カード





<12の航空会社の航空券が発行可能!>

AMEX skytraveller card
関連記事
THEME:クレジットカード・ローンカード | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

友人が私が使っている「American Express Cathay Pacific Elite Card」が欲しいと言い出したので紹介したら

以前、アメブロを使っていた時に、私が香港で発行されている「American Express Cathay Pacific Elite Credit Card」を使い始めた話を書きました。

そのブログを探してみると、どうもその時期に書いたブログのバックアップを取っていなかったようで、せっかく詳しく書いていたのに消えてしまっています。

このキャセイパシフィック航空とタイアップしたアメリカンエクスプレスのカード、個人的には気に入っていて、何を買うにもこのカードで支払っているものだから、マイルがどんどん貯まってきています。

私はCITI BANK発行のVISA SIGNATURE CARDも使っていて、これでもマイルを貯めているのですが、香港内だと8香港ドルで1マイル、海外で使用すると4香港ドルで1マイル手に入るという、同じサービス内容となっています。

しかし日本やマイナーな国ではAmerican Expressが使えない場合がある。

そこでCITIが発行しているVISAカードもキープして、どの国のどの都市でも使えるようにしています。

そしてこの話を我が社のクルーが聞きつけた。(笑)

航空会社に勤めるフライトアテンダント達は噂話が大好きです。

私が使っているクレジットカードが良いと知ったこのクルーは、さっそく私にお願いをしてきました。

「あなたが使っているAmexのカードを紹介してくれないかな。」

そこで私がそのクルーをAmexに紹介する事になりました。

私がこのクルーの名前とメールアドレスをAmex側に渡すと、Amex側がメールで「XXさんがこのカードを紹介しています」と教えてくれ、そのメールにリンクされているアドレスから申し込みをすると便利という物。

昨夜それを行ったのですが、なかなかそのクルーの手元にそのメールが届かない。

しびれを切らしたこのクルーは、Amexのサイトへ飛び、そこから申し込みをしたのでした。

ところが私が紹介した事になると、このクルーにはいろんなエクストラマイルがもらえるとわかった。

もちろん私も紹介料としてエクストラマイルがもらえるのですが、申し込みをした本人もエクストラマイルがもらえる。

サイトで直接申し込むより良い。

それを知ったこのクルーは私に電話をしてきて、「リンクから申し込まず、サイトから直接申し込んでしまった。」と嘆く。

メールは今朝届いていたのでした。

そのメールを待てずに勝手にアプライした物だから、もらえるエクストラマイルも少ない。

そこで私がアメリカンエクスプレスのカスタマーサービスへ電話する事になりました。

事情を説明し、このクルーが「私が紹介した人」として扱われたいと伝えると、「すぐに申し込みをした分をキャンセルするので、メールに添付されているリンクを押して、もう一度やり直してください」と言われました。

そこでこのクルーはこのカスタマーサービスの人にすでに送った申し込み情報をキャンセルしてもらい、今朝届いたメールを開いてアクセスしようとしました。

ところがこのクルーのメールアカウントはYahooにあるのですが、そのYahooにアクセス出来ない。

ヤフー側がいろんなセキュリティに関する質問を出してくる。

それに答えられない物だから、「バックアップのメールアドレスは何ですか?」などの質問が出てくる。

そして、「SMSを送りましょうか?」と出てきて、そこに数字が隠されている別の国の携帯電話ナンバーが出てくるので、それにOKしようとして、そのナンバーのSIMカードをiPhoneへ入れ替えると、今度はその携帯電話が電波をキャッチしない。

自分が欲しい物が目の前にあるのに、なかなかそこへたどり着かない物だから、このクルーはだんだんイライラしてきました。(笑)

隣にいる私は、やればやるほど泥沼にはまり込み、なかなかたどり着けないこのクルーの姿を見ていて、気の毒になってきました。

このクルーはこのヤフーのメールサービスを主に使っているものだから、どうしてもこのメールアカウントが使えるようにしなくてはいけない。

いろんなセキュリティに関する質問に答えてはダメの繰り返し。

そしてやっとバックアップのHomailのアドレスが受け入れられると、今度はHotmail側がいろんなセキュリティに関する質問をしてくる。

もうブチ切れそうなこのクルーを見ていて、笑いが止まりませんでした。



これは偶然にもいろんな障害が重なったケースなのですが、こういう事ってよくありませんか?

私も過去に同様の事が何度も起こり、何かやりたいのになかなかたどり着けない事がありました。

私だったらあきらめていたかも。

しかしこのクルーの執念と言うものが勝ったようで、最終的には時間はかかりましたが全てのセキュリティに関する質問をクリアして、やっとメールに添付されていたリンクからアメリカンエクスプレスのカードを申し込む事に成功しました。

申し込みが終えた瞬間のこのクルーの喜びようったら、ありゃしない。(笑)

一種の達成感みたいな物なのでしょうか。



それにしても、ヤフーとホットメール、本当に使いにくい。

私は主にgmailを使っているのですが、ここまでセキュリティに関する質問が多くなかったと記憶しているのですが。

だいたい、「子供の時のニックネームは?」とか、「初めて買った車のナンバープレートは?」とか、そんな質問されても、そうとう昔にメールアカウントをオープンしていたようで、すっかり答えを忘れてしまっている。

サブのメールアドレスも全く使っていない様子。

これじゃ無理だろうと思っていたら、なんとか思い出して、やっとたどり着いたようですが、見ている私はハラハラしていました。



カード会社が求める最低年収は480,000香港ドルなので、それはすでにクリアーしているため、すぐに発行出来そうです。

やっと申し込みが完了したこのクルーは、やっと安心したようで、今から家でシャワーを浴びるらしい。

そりゃ~、イライラ、カリカリしたら、汗もにじみ出てくる事でしょうよ。(笑)



イライラしている人が隣に座っているその場の空気、嫌だわぁ。

見ていた私はやっとリラックス出来るようになりました。(笑)



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード




関連記事
THEME:クレジットカード | GENRE:ファイナンス | TAGS:

ベルルスコーニはイタリアの恥

私はイタリアのベルルスコーニが大嫌い。

この男は、見ただけでもチャンネルを変えたいぐらい嫌。

アクドイ人に思える上、女の尻ばかり追いかけているように見える。

国のトップとしての人間性を疑ってしまう映像がありますので、こちらをご覧ください。

過去にも貼り付けたと思いますが、この映像一つでこの男がどういう男かわかると思います。



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ




イタリアの格安ホテルはこちらから。窓からローマを見渡そう!
   
アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

関連記事
THEME:イタリア | GENRE:海外情報 | TAGS:

初めてVISAのブラックカード「INFINITE」を見た

ブラックカードは文字通り黒色カード

アメリカンエクスプレスがこの言葉を広めたと言われているそうです。

機内では、AMEXやダイナース黒色カードをよく目にします。

最近では、普通のカードの色も黒色だったりします。

学生用のカードの色も黒色だったり。

カードについての知識がある人は、どれが本当のブラックカードという物かわかりますが、色だけみると同じに見える。

しかし、最近VISA界のブラックカードなる「INFINITE」カードを見ました。

以前のブログにも書きましたが、VISAカードにはクラス、またはレベルがあります。

普通のクラッシックカードから、ゴールド、プラチナ、VISA SIGNATURE、そしてVISAカードの最高峰VISA INFINITEという物。

アメックスのセンチュリオンやプラチナムカード、ダイナースクラブの黒色はよく見かけます。

しかしこのVISA INFINITEカードを見た事がありませんでした。

VISA界の最高峰と言っていますが、必ずしも黒色をしているわけではありません。

発行する銀行側のデザインによります。

しかし「INFINITE」と書いてあるので、見た瞬間、これがVISAカードの最高峰のカードだとわかります。

グーグルで検索したら、いろんなデザインが出てきましたが、多くのカードが黒色をしています。

VISA INFINITE

こちらのカードにはダイアモンドが埋め込んであるそうです。

VISA INFINITE 1

これらのカードのように、見ただけでINFINITEとわかるようになっています。

カードを渡されると、私はすぐにわかるのですが、他のクルー達は全く違いがわからない。

わかるのはアメックスとダイナースの黒だけ。

それだけこのINFINITEがマイナーな存在なんでしょうか。

香港の銀行でも、実際に発行している銀行はごくわずか。

私が利用する香港のHSBCは発行していないようですが、シンガポールなど他の国のHSBCは発行しているようです。

どの銀行がこのINFINITEを発行するのかは、どうやって決めているんでしょうね。



同じカードを見て、私は「おぉ!」と思うのに、他のクルー達は知らないようで、普通の扱い。

特にさりげなく出された場合、ただの黒色カードとしか思わないクルーがいるようです。

やっぱり機内で免税品を売るのなら、カードの違いぐらい把握した方がいいんじゃないかなぁ。

いつもそう思っています。



1日1回、「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。


中東(海外生活・情報) ブログランキングへ





アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
関連記事
Recommended
エクスパンシス
プラグイン
無料アクセス解析
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
1位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
Powered By FC2ブログ
ドロップダウン リンク